負薪之憂【ふしんのうれい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
負薪之憂

【読み方】
ふしんのうれい

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
自分の病気の称。

【語源・由来】
『礼記』「曲礼・下」より。「負薪」は薪を背負うこと。「憂」は病気という意味。薪を背負った疲れで病気になること。また、病気で薪を背負えなくなること。

【類義語】
・采薪之憂(さいしんのうれい)
・負薪之病(ふしんのへい)


負薪之憂(ふしんのうれい)の使い方

ともこ
健太くん。明日の文化祭に一緒に行きましょうよ。
健太
負薪之憂のために、明日は行けないんだ。
ともこ
大丈夫なの?
健太
うん。恋の病で死にそうにつらいんだよ。

負薪之憂(ふしんのうれい)の例文

  1. 負薪之憂のために残念ながらともこちゃんの結婚式に参加することはできません。
  2. 私の負薪之憂のせいでご心配とご迷惑をおかけして申し訳ございません。
  3. 健太くんなら、負薪之憂のために欠席するって連絡が入っていましたよ。
  4. 負薪之憂のために、ドクターストップがかかっていることもあり、お祭りでおみこしを担ぐことはできません。
  5. 今日は負薪之憂のために足を運ぶことはできませんでしたが、来週には行けたらいいなと思っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事