曼理皓歯【まんりこうし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
曼理皓歯

【読み方】
まんりこうし

日本漢字能力検定
1級

【意味】
美人のこと。

【語源・由来】
「曼理」はきめの細かい肌。「皓歯」は白い歯。

【類義語】
・明眸皓歯(めいぼうこうし)
・朱脣皓歯(しゅしんこうし)


曼理皓歯(まんりこうし)の使い方

健太
ともこちゃんのお姉ちゃんは曼理皓歯だよね。あんな曼理皓歯な人がおかえりなさいって言ってくれたら幸せだろうな。
ともこ
そうね。きれいってよく言われるわね。
健太
ともこちゃんも大きくなったら、お姉ちゃんのように曼理皓歯になるのかな?
ともこ
いやいや、今でも曼理皓歯でしょう?

曼理皓歯(まんりこうし)の例文

  1. ともこちゃんは曼理皓歯なので、男子生徒の憧れの人なんです。
  2. 健太くんのお姉さんは曼理皓歯だから、女優として芸能界デビューをすることが決まっているそうです。
  3. 曼理皓歯である彼女に一目惚れしない人なんて、この世にいないでしょう。
  4. ともこちゃんは楊貴妃の再来かと思うほど曼理皓歯なので、もしかしたら、ひょっとするとこの国を亡ぼす存在になるかもしれません。
  5. 曼理皓歯なともこちゃんは、すっぴんでも相当かわいいんです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事