鳧趨雀躍【ふすうじゃくやく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
鳧趨雀躍

【読み方】
ふすうじゃくやく

日本漢字能力検定
1級

【意味】
大いに喜んで小躍りすること。

【語源・由来】
盧照鄰「窮魚賦」より。「鳧趨」は鳥のかもが小走りに走ることで、かもは体を左右に揺らしながら小走りするということから、小躍りする様子のたとえ。「雀躍」は鳥の雀が踊ること。

【類義語】
・欣喜雀躍(きんきじゃくやく)
・手舞足踏(しゅぶそくとう)


鳧趨雀躍(ふすうじゃくやく)の使い方

健太
ともこちゃん。見て見て。テストで50点をとったんだよ。
ともこ
いつも健太くんは0点ばかりだもんね。鳧趨雀躍したくなるわよね。でも50点で鳧趨雀躍してたら、100点をとった時どうするんでしょうね?
健太
逆立ちして校庭を一周してしまうかも?
ともこ
まあ、心配しなくても100点なんてあり得ないわよね。

鳧趨雀躍(ふすうじゃくやく)の例文

  1. 大好きだった子に告白されて、鳧趨雀躍しそうになったが、クールを装いました。
  2. 志望校に合格することが出来たので、鳧趨雀躍しました。
  3. お祭りのくじ引きで一等賞が出たので鳧趨雀躍しました。
  4. 念願の自分のお店を持つことが出来て鳧趨雀躍しました。
  5. 運動会で僕たち赤組が勝利したので、みんなで鳧趨雀躍しました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事