不刊之書【ふかんのしょ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
不刊之書

【読み方】
ふかんのしょ

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
永久に滅びることなく伝わる書物。不朽の名著。

【語源・由来】
揚雄の「答劉歆書」より。「刊」はけずるという意味。昔は文字を木簡や竹簡に書き、誤りなどは刀で削ったことから、「不刊」は滅びないという意味になった。

【類義語】
・不朽之書(ふきゅうのしょ)
・不刊之典(ふかんのてん)
・不刊之論(ふかんのろん)


不刊之書(ふかんのしょ)の使い方

健太
聖書って今のところ最強のロングセラー本なんだよね。
ともこ
今のところそうだけど、今後、その記録を抜くことができる本はないでしょうね。
健太
まさに不刊之書だね。
ともこ
永久不滅ね。

不刊之書(ふかんのしょ)の例文

  1. 詩経は中国最古の詩編で、長く語り継がれ今も残る不刊之書です。
  2. はやりのベストセラーの本を読むのではなく、ロングセラーの三世代以上の時を経た不刊之書を読むといですよ。
  3. 「孫子」に書かれている兵法は、現代ビジネスに通用することが多々あり、まさに不刊之書といえるでしょう。
  4. ザ・ゴールは、日本人が読んだら貿易摩擦が再燃し、世界は混乱に陥ると懸念された名著ですが、不刊之書となるんじゃないでしょうか。
  5. 「君主論」はリーダーの必読本で、不刊之書でありおすすめです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事