木戸御免【きどごめん】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
木戸御免

【読み方】
きどごめん

【意味】
興行場に木戸銭なしに出入りできること。また、その人。

一般に出入り自由なことにもいう。

木戸御免(きどごめん)の使い方

ともこ
健太くん。入場券代を払わなくていいの?
健太
木戸御免で入ることができるからいいんだ。
ともこ
へえ。顔パスなの?すごいわね。じゃあ、楽屋に入ることもできるの?
健太
そこまでは無理だよ。

木戸御免(きどごめん)の例文

  1. 健太くんは、この劇場の支配人の知り合いなので木戸御免で入ることができる。
  2. ともこちゃんは、先生の家に毎日通ううちに、木戸御免で出入り可能になった。
  3. 健太くんは観劇が好きで、木戸御免の許しを得ているほどである。
  4. 我が物顔でわが家にいる健太くんは、木戸御免で入り浸っているだけで家族ではありません。
  5. 健太くんは、木戸御免というほどの芝居通です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事