放蕩不羈【ほうとうふき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
放蕩不羈

【読み方】
ほうとうふき

日本漢字能力検定
1級

【意味】
何事にも束縛されず、自由気ままにに振る舞うこと。

【語源・由来】
「晋書」王長文伝より。

【類義語】
・淫虐暴戻(いんぎゃくぼうれい)
・放蕩三昧(ほうとうざんまい)
・放蕩無頼(ほうとうぶらい)
・流連荒亡(りゅうれんこうぼう)


放蕩不羈(ほうとうふき)の使い方

ともこ
健太くんは、学年が上がっても放蕩不羈ねえ。
健太
僕は、僕らしく生きていきたいと思っているからね。
ともこ
その自由さがうらやましい時もあるわ。でも、先輩になったんだから、それなりに威厳が必要なんじゃないの?
健太
先輩になろうが後輩であろうが、僕は変わらないよ。

放蕩不羈(ほうとうふき)の例文

  1. 世の中の縛りから逃れ、放蕩不羈に生きていきたい。
  2. 長女として長女らしくしっかりとしなくてはと思っていたので、妹たちの放蕩不羈がうらやましい。
  3. この旧家に生まれた自分を呪いたくなるほど自由が無いので、放蕩不羈な人に憧れます。
  4. 放蕩不羈な祖父は、あまり家に帰ってきません。
  5. 放蕩不羈な君には人の上に立つことはできないでしょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事