瑰意琦行【かいいきこう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】
瑰意琦行

【読み方】
かいいきこう

【意味】
考えや行いが普通の人とは違って優れていること。

【語源・由来】
「瑰意」は、普通と異なった、めずらしく優れた心のこと。「琦行」は、普通ではない行為、変わった行い。また、立派な行いのこと。

【典拠・出典】
宋玉「文選


瑰意琦行(かいいきこう)の使い方

健太
ともこちゃんは、本当に優秀で瑰意琦行だよね。頭の回路の作りが違うのかな?
ともこ
みんな一緒な作りだと思うわよ。
健太
だって、頭の回転スピードが僕と全然違うよ。
ともこ
ああ。それは、何が起こっても良いように普段からシミュレーションしているからよ。健太くんも努力すればできるわよ。

瑰意琦行(かいいきこう)の例文

  1. 瑰意琦行、ともこちゃんは、凡人の僕には思いつかないようなアイディアを提案する。
  2. 瑰意琦行のともこちゃんがいれば、どんな困難も乗り越えることが出来ます。
  3. 瑰意琦行の彼女は、人とは異なる視点や考え方でどんどん事件を解決していきます。
  4. 瑰意琦行、健太くんの提案は、目から鱗が落ちるようなものばかりです。
  5. 瑰意琦行、彼女はどんな時でも冷静に柔軟な対応ができる人です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索