漢検1級の四字熟語一覧と意味付き【漢字検定】

漢検1級

漢検1級に出題される四字熟語一覧を五十音順に並べました。

1級のレベル対象漢字は、大学・一般程度です。

勉強しやすいように、対象となる四字熟語を意味付きで掲載していますので、漢字検定1級の合格に是非お役立てください。

その他の級はこちらをご覧ください。


「あ行」漢検1級の四字熟語一覧

哀鳴啾啾(あいめいしゅうしゅう)

鳥や虫が悲しげになくさま。


鴉雀無声(あじゃくむせい)

ひっそりとして声ひとつないこと。静まりかえっている形容。


鴉巣生鳳(あそうせいほう)

愚鈍な親がすぐれた子を生むたとえ。また、貧しい家からすぐれた人が出るたとえ。


遏悪揚善(あつあくようぜん)

悪事を禁じて、善行をすすめること。


蛙鳴蝉噪(あめいせんそう)

むだな表現が多い下手な文章やつまらない議論をさしていう言葉。無用の口論をさしてもいう。


阿爺下頷(あやあがん)

物事の見分けがつかない愚か者のこと。または、間違いのこと。


阿諛傾奪(あゆけいだつ)

身分や権勢のある者におもねり他人の地位を傾け奪うこと。


阿諛追従(あゆついしょう)

相手のご機嫌をとり、気に入られるために媚びへつらい、従うこと。他人におもねること。


阿諛便佞(あゆべんねい)

口先だけで調子のいいこと、うまいことを言っておもねりへつらうこと。他人の機嫌をとって気に入られようとすること。


阿轆轆地(あろくろくじ)

物事が滞ることなくうまく回転すること。また、次から次へと言葉が発せられること。


晏嬰狐裘(あんえいこきゅう)

上に立つ者が倹約につとめ、職務に励むこと。


晏嬰狐裘(あんえいのこきゅう)

上に立つ者が倹約につとめ、職務に励むこと。


安閑恬静(あんかんてんせい)

ゆったりとして静かで安らかなさま。世俗的な牽制や物欲に心とらわれることない、また心騒ぐのことない、ゆったりとしたさま。


晏子高節(あんしのこうせつ)

中国春秋時代、斉(せい)の晏嬰(あんえい)が臣下としての節をまっとうしたこと。


按図索驥(あんずさくき)

理論だけの実際には役に立たない意見ややり方のたとえ。机上の空論。


帷幄上奏(いあくじょうそう)

旧憲法下で、軍事の機密事項について直接天皇に上奏すること。「帷幄」は本来たれ幕と引き幕で、軍の陣中の意、転じて作戦計画をするところ。本陣。


伊尹負鼎(いいんふてい)

大望のために身を落とすたとえ。


意気消沈(いきしょうちん)

うまくいかなくて元気がなくなる。しょげかえること。


意気阻喪(いきそそう)

意欲的に事に当たろうとする気力がくじけて、元気をなくしてしまうこと。意気込みや元気が弱ること。


衣錦尚絅(いきんしょうけい)

才能や徳を外にあらわに出さないこと。錦を着てその上に薄絹をかける意。


韋弦之佩(いげんのはい)

自分の性格を改めて修養しようと戒めのための物を身につけること。


為虎傅翼(いこふよく)

強いものがさらに力をつけること。「傅翼」はつばさをつけること。虎のためにつばさをつける意で、強い虎にさらに空を自由に飛ぶ能力を与えるということから。


意識朦朧(いしきもうろう)

意識がかすんではっきりしないこと。気が遠くなること。まわりの状況がわからかくなるほど、意識がはっきりしないさま。


意匠惨憺(いしょうさんたん)

工夫を凝らすのに苦心すること。


渭樹江雲(いじゅこううん)

遠くにいる友人を思う情が切ないこと。渭水のほとりの樹木と揚子江の空にたなびく雲。一方は渭水のほとりにいて、一方は遠く離れた揚子江のそばにいて互いに思いやる。


韋駄天走(いだてんばしり)

非常に速く走ること。「韋駄天」は仏法・寺院の守り神。増長天八将軍の一。金剛杵をもち、非常に足が速いという。韋駄天のように速く走る意。


一詠一觴(いちえいいっしょう)

酒を飲みながら詩を歌って、風流に楽しむこと。ひとさかずきの酒を飲み、一つの詩を歌う意から。


一字褒貶(いちじほうへん)

文章を書くさいに、わずか一字を使い分けることで、人をほめたり、けなしたりすること。


一望無垠(いちぼうむぎん)

一目でかなたまでひろびろと見渡されること。見晴らしの良いたとえ。広々と見晴らしの良い景色。


一縷千鈞(いちるせんきん)

