砲煙弾雨【ほうえんだんう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
砲煙弾雨

「砲烟弾雨」とも書く。

【読み方】
ほうえんだんう

日本漢字能力検定
4級

【意味】
戦闘が激しいさま。

【語源・由来】
「砲煙」は大砲を撃つときに出る煙。「弾雨」は弾丸が雨のように盛んに飛んで来るさま。

【類義語】
・硝煙弾雨(しょうえんだんう)


砲煙弾雨(ほうえんだんう)の使い方

ともこ
健太くんが渡航した後、すぐに渡航先が砲煙弾雨といった状況だと聞いて心配していたのよ。
健太
何とか生きて戻ることができたよ。
ともこ
砲煙弾雨の中をよく生きて戻ることができたわね。
健太
運がよかったんだろうね。

砲煙弾雨(ほうえんだんう)の例文

  1. あの地域は、今、砲煙弾雨で渡航禁止令が出ているそうです。
  2. 砲煙弾雨の中、援軍を呼びに健太くんはひた走りました。
  3. 砲煙弾雨で生き残っている人はいないだろうといわれていたから、あなたが生きて戻ってくることができたことが信じられません。
  4. この町は砲煙弾雨だったので、今でも街のあちこちに銃弾が残り、砲煙弾雨だったことを物語っています。
  5. 生まれ育った故郷が砲煙弾雨となり、着の身着のまま家族を連れて国境を超え隣国に避難しましたが、そこでも迫害という暴力が待っていました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事