一蓮托生【いちれんたくしょう】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】
一蓮托生

【読み方】
いちれんたくしょう

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
①結果の善し悪しに関わらず、最後まで行動や運命をともにすること。また、事の善悪にかかわらず仲間として行動や運命をともにすること。
②よい行いをした者は死後に生まれ変わって極楽浄土で同じ蓮華の上に生まれ変わること。(仏典にはなく、日本の浄土信仰から生まれた考え)

語源由来】
仏教語・仏教用語における「一蓮托生」とは、浄土で同じ蓮の上に生まれることを言い表した言葉です。
「托」は、よりどころとする、身をよせる意味で「託」とも書きます。「托生」とは仏教語で身を寄せて生きることという意味です。
仏教では、浄土の仏は神聖な蓮の花の座にいるとされており、仏像も蓮の花を台座として安置されます。

【類義語】
同腹一心(どうふくいっしん)
連帯責任(れんたいせきにん)

【英語訳】
Sharing one’s lot with another
To sail in the same boat
To join forces with somebody and act together
Share the same fate

例文 死ぬも生きるも一蓮托生だ。
Live or die, we are prepared to share the same fate.

一蓮托生(いちれんたくしょう)の使い方

ともこ
それにしても田中君と本当に仲が良いよね!
どうしてそんなに仲が良いの?
健太
実は小さな頃からお互いいたずら好きで、昔から先生や近所のおじさんに
一緒に怒られて育ってきたんだ。
健太
この間も2人でいたずらして遊んでたら、先生に怒られちゃった!
もう、田中君とは一蓮托生の間柄なんだよ。
ともこ
仲が良いのはわかるけど、でも、いたずらもほどほどにしないとね!

一蓮托生(いちれんたくしょう)の例文

  1. 死ぬも生きるも全員一蓮托生だろう。
  2. ここまで来たら一蓮托生だ。滅びる覚悟だ。
  3. 音楽業界は長年放送局と一蓮托生の関係にあったといえよう。
  4. 夫婦というのは一蓮托生の間柄ではないのだろうか。
  5. 企業とサラリーマンは一蓮托生なのだろうか。本当にそうなのだろうか。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事