一別以来【いちべついらい】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】
一別以来

【読み方】
いちべついらい

日本漢字能力検定
5級

【意味】
最後に会ってからこのかた。この前別れてから今まで。

【語源由来】
「一別」は前に一度別れることから。

【類義語】
・一別来(いちべつらい)

【英語訳】
since one last met

meetは「会う」という意味の動詞。
英文例
彼と一別以来30年が過ぎた。Thirty years has past since I met him.

一別以来(いちべついらい)の使い方

ともこ
ねぇ聞いて聞いて、このあいだすごく懐かしい子にあったの
健太
だれ?
ともこ
幼稚園のころに引っ越して、一別以来5年ぶりにまた戻ってきた子なの
健太
へえ、じゃあまた一緒にあそべるね

一別以来(いちべついらい)の例文

  1. 彼とは一別以来、ずいぶんと長い間会っていない。
  2. 一別以来、何十年もたった、かつての親友と再開できて本当に嬉しかった。
  3. 大学時代の恩師とは一別以来、かなりお会いしていなかったが、退官パーティでお会いすることができた。
  4. 幼馴染の彼女とは、小学校卒業後の一別以来、ずいぶん会っていなかったが、久しぶりに会ったらすごくきれいになっていた。
  5. 高校時代の親友とは一別以来、ずっと会っていないが、手紙のやりとりはしている。

まとめ

「一別」は前に一度別れることから、一別以来(いちべついらい)は、最後に会ってからこのかたを意味する言葉となりました。年齢を重ねると、昔の友人とは年賀状だけの付き合いになり、一別以来(いちべついらい)何十年も会っていない、ということもよくあります。特に学校を卒業して社会人になると、日々の仕事に忙殺されて、気がつけば一年があっという間に過ぎていた、というのも珍しくありません。そうなると、一別以来(いちべついらい)ご無沙汰をしている人がどんどん増えていってしまいます。最近はインターネットメールやスマホだとラインなどで手軽に意思疎通ができますが、実際に会って話をすることができない人は増えていきます。皆様も、一別以来(いちべついらい)久しくお会いしていない方に思いをはせて、久しぶりに連絡をとってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事