負薪之病【ふしんのへい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
負薪之病

【読み方】
ふしんのへい

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
自分の病気の称。

【語源・由来】
『礼記』「曲礼・下」より。「負薪」は薪を背負うこと。「憂」は病気のこと。薪を背負った疲れで病気になること。また、病気で薪を背負えなくなること。

【類義語】
・採薪之憂(さいしんのうれい)


負薪之病(ふしんのへい)の使い方

ともこ
健太くん。明日の同窓会には参加するの?
健太
僕は負薪之病のために参加できないけれども、ともこちゃんは楽しんできてよ。
ともこ
みんな心配するわよ。
健太
僕なんかの負薪之病のためにみんなの心を煩わせるのは申し訳ないから、多忙だってことにしておいてよ。

負薪之病(ふしんのへい)の例文

  1. 負薪之病のために結婚式に参列することがかないません。
  2. 僕の負薪之病に効果がある薬を持ってきてくれるなんて、ありがたいけれども申し訳ないなあ。
  3. 今回は負薪之病のせいで顔を出すことはできないけれども、次回は必ず行くからまた連絡をください。
  4. 負薪之病のために参加できなかった僕のことを思って、その日配られたお菓子を持ってきてくれました。
  5. 昨日のうちに健太くんから、負薪之病のために参加できないという文面のメールをもらっていますよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事