酒池肉林【しゅちにくりん】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
酒池肉林

【読み方】
しゅちにくりん

【意味】
ぜいたくの限りを尽くした盛大な宴会のこと。
また、みだらな宴会のたとえ。

【語源・由来】
「史記(しき)」殷紀(いんき)より出典。
古代中国の殷(いん)の時代に、暴君紂王(ちゅうおう)が、酒を池に満たして、林の木には肉をかけて、男女を裸にしてその間を追いかけ回らせて、昼夜を問わず酒宴をしたということから由来とされている。

【類義語】
・鐘鼎玉帛(しょうていぎょくはく)
・長夜之飲(ちょうやのいん)
・肉山脯林(にくざんほりん)

【対義語】

【英語訳】
sumptuous feast/debauch

【スポンサーリンク】

酒池肉林(しゅちにくりん)の使い方

健太
ぼくは大人になったら、大きな会社の社長になってやってみたいことがあるんだ。
ともこ
どんなことをしてみたいの?
健太
たくさんのお金を使えたら、酒池肉林をしてみたいな。
ともこ
健太くんはぜいたくなことが好きね。

酒池肉林(しゅちにくりん)の例文

  1. 戦に勝ったあとには、酒池肉林のような宴が催されて、大いに盛り上がった。
  2. そんな酒池肉林のようなところでは、落ち着いてお酒を楽しむことなんてできないでしょう。
  3. 彼は毎日酒池肉林をしたいと願っているようだ。その為にはまず、たくさんのお金が必要だろう。
  4. この国は、国民は飢えに苦しんでいるにも関わらず、王たちは来る日も来る日も酒池肉林で遊びほうけていると聞いた。困っている国民を助けるために、ぼくたちは立ち上がった。
  5. 酒池肉林のような毎日には、いい加減飽きてしまったよ。

まとめ

酒池肉林というような、ぜいたくの限りを尽くした宴会とは、どれほどのものなのでしょう。とても魅力的な宴会のように思うのではないでしょうか。
しかし、ぜいたくばかりをしていては、日々の生活を安心して送ることはできないのではないでしょうか。
堅実に暮らすことも大切ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事