百様玲瓏【ひゃくようれいろう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
百様玲瓏

【読み方】
ひゃくようれいろう

日本漢字能力検定
1級

【意味】
様々の美しさ。

【語源・由来】
「百様」はさまざまな。「玲瓏」は玉の鳴る音の形容。転じて、玉のように美しいさま。


百様玲瓏(ひゃくようれいろう)の使い方

健太
ともこちゃんのクラスは、とても顔面レベルが高いよね。
ともこ
ええっ。そうかしら。
健太
きりっとした美人もいれば、アイドルみたいなかわいい子もいたりして、百様玲瓏の女子生徒が大勢いてうらやましい限りだよ。
ともこ
健太くんも頭の偏差値が高ければ、このクラスに入ることができたのに残念だったわね。

百様玲瓏(ひゃくようれいろう)の例文

  1. 広大な花畑には多種多様で百様玲瓏の花が咲きほこっています。
  2. ショーケースの中には宝石のようなケーキが並び、百様玲瓏のケーキを前にどれにしようか迷ってしまいました。
  3. クラスのみんなが描いた百様玲瓏の絵は、どれもきれいに描けていました。
  4. 今日のコンクールの出場者は、百様玲瓏の演奏で甲乙つけがたいですよね。
  5. モーターショーには百様玲瓏の車が並んでいて、車好きの僕にとっては夢の空間にいるようだったんです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事