危険のはなはだしいことの形容。一本の糸で千鈞の重さを支える意。


一攫千金(いっかくせんきん)

あまり苦労せずに一時に大きい利益を得ること。


一家眷族(いっかけんぞく)

家族と血縁関係にあるもの。「眷属」は血縁者・一族。また家臣や部下を意味することもある。


一家団欒(いっかだんらん)

家族が集まってむつまじく楽しむこと。「団欒」は丸いさまで、転じて丸く輪を作って仲よくする、集まってむつまじくする意。


一気呵成(いっきかせい)

文章や仕事を一気に完成させること。滞ることなく流暢に文章が書かれているさま。また、物事を中断せずに、ひと息に大急ぎで仕上げること。


一饋十起(いっきじっき)

賢者や、よい人材を熱心に探し求め迎えること。有徳の政治を行うために、為政者(君主)が自ら進んで賢者を熱心に探し求めること。または、政治に熱心なこと。


一簣之功(いっきのこう)

仕事を完遂する間際の最後の努力。最後のひとふんばり。また、仕事を完成するために重ねるひとつひとつの努力にもいう。「簣」は土を乗せて運ぶ道具の意。もっこ。もっこ一ぱいの土。


一丘一壑(いっきゅういちがく)

俗世間を離れ、自然の中に身を置いて、風流を楽しむこと。


一裘一葛(いっきゅういっかつ)

一枚のかわごろもと、一枚のくずかたびら。他に着替えがないことから、貧乏のたとえ。


一丘之貉(いっきゅうのかく)

同じ丘に住むムジナ。似たようなもののたとえ。同類のものをけなしていう語。多く悪者に対していう。


一薫一蕕(いっくんいちゆう)

善は消えやすく、悪は除きがたいことのたとえ。一つのよい香りの草と一つの悪いにおいの草。この二つをともに置けば、よい香りが消え、悪いにおいが勝つことからいう。


一蹶不振(いっけつふしん)

一度失敗して二度と立ち上がれないたとえ。「蹶」はつまずく意。


一闔一闢(いっこういちびゃく)

あるいは閉じ、あるいは開く。陰と陽が消長するさま。「闔」は閉じる。「闢」は開く意。


一狐之腋(いっこのえき)

貴重なもののたとえ。一匹の狐の脇の下からわずかしか取れない白くて美しい毛皮の意。また、希少なという意から直言の士のたとえ。


一糸一毫(いっしいちごう)

ごくわずかなこと。「一糸」も「一毫」もごくわずかなもののたとえ。


一士諤諤(いっしがくがく)

多くのものがおもねり追従している中で、一人だけおそれはばからずに直言すること。「諤諤」ははばかることなくありのまま是非善悪をいうこと。


一瀉千里(いっしゃせんり)

流れが極めて速いということ。また、文章や弁舌が巧みでよどみのないことのたとえ。物事が調子良く速やかに進み、一気にはかどることも意味する。


一觴一詠(いっしょういちえい)

酒を飲みながら詩を歌って、風流に楽しむこと。


一唱三嘆(いっしょうさんたん)

素晴らしい詩文を賞賛、褒める際に使う四字熟語。詩歌を一度に詠みあげる前に、なんども感嘆すると言う意味。一唱三嘆の「三」はなんどもという意味。「嘆」は感じ入ってため息をついたり、感心して褒めること。

一世風靡(いっせいふうび)

ある時代に非常に流行すること。風が吹き草木がそれになびくように、その時代のたくさんの人が従うこと。


一箭双雕(いっせんそうちょう)

弓を射るのがうまいこと。一つの行動で二つの利益を得ること。「一箭」は一本の矢、「双雕」は二羽の鷲。くまたか。


一朝之忿(いっちょうのいかり)

一時的な怒りをいう。「一朝」はわずかな間。一時的の意。「忿」は、怒り、憤怒のこと。


一擲千金(いってきせんきん)

豪快なふるまい、思い切りのよいことのたとえ。惜しげもなくひとときに大金を使う意。「擲」は投げる、投げ出す意。


一髪千鈞(いっぱつせんきん)

非常に危険なこと、きわめて無理なことのたとえ。一本の髪の毛で千鈞もの重さのものを引く意。「鈞」は中国の昔の重量の単位で三十斤を一鈞とし、周代では約七・七キログラム。「一髪、千鈞を引く」の略。


鷸蚌之争(いつぼうのあらそい)

両者が譲らずに争っていると第三者が骨を折らずに利益を横取りしてしまうことのたとえ。「鷸」は水鳥のしぎ。「蚌」はどぶ貝のこと。


猗頓之富(いとんのとみ)

