鳥尽弓蔵【ちょうじんきゅうぞう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
鳥尽弓蔵

【読み方】
ちょうじんきゅうぞう

【意味】
重要な地位を任されていた人も、目的が果たされた後には捨てられるということのたとえ。「鳥尽きて弓蔵めらる」とも読む。

【語源・由来】
「史記」越世家「史記」淮陰侯伝より。全ての鳥を捕り尽くして鳥がいなくなれば、弓はしまわれるという意味から。古代中国の漢の劉邦の家臣だった韓信の故事と、春秋時代の越の勾践の家臣だった范蠡の故事から。

【類義語】
・狡兎良狗(こうとりょうく)
・得魚忘筌(とくぎょぼうせん)
・兎死狗烹(としくほう)
・忘恩負義(ぼうおんふぎ)


鳥尽弓蔵(ちょうじんきゅうぞう)の使い方

ともこ
今度の生徒会長の選挙には、健太くんの力がどうしても必要なの。手伝ってくれる?
健太
いいけど、きっと鳥尽弓蔵というように、選挙が終わったら、執行部にはいらない人間だっていって切り捨てられるんだろうね。
ともこ
ぎくっ。そ、そんなことないわよ。重要なポストを用意しておくわ。
健太
本当かなあ?まあいいけど。

鳥尽弓蔵(ちょうじんきゅうぞう)の例文

  1. 我々短期雇用者は、鳥尽弓蔵、プロジェクトが終われば解散、どんなに努力しても社員への道はない。
  2. 教授の研究に尽力したのに、鳥尽弓蔵されるなんて。
  3. 鳥尽弓蔵というように、切り捨てられる日が自分の身に起ころうとは。
  4. 僕の力を借りるだけ借りて、鳥尽弓蔵、もう不要だなんてひどい。
  5. 鳥尽弓蔵というように、相手の都合で首を切られるのは嫌だったので、会社を作りました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事