「四字熟語」のLINEスタンプ発売中♪

鵬程万里【ほうていばんり】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

鵬程万里

鵬程万里の意味(語源由来・出典・類義語)

意味

【四字熟語】
鵬程万里

【読み方】
ほうていばんり

【意味】
はるか遠くへだたった旅路・道程のたとえ。また、限りなく広がる大海の形容。前途が洋々たることの形容に用いられることもある。

四字熟語の博士
「鵬程万里」という四字熟語は、大きな鳥である鵬が飛ぶような長い距離を比喩として用いて、前途が広大で長いこと、あるいは大きな事業が前に控えていることを表すんだよ。
助手ねこ
それってつまり、「ものすごく長い道のりやな。前に進む道が広々として、めっちゃ遠い」ってことやな。
大きな目標や仕事が控えてるときに使うんやな。
これは、「大きな目標に向けての長い旅」を表してる言葉なんやで。

【語源・由来】
「鵬」は想像上の巨大な鳥。おおとり。背中の大きさは何千里あるかわからず、つむじ風を起こして九万里の上空に飛び上がるという。「程」は道程の意。「万里鵬程」ともいう。

【典拠・出典】
荘子』「逍遥遊」

【類義語】
前程万里(ぜんていばんり)
万里鵬程(ばんりほうてい)
・鵬霄万里(ほうしょうばんり)

鵬程万里(ほうていばんり)の解説

カンタン!解説
解説

「鵬程万里」っていうのは、すごーく遠くまで行く旅のことを比喩的に表す言葉なんだよ。「鵬」っていうのは、想像上の超巨大な鳥のこと。その大きさは何千キロもあるんだってさ。そして、その鳥がつむじ風を起こして、90,000キロもの高さまで飛んでいくんだって。そんなに高く飛べるなんてすごいよね!

そして、「程」は旅の途中、つまり道のりを意味していて、「万里」はすごーく長い距離を意味するんだ。「鵬程万里」は、その巨大な鳥のように遥か遠くまで旅をすること、あるいは前途が広大であることを表しているんだよ。

つまり、「鵬程万里」とは、とても長い道のりや、未来が広大であることを表していて、目の前に広がる大きな可能性やチャンスについて話すときに使うんだ。

この言葉の出典は、『荘子そうじ』という古代中国の哲学書にある「逍遥遊しょうようゆう」っていう章から来てるんだよ。それは、人間の生き方や自由、そして自然との関係について考える哲学的な話なんだよ。

ちなみに、「鵬程万里」は、「万里鵬程ばんりほうてい」って言うこともあるよ。でも、どっちも同じ意味だから、好きな方を使っていいよ。

鵬程万里(ほうていばんり)の使い方

健太
ともこちゃんの将来は、鵬程万里だよね。優秀だし、かわいいし。
ともこ
そうだといいんだけど。まだまだ分からないことがいっぱいあるから、たくさん学んで世界に羽ばたきたいわ。
健太
その意気ごみからして僕と違うよね。僕は、教科書を開くと眠くなってしまうから。
ともこ
あら。眠れない夜にはちょうどいいわね。

鵬程万里(ほうていばんり)の例文

例文
  1. おじいちゃんが若いころは、海外に行くとなると、鵬程万里だったけれども、今は近くなりました。
  2. 日本各地が新幹線でつながり、鵬程万里だった地域も身近になりました。
  3. 実家が鵬程万里で、電車を乗り継いで帰るのが大変です。
  4. 優秀な彼女の未来は明るく、鵬程万里です。
  5. 希望の大学に受かり、このままがんばれば、夢を掴み、鵬程万里でしょう。

【2023年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索