桃花癸水【とうかきすい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
桃花癸水

【読み方】
とうかきすい

日本漢字能力検定
1級

【意味】
女性の月経をいう。つきのもの。つきのさわり。

【語源・由来】
『粧楼記』より。「癸」は、みずのと。水に属し、「癸水」は女性の月経という意味。「桃花」は女性を象徴させた雅語。


桃花癸水(とうかきすい)の使い方

健太
ともこちゃん。とても体調が悪そうだけれども大丈夫なの?
ともこ
桃花癸水のせいでおなかが痛いの。
健太
それは大変だね。男の僕には理解できないことだよ。
ともこ
男性も桃花癸水に苦しめばいいのに。

桃花癸水(とうかきすい)の例文

  1. 修学旅行と桃花癸水がぶつかると、気分は最高にブルーになるのでコントロールできればいいなと思います。
  2. 桃花癸水が近づくと、月経前症候群になるともこちゃんは、とても機嫌が悪く近づきたくありません。
  3. 大昔、桃花癸水は病気と考えられ、血を抜くことをすすめた医師がいました。
  4. 昔はナプキンという便利なものがなかったので、桃花癸水の際は、和紙や綿花を詰めていたとも言われています。
  5. 女性は、常日頃から体をあたためることに注意しないと桃花癸水の時に、つらい思いをすることになります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事