夫里之布【ふりのふ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
夫里之布

【読み方】
ふりのふ

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
中国古代の税法の一。夫布と里布のこと。

【語源・由来】
『孟子』「公孫丑・上」より。「布」は銭のことをいう。夫布は職業のない者に課す税。「里」は居宅に桑麻を植えない者に課す税のこと。


夫里之布(ふりのふ)の使い方

健太
消費税が上がるんだよね。おこづかいは変わらないんだからつらくなるなあ。
ともこ
昔の中国には夫里之布という税金があったんですって。桑や麻を植えない人には税を課したんですって。
健太
消費税よりいいじゃないか。税を免れるなら、百本でも千本でも植えるよ。
ともこ
安易に消費税を課すんじゃなくて、税金の無駄遣いをなくして納得がいく税制にしてほしいわよね。

夫里之布(ふりのふ)の例文

  1. 現代の日本に夫里之布があったら、ニートの若者はいなくなるだろうな。
  2. 夫里之布を課すようにしたら、緑化につながり、亜熱帯化した日本の夏を少しはましにできるかしら。
  3. わしの大事な庭じゃ、わしの好きなものを植えたい、夫里之布なんてまかりならん。
  4. 夫里之布の税金を払うくらいなら、しっかり働いて所得税を治めます。
  5. 夫里之布のように、なんでもかんでも課税して、税金を搾取しようとしないでほしい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事