覆雨翻雲【ふくうほんうん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
覆雨翻雲

「覆雨飜雲」とも書く。

【読み方】
ふくうほんうん

日本漢字能力検定
3級

【意味】
世の人の態度や人情がうつろいやすいことのたとえ。

【語源・由来】
手のひらを上に向けると雲になり、下に向けると雨になるという意味で、人の心が簡単に変わることをいう。
「手を翻せば雲と作り手を覆せば雨」の略。

【類義語】
・翻雲覆雨(ほんうんふくう)
・雲翻雨覆(うんぽんうふく)


覆雨翻雲(ふくうほんうん)の使い方

健太
信頼していたのに敵になるなんて思わなかったよ。
ともこ
覆雨翻雲とも、昨日の友は今日の敵ともいうからね。
健太
あんまり人に頼りすぎてはいけないね。
ともこ
そうね。基本的に自分の力で何でも成し遂げるべきよね。

覆雨翻雲(ふくうほんうん)の例文

  1. さっきまで大泣きしていたのに、覆雨翻雲、今泣いたカラスがもう笑った。
  2. 覆雨翻雲というように、どんな一言が原因で相手の機嫌が豹変するかわからない。
  3. あんなにともこちゃんを愛していた健太くんが、覆雨翻雲、心変わりするなんてね。
  4. 人の心は覆雨翻雲だから、他人の力をあてにしてはいけません。
  5. ともこちゃんも人間なんだから、彼女の心が覆雨翻雲であってもしょうがない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事