同袍同沢【どうほうとうたく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
同袍同沢

【読み方】
どうほうどうたく

日本漢字能力検定
1級

【意味】
苦労をともにする親密な友。また、戦友のこと。

【語源・由来】
『詩経』「秦風・無衣」より。衣服をともにするという意味から。「袍」はわた入れ。「沢」は肌着。一夜のわた入れや肌着を貸したりして助け合うこと。


同袍同沢(どうほうとうたく)の使い方

ともこ
健太くんたちは、いつも一緒にいて仲がいいわよね。
健太
同じ女の子を好きになって、その子の彼氏の座を奪い合って一緒に振られた同袍同沢だからね。
ともこ
みんな振られてしまったの?
健太
そうなんだ。ほろ苦い思い出だけど、今思い返せばいい思い出だよ。

同袍同沢(どうほうとうたく)の例文

  1. 健太くんは、空手部で同じ釜の飯を食べた同袍同沢なのです。
  2. 苦楽を共にした同袍同沢なので、今でも健太くんは僕の中で特別な存在なのです。
  3. ともこちゃんは健太くんの恋人じゃなくて同袍同沢、戦友なんだよ。
  4. 健太くんは、かつて同じサッカーチームで切磋琢磨した同袍同沢、心の友です。
  5. 彼が健太くんと同じ学校出身でしかも空手部ならば、健太くんと同袍同沢である可能性が高いなあ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事