一字千金【いちじせんきん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
一字千金

【読み方】
いちじせんきん

日本漢字能力検定
5級

【意味】
筆跡や詩文の表現を尊重していう語。一字で千金もの価値がある意。

【語源・由来】
「史記」呂不韋伝より。秦の呂不韋が、『呂氏春秋』を著したとき、都の咸陽の門にこれとともに千金を掛け、一字でも書き直すことができた者には千金を与えようといったことから。

【類義語】
・一言千金(いちげんせんきん)
・一字百金(いちじひゃっきん)
・一字連城(いちじれんじょう)


一字千金(いちじせんきん)の使い方

健太
ともこちゃん。この字を見てよ。
ともこ
ああ。さっき、ここであの女性が揮毫した作品よ。すごーく太い筆で書いていたわ。
健太
一字千金だね。
ともこ
そうね。「笑」って書いてあるけど、本当に笑っているようにみえるわよね。すごい表現力だわ。

一字千金(いちじせんきん)の例文

  1. ともこちゃんのおばあちゃんは、賞状書士の資格を持っていて、一字千金です。
  2. ともこちゃんは、デパートで筆耕をしているくらいに一字千金です。
  3. 彼女の書く字は海外でも人気があり、一字千金です。
  4. 健太くんの字は、一字千金、とても美しい。
  5. ともこちゃんの字は、ともこちゃんの内面が写し出されたように一字千金です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事