允文允武【いんぶんいんぶ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
允文允武

【読み方】
いんぶんいんぶ

【意味】
学問と武芸のどちらもすぐれていること。「允に文、允に武」とも読む。

日本漢字能力検定
準1級

【語源・由来】
「詩経」魯頌より。元は、学問と武芸のどちらにもすぐれている天子の徳を称えた言葉から。

【類義語】
・経文緯武(けいぶんいぶ)
・左文右武(さぶんゆうぶ)
・文事武備(ぶんじぶび)
・文武両道(ぶんぶりょうどう)


允文允武(いんぶんいんぶ)の使い方

健太
ともこちゃんは、どこの大学を目指しているの?
ともこ
允文允武で有名なあの大学よ。
健太
へえ。ともこちゃんなら合格できるだろうなあ。
ともこ
健太くんも空手だけじゃなく勉強も頑張って、允文允武を目指したらどうかしら。

允文允武(いんぶんいんぶ)の例文

  1. この学校は、允文允武を目指しているので、部活動が盛んです。
  2. 健太くんのお兄さんは、空手で県大会優勝、学校の成績は校内ナンバー1の允文允武です。
  3. 彼は、允文允武ではなくて身体が弱いけれども、コンピューターのような頭脳を持っています。
  4. 健康な体が健全な精神を生むと考えているので、允文允武であることが大切だと思います。
  5. 允文允武、部活も勉強も一切手を抜きませんでした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事