鳳友鸞交【ほうゆうらんこう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
鳳友鸞交

【読み方】
ほうゆうらんこう

日本漢字能力検定
1級

【意味】
男女間の情事、交接のたとえ。

【語源・由来】
『長生殿』「絮閣」より。「鳳」は鳳凰。想像上の霊長。「鸞」は鳳凰に似た想像上の霊長。いずれも美しい鳥でその交わりを男女の情事にたとえたもの。

【類義語】
・鳳友鸞諧(ほうゆうらんかい)


鳳友鸞交(ほうゆうらんこう)の使い方

ともこ
健太くんのお兄さんが、女性と腕を組みながら歩いているわよ。
健太
本当だ。仲がいいよね。
ともこ
あの女生とは鳳友鸞交の関係なの?
健太
そうなんだよ。もうすぐ結婚するんだって。あの二人にとって、今が一番幸せな時なんだろうね。

鳳友鸞交(ほうゆうらんこう)の例文

  1. 健太くんはともこちゃんと鳳友鸞交の関係になりたいと思っています。
  2. あんなきれいな女優さんと鳳友鸞交して、結婚することができたら、さぞかし幸せだろうな。
  3. かわいい子と鳳友鸞交したいのなら、健太くんは自分をもっと磨くべきです。
  4. 昨日参加したコンパで出会った女性と鳳友鸞交の関係になりました。
  5. ともこちゃんと鳳友鸞交といった深い関係になるにはどうすればいいのかな。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事