一虚一実【いっきょいちじつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
一虚一実

【読み方】
いっきょいちじつ

日本漢字能力検定
3級

【意味】
常に変化して一定の形を保つことなく測りがたいことのたとえ。

【語源由来】
虚になったかと思うとすぐに実になるという意から。

【類義語】
・一虚一盈(いっきょいちえい)
・一虚一満(いっきょいちまん)


一虚一実(いっきょいちじつ)の使い方

ともこ
季節の変わり目は一虚一実ね。急に冷え込んだり急に暖かくなったり、予想できないわよね。
健太
本当だね。今日は、朝は寒かったから長袖を着てきたのに、汗ばむくらいだよ。
ともこ
一日の内でも気温の変化が激しいわよね。しばらくは羽織るものを持ち歩いたほうが良いわよ。
健太
そうだね。明日は調整できるようにカーディガンを着てこよう。

一虚一実(いっきょいちじつ)の例文

  1. ともこちゃんは気分屋なので、一虚一実で予測できません。
  2. この辺は、漁師でも潮の流れを読むのが難しい、一虚一実の海です。
  3. 山の上の天気は、一虚一実なので決して軽装備で来ないでください。
  4. いろんな思惑が交錯して、一虚一実なので、どんな状況になっても対応できるようにしておいてください。
  5. 女ごころは秋の空、一虚一実の彼女の心の内を予想するのは、微分積分の問題より難しい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事