低唱浅斟【ていしょうせんしん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
低唱浅斟

【読み方】
ていしょうせんしん

日本漢字能力検定
1級

【意味】
少々酒を飲んで小声で歌を口ずさむこと。

【語源・由来】
「低唱」は低い声で詩や歌を歌うこと。「浅斟」は軽く酒をくみかわす。

【類義語】
・浅酌低唱(せんしゃくていしょう)
・浅酌微吟(せんしゃくびぎん)


低唱浅斟(ていしょうせんしん)の使い方

健太
最近忙しそうで疲れていた父さんが、昨日はのんびりと低唱浅斟していたんだ。
ともこ
へえ。仕事がひと段落ついたのかしらね?
健太
そうみたいだね。忙しすぎる父さんの体調を家族みんなが心配していたから、仕事が落ち着いたようでよかったよ。
ともこ
本当に過労で倒れなくてよかったわよね。

低唱浅斟(ていしょうせんしん)の例文

  1. お酒は飲んでも飲まれるな、低唱浅斟、ほどほどが肝心だよ。
  2. 低唱浅斟、お酒はたしなむ程度ですが、たまに楽しみますよ。
  3. 社長も参加する飲み会だから、低唱浅斟、飲みすぎないよう心がけよう。
  4. 深酒をして羽目を外すと自分も周りも楽しくないから、低唱浅斟、ほろ酔い加減を楽しもう。
  5. 一日にグラス一杯、低唱浅斟するなら体にも心にもお酒はいいのです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事