自主独立【じしゅどくりつ】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
自主独立

【読み方】
じしゅどくりつ

【意味】
他者からの保護や助力なしに、自分の力で事にあたることや、その精神。

【類義語】
・独立自存(どくりつじそん)
・独立自尊(どくりつじそん)


自主独立(じしゅどくりつ)の使い方

健太
ともこちゃんの第一志望校はどんな高校なの?
ともこ
生徒の自主独立を促す高校よ。
健太
へえ。社会に出ていく上では必要なことだよね。
ともこ
そうなの。勉強だけできても、社会人になった時に困ると思って自主独立の精神を大切にしている高校に行こうと思うの。

自主独立(じしゅどくりつ)の例文

  1. ともこちゃんの会社は自主独立の経営を目指しています。
  2. 自主独立の意識を持って生きていくために、女性の地位向上が求められます。
  3. 幸せにしてもらうのではなく、自主独立の精神で幸せになるのだ。
  4. 他国の援助に依存せず、自主独立の意識を持って国政に取り組んでいく。
  5. 世界的有名な自動車会社は、自主独立の精神で、国に頼ることなく自分たちで資金を集め、実験的な街をつくった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事