巨万の富。膨大な財産をいう。


倚馬七紙(いばしちし)

すらすらと名文を書き上げる才能。馬前に立ったまま一息に七枚の紙に文を書き上げる意。


夷蛮戎狄(いばんじゅうてき)

昔の中国の都から遠く離れた四方の異民族の総称。


渭浜漁父(いひんのぎょほ)

渭水のほとりで釣り糸を垂れていた呂尚(太公望)のこと。太公望といわれた呂尚は、渭水のほとりで釣りをしていた時、周の文王に見いだされ、のち文王の子武王を補佐して周王朝を開くのに功績があった。「渭」は渭水。「漁父」は漁師、また年老いた漁師。


萎靡沈滞(いびちんたい)

社会・経済・文化などに活気がなく、退廃して、進歩や発展が見られないこと。


異聞奇譚(いぶんきたん)

きわめて珍しい話のこと。


韋編三絶(いへんさんぜつ)

何度も繰り返して本を読むこと。また熱心に学問することのたとえ。


倚門之望(いもんのぼう)

子の帰りを待ちわびる親の情のたとえ。


異類無礙(いるいむげ)

異質な者同士が、何の障害もなく互いに通じあうこと。


殷鑑不遠(いんかんふえん)

身近な失敗例を自分の戒めとせよというたとえ。また、自分の戒めとなるものは、近くにあることのたとえ。


因果覿面(いんがてきめん)

悪事の報いがすぐに目の前に現れること。悪事は悪い結果としてすぐに現れること。


婬虐暴戻(いんぎゃくぼうれい)

淫らな生活をし、乱暴で非道なこと。女性に対する淫らな色欲に溺れ、乱暴・残酷に振る舞い、人としての道から外れていること。


慇懃無礼(いんぎんぶれい)

うわべはとても礼儀正しくて丁寧ではあるが、実際は極めて尊大で、内心では相手を見下していること、またはそのような態度のこと。言葉遣いや態度などが丁寧すぎるのは相手を小馬鹿にしているようにとられること、かえって無礼であること。


因循苟且(いんじゅんこうしょ)

古い習慣や方法にこだわって、その場しのぎの手段をとること。また、決断力に欠け、ぐずぐずしてためらうさま。


陰謀詭計(いんぼうきけい)

人を欺くためのひそかなたくらみごと。


烏焉魯魚(うえんろぎょ)

文字の書き誤り。文字の造形が似ていて書き誤ること。


于公高門(うこうこうもん)

善行を積む家の子孫は繁栄することのたとえ。


禹行舜趨(うこうしゅんすう)

うわべをまねるだけで実質が伴っていないたとえ。聖天子とされる禹や舜の表面上の行動だけをまねして、実質的な聖人の徳を備えていないこと。禹のように歩き舜のように走って、聖人をまねるだけで実質がない意から。


右顧左眄(うこさべん)

右を見たり左を見たりして、ためらい迷うこと。また、まわりの情勢や周囲の思惑・意見を気にして、なかなか決断できないでいること。


迂疎空闊(うそくうかつ)

まわりくどく実際に適応できないこと。事情にうとく実際に役に立たないこと。


鬱肉漏脯(うつにくろうほ)

一時しのぎのために、先の不利益や危険などをかえりみないこと。


禹湯文武(うとうぶんぶ)

夏、殷、周の三代の始祖の名。夏王朝の始祖の禹王。殷王朝の始祖の湯王。周王朝の文王と武王のこと。いずれも中国古代の聖天子。


烏兎怱怱(うとそうそう)

歳月、月日があっという間に過ぎてゆくこと。


嫗伏孕鬻(うふうよういく)

鳥や獣が子を産んで育てること。


禹歩舜趨(うほしゅんすう)

見た目を真似しているだけで中身が伴っていないこと。 または、聖人の動きを真似しているだけで聖人のような徳はないこと。


紆余委蛇(うよいだ)

山や林などがうねうねと屈曲しながら長く続くさま。


紆余曲折(うよきょくせつ)

曲がりくねること。事情が込み入って色々と変化のあること。


盂蘭盆会(うらぼんえ)

太陰暦7月15日を中心に7月13日から16日の4日間に行われる仏教行事のこと。盂蘭盆、お盆ともいう。また、香港では盂蘭勝会と称する。


雨霖鈴曲(うりんれいきょく)

唐の玄宗の作った楽曲の名。


雲雨巫山(うんうふざん)

男女の情の細やかなことのたとえ。また、情事をいう。


雲煙過眼(うんえんかがん)

