豪快奔放【ごうかいほんぽう】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
豪快奔放

【読み方】
ごうかいほんぽう

【意味】
小事にこだわらず、元気盛んに堂々と思うままに振る舞うようす。

「豪快」は、元気盛んで小事にこだわらないようす。堂々として力強く、見ていて気持ちがよいようす。「奔放」は、思うままに振る舞うこと。

【類義語】
・剛毅果断(ごうきかだん)
・広壮豪宕(こうそうごうとう)
・豪胆無比(ごうたんむひ)
・大胆不敵(だいたんふてき)
・大胆奔放(だいたんほんぽう)


豪快奔放(ごうかいほんぽう)の使い方

ともこ
これ、健太くんの夏休みの宿題の工作でしょう?
健太
よくわかったね。
ともこ
豪快奔放な性格が出ているもの。
健太
それは大胆な作風という意味かな?大雑把という意味かな?

豪快奔放(ごうかいほんぽう)の例文

  1. 健太くんは、豪快奔放なので、ご飯もお茶碗ではなく丼で豪快に食べる。
  2. 岸和田だんじりは豪快奔放で、勢い余って建物を壊したり、けが人が出たりするんだ。
  3. 豪快奔放な健太くんらしい飲みっぷりだ。
  4. 健太くんは豪快奔放なので、新人らしからぬ風格がある。
  5. 健太くんの料理は、豪快奔放な性格通りに豪快な海賊料理みたいでした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事