草間求活【そうかんきゅうかつ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】
草間求活

【読み方】
そうかんきゅうかつ

「草間に活を求む」と訓読。

【意味】
やむを得ず、田舎で生き延びること。

【語源・由来】
「草間」はくさむらのなか。草野の間。転じて、片田舎、僻地。

【典拠・出典】
晋書』「周顗伝」


草間求活(そうかんきゅうかつ)の使い方

健太
平家の一族が、京の都を追われて、この辺りに住んでいたんだって。
ともこ
平家と関わり合いが深かった人たちは、彼らの草間求活を思うと胸が痛んだでしょうね。
健太
命があっただけでもいいじゃないか。
ともこ
そうね。生きていれば何とかなるものよね。

草間求活(そうかんきゅうかつ)の例文

  1. この棚田は、草間求活した武士が作ったものです。
  2. 帝の座を追われ、草間求活した先帝のことを思うと涙が出てくる。
  3. 草間求活の生活をしている健太くんは、華やかだったころを思い出し切なくなった。
  4. 夜逃げした健太くんは、草間求活しているようだ。
  5. 草間求活しているが、周りから思われるほどこの境遇をかわいそうだとは思わない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索