熟読三思【じゅくどくさんし】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
熟読三思

【読み方】
じゅくどくさんし

【意味】
文章を繰り返し読んで、内容を幾度も考えてじっくり思案すること。

【語源・由来】
「熟読」は、繰り返し詳しく読むこと。内容をよく味わって読むこと。「三思」は、三回思うこと。転じて、幾度も考え、じっくり思案すること。

【典拠・出典】

【類義語】
熟読玩味(じゅくどくがんみ)
咀嚼玩味(そしゃくがんみ)


熟読三思(じゅくどくさんし)の使い方

健太
ともこちゃんは、毎日新聞を読むの?
ともこ
熟読三思するわ。
健太
時間がかかるね。
ともこ
時間をかける価値があるのよ。

熟読三思(じゅくどくさんし)の例文

  1. ともこちゃんが勧めてくれた本は、熟読三思したくなるような本でした。
  2. 熟読三思しないと理解できないくらい難解な文章だった。
  3. この本は、熟読三思どころか、何百回と読んだ健太くんの心のバイブルです。
  4. 予想以上に熟読三思して考えさせられた本でした。
  5. ともこちゃんから借りた本を熟読三思したので、丸暗記してしまった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索