帯厲之誓【たいれいのちかい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
帯厲之誓

「帯礪之誓」とも書く。

【読み方】
たいれいのちかい

日本漢字能力検定
1級

【意味】
功臣の家は末長く絶やさせないという約束。

【語源・由来】
『史記』「高祖功臣侯者年表」より。黄河が帯のように細くなり、泰山が砥石のように平らになっても変わらないという意味。

【類義語】
・河山帯礪(かざんたいれい)


帯厲之誓(たいれいのちかい)の使い方

ともこ
健太くんのお兄さんはお父さんと同じ会社に就職したんだね。
健太
そうなんだ。社長と帯厲之誓を交わしたんだよ。だから僕もきっとあの会社に就職するんだ。
ともこ
へえ。すごいわね。健太くんの家の人は、どんな弱みを握ったのかしらね。
健太
そういう話じゃなくて、会社のために功績を残したんだと思うよ。

帯厲之誓(たいれいのちかい)の例文

  1. 帯厲之誓を国王と交わしたので、ずっと安泰だと思って調子に乗っていました。
  2. 健太くんは帯厲之誓を交わしたので、もう出世街道まっしぐらでしょう。
  3. 世話になった君と帯厲之誓を交わそう。
  4. 子々孫々、末代まで帯厲之誓のおかげで、健太くんの家の地位は守られています。
  5. 命がけで王様を守った健太くんは、帯厲之誓を結びました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事