陰陽五行【いんようごぎょう】の意味と使い方の例文(語源由来・英語訳)

【四字熟語】
陰陽五行

【読み方】
いんようごぎょう

日本漢字能力検定
4級

【意味】
万物を生成する陰と陽の二気、および、万物生成のもとになる木・火・土・金・水の五大元素のこと。

【語源由来】
中国戦国時代の鄒衍(すうえん)により唱えられた説で、古来、中国ではこれらの要素の盛衰によって、自然の変異や人事の吉凶を解釈しようという陰陽五行説が信奉され、人々の生活に強い影響を及ぼした。

【英語訳】
cosmic dual forces and the five elements

forceは「力」という意味の名詞。elementは「元素」という意味の名詞。
英文例
陰陽五行説が信じられていた。All people believed theory of cosmic dual forces and the five elements.

陰陽五行(いんようごぎょう)の使い方

ともこ
ねえねえ、健太くんって占いとか興味ある?
健太
そうだね、信じるほうだよ
ともこ
よかった。わたし、今、陰陽五行説にハマっていて、すごくおもしろいのよ
健太
じゃあ、今度ぼくにも教えてよ

陰陽五行(いんようごぎょう)の例文

  1. 私は今、陰陽五行説に非常に興味がある。
  2. 昔の中国では、陰陽五行が信じられており、人民に大きな影響を与えていた。
  3. 現代の日本においても、陰陽五行を真剣に研究している人もいる。
  4. 科学が発達する前の中国や日本では、陰陽五行で病気の判断をしていたこともある。
  5. 今でも、陰陽五行説のファンはたくさんいる。

まとめ

陰陽五行(いんようごぎょう)は、陰陽=「万物を生成する陰と陽の二気」、五行=「万物生成のもとになる木・火・土・金・水の五大元素」という意味です。陰陽五行(いんようごぎょう)説はこの考えをベースに、森羅万象の事象をすべて陰陽五行(いんようごぎょう)で説明しようとするものです。陰陽五行(いんようごぎょう)は、古代中国では広く信奉されていて、様々な重大事の決定に使われていました。現代でも、占いの一種としてこの陰陽五行(いんようごぎょう)を使っている人が多くいます。興味がある方がいれば、関連書籍なども発売されているようですので、一度ご覧になってみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事