真相究明【しんそうきゅうめい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
真相究明

【読み方】
しんそうきゅうめい

【意味】
事件などの分かっていない事実を追い求め、明らかにすること。

【語源・由来】
「真相」は明らかになっていない事実。「究明」は真理や真実を追い求めて、明らかにすること。


真相究明(しんそうきゅうめい)の使い方

健太
ともこちゃん。大変なんだよ。
ともこ
健太くん。そんなに慌ててどうしたの?
健太
文化祭で使う劇の衣装が、全部切り裂かれていたんだ。これは事件だよ!
ともこ
それは大変。名探偵ともこの名にかけて、誰が何の目的で衣装を切り裂いたのか、その真相究明をしなくてはいけないわ!

真相究明(しんそうきゅうめい)の例文

  1. 真相究明のために、まずは健太くんに尋問することにしました。
  2. 真相究明されると困る人が上層部にいるようで、真相究明に対する圧力が続いていて、真相究明が進みません。
  3. この事件で被害者となった弟のためにも、この事件は僕の手で真相究明する。
  4. そのドラマは、女性手品師と科学者が協力して、事件の真相究明をするという内容なのです。
  5. 事件の初動捜査が遅れ、犯人に痕跡を消されてしまったので真相究明が進んでいません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事