判官贔屓【ほうがんびいき】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
判官贔屓

【読み方】
ほうがんびいき

「はんがんびいき」とも読む。

【意味】
弱い者や負けている者、不運の者たちに同情して、応援したり手助けをしたりすること。

【語源・由来】
「判官」は官職の名前のことで、ここでは源義経のこと。「贔屓」は特に目をかけて可愛がったり手助けをしたりすること。源義経が兄の源頼朝に嫉妬されて滅ぼされたことに対して人々が同情を寄せたことから。

【スポンサーリンク】

判官贔屓(ほうがんびいき)の使い方

健太
ともこちゃん。この本の主人公は、二人の男の子から告白されているけど、どちらを選ぶと思う?
ともこ
こっちの不遇なメガネ君のほうかな。イケメン君は、裕福な家庭の子だし、頭脳明晰、主人公に選ばれなくても幸せな人生を歩むわ。
健太
ええっ。僕は断然イケメン君だけどな。ともこちゃんは、判官贔屓だね。
ともこ
そうよ。でも作者は、どちらも選ばないという最悪な結末を選ぶかもしれないわよね。

判官贔屓(ほうがんびいき)の例文

  1. この本は、判官贔屓の読者の心を掴んで大ベストセラーとなりました。
  2. 下町育ちの健太くんは、判官贔屓を絵に描いたような江戸っ子なんです。
  3. 歴史が好きな女の子たちが愛する歴史上の人物は、大成した者より志高くも不遇の生涯であった者が多く、判官贔屓の傾向が見られます。
  4. その選手は、実力は認められながらも惜敗続きであったので、判官贔屓人気を博しました。
  5. 赤穂浪士への判官贔屓は根強く、吉良上野介は嫌われがちです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事