鳥語花香【ちょうごかこう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
鳥語花香

【読み方】
ちょうごかこう

【意味】
のどかな春の景色のこと。

【語源・由来】
呂本中「庵居」より。鳥のさえずりと花の香りという意味から。

【類義語】
・桃紅柳緑(とうこうりゅうりょく)
・柳暗花明(りゅうあんかめい)


鳥語花香(ちょうごかこう)の使い方

ともこ
健太くん。ハイキングに来てよかったわね。鳥語花香よ。
健太
本当だね。ポカポカしているし眠くなってきたよ。
ともこ
動物たちは、長い冬眠から覚めて元気に活動しているというのに、寝てたらもったいないわよ。
健太
あそこの猫も気持ちよさそうに寝ているよ。春眠暁を覚えず、少しおやすみなさーい。

鳥語花香(ちょうごかこう)の例文

  1. 風が花の香りを運んできた、鳥語花香、春はもうそこまで来ています。
  2. 極寒の冬が終わり、ようやく鳥語花香のいい季節がやってきました。
  3. 鳥語花香、あまりにのどかで、蝶々と一緒に踊りたくなってきました。
  4. 花は香り、鳥は生命の歌をさえずり、鳥語花香、一年で一番大好きな季節です。
  5. とうとう桜が咲いた、日本人なら誰もが待っていた季節、もう頭の中まで春風吹いて鳥語花香、早く花見に行きたいよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事