眉目清秀【びもくせいしゅう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
眉目清秀

【読み方】
びもくせいしゅう

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
顔かたちが美しく整っていること。

【語源・由来】
「眉目」はまゆと目。転じて容貌のこと。「清秀」は優れて、美しいこと。

【類義語】
・眉目秀麗(びもくしゅうれい)
・容姿端麗(ようしたんれい)


眉目清秀(びもくせいしゅう)の使い方

ともこ
健太くんのお兄さんはいつ見ても眉目清秀よね。
健太
そうだね。弟から見ても眉目清秀だと思うよ。
ともこ
きっと寝起きで頭がぼさぼさでも眉目清秀なんでしょうね。
健太
そうだね。たまに寝起きの写真を隠し撮りしてファンの子たちに売りさばきたいという誘惑にかられるくらいに眉目清秀だよ。

眉目清秀(びもくせいしゅう)の例文

  1. 眉目清秀な健太くんは、スカウトマンの名刺を百枚ほど持っています。
  2. 彼の眉目清秀っぷりは、はるか遠く東京にまで轟いていたようです。
  3. あのカフェは、窓際の席には眉目清秀な人しか座らせないっていう話ですよ。
  4. 健太くんは眉目清秀だから、街を歩いていると、すれ違う女性がみんな振り返って彼を見るんです。
  5. 眉目清秀な健太くんは、バレンタインデーの次の日は、たくさんもらったチョコレートを食べすぎて必ず休みます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事