麦秀之歌【ばくしゅうのうた】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
麦秀之歌

【読み方】
ばくしゅうのうた

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
故国の滅亡を嘆くこと。

【語源・由来】
『史記』「宗微子世家」より。殷の王族であった箕子が殷王朝の滅亡後、殷の故都を過ぎその廃墟に麦が伸びているのを見て悲しみを作った歌。「麦秀」は麦が伸びること。

【類義語】
・麦秀之嘆(ばくしゅうのたん)


麦秀之歌(ばくしゅうのうた)の使い方

ともこ
おじいちゃんに戦争の時の話を聞いたの。
健太
なんて言っていたの?
ともこ
玉音放送を聞いたとき、音が不明瞭だったからよくわからなかったけれども、敗戦したことはわかって麦秀之歌に泣き崩れたって言っていたわ。
健太
GHQに占領されて、この国はどうなるんだろうって不安だったろうね。

麦秀之歌(ばくしゅうのうた)の例文

  1. 崩れ去った街を見て麦秀之歌に涙が止まりませんでした。
  2. 麦秀之歌に暮れている場合じゃない、すぐに弔い合戦だ。
  3. 私がここに残っていれば滅亡することはなかっただろうにと、麦秀之歌に狂わんばかりでした。
  4. 麦秀之歌で悲しみでいっぱいでしたが、この国を必ず復活させると決意しました。
  5. 新型の爆弾兵器を使用され、跡形もなくなった故郷を見て麦秀之歌に立ち尽くしました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事