雲煙が目前を過ぎるのに心を動かさないように、物事に深く執着しないこと。


雲煙万里(うんえんばんり)

非常に遠く離れていることのたとえ。


雲烟飛動(うんえんひどう)

書画などの筆跡の優れて勢いの良いこと。筆の運びが自由で生き生きしていること。


雲煙縹渺(うんえんひょうびょう)

雲や煙などが遠くたなびくさま。


雲遊萍寄(うんゆうへいき)

物事に執着せずに、自然にまかせて行動すること。または、修行しながら様々な国を巡る僧侶のこと。「萍」は浮き草のこと。


雲容烟態(うんようえんたい)

空の様子がさまざまに変化するさま。


栄諧伉儷(えいかいこうれい)

栄えて仲のよい夫婦のこと。結婚の賀詞。人が妻をめとるのを祝って言う言葉。


影駭響震(えいがいきょうしん)

ちょっとした影やささいな物音にもおびえる意から、ひどく驚き怖れること。


英姿颯爽(えいしさっそう)

姿が堂々として、立派で、きびきびしているさま。


郢書燕説(えいしょえんせつ)

無理にこじつけること。


盈満之咎(えいまんのとがめ)

満ちれば欠けるということからの戒め。すなわち、物事が十分に達成されて満ち足りた後には、かえって禍いを招くという戒め。


英明闊達(えいめいかったつ)

才知にすぐれ道理に明るく、小事にこだわらないおおらかな性質。


慧可断臂(えかだんぴ)

非常に強い決意のほどを示すこと。また、切なる求道の思いを示すこと。


依怙贔屓(えこひいき)

気に入ったものに心をよせて助けること。自分の気に入っている者や、関係のある者だけの肩をもつこと。また、特に一方に心をかたむけ公平でない行動をとること。


越俎代庖(えっそだいほう)

自分の分をこえて他人の権限を侵す罪。


越俎之罪(えっそのつみ)

自分の分をこえて他人の権限を侵す罪。


越鳧楚乙(えつふそいつ)

場所や人によって同じものでも呼び名が異なるたとえ。


宴安酖毒(えんあんちんどく)

享楽におぼれてはいけないという教え。


烟雲過眼(えんうんかがん)

雲やかすみが目の前を過ぎ去ってとどまらないように、物事に深く執着しないたとえ。物事に心をとめないで淡泊なたとえ。また、物事の過ぎ去ってとどまらないことのたとえ。


蜿蜿長蛇(えんえんちょうだ)

行列が曲がりくねりながら長く続くさま。一列に長く連なったものが、うねうねと続いているというたとえ。


円滑洒脱(えんかつしゃだつ)

物事の進行をかどだてず、すらすらとそつなくこなしていくさま。


煙霞痼疾(えんかのこしつ)

自然をめでる心がきわめて深いことを、長く治らない持病にたとえた語。自然の風物をこよなく愛すること。また、隠居して自然と親しむことをいう。


燕頷虎頸(えんがんこけい)

遠国の諸侯となる人相のこと。また、勇ましく勢いがあり、堂々とした武者の容貌のたとえ。


燕頷虎頭(えんがんことう)

尊い身分・貴人になる相で、遠国で封侯になる人相をいう。「燕頷」は、燕(つばめ)のようなあごの形のことで、武芸に秀でた相とされ、「虎頭」は、虎(とら)のようながっしりとした頭のことで、威厳があって人の上に立つことのできる人相とされる。


燕頷投筆(えんがんとうひつ)

一大決心をして志を立てること。また、文筆をやめて武の道に進むこと。


婉曲迂遠(えんきょくうえん)

非常にまわりくどいこと。


延頸挙踵(えんけいきょしょう)

人や事の到来を待ち望むこと。また、すぐれた人物の出現するのを待ち望むこと。首を長く伸ばし、つま先立って待ちわびる意味から。


猿猴取月(えんこうしゅげつ)

実現不可能な馬鹿げたことをして、自ら身を滅ぼしてしまう(自滅してしまう)ことの喩えである。


怨女曠夫(えんじょこうふ)

結婚適齢期になっても相手のいない男と女。 また、配偶者と死別、生別した男女のことも言う。


煙波縹渺(えんぱひょうびょう)

水面がもやなどで遠くまで煙って、空と水面の境界がぼんやりしてはっきりとしないさま。


猿臂之勢(えんぴのいきおい)

攻守や進退が自在にできる軍隊の体勢をいう。また、遠方に陣地を設けること。


偃武修文(えんぶしゅうぶん)

戦いをやめ、戦いではなく、文教によって平穏な世の中を築くこと。


閻浮檀金(えんぶだごん)

良質の金のたとえ。


厭聞飫聴(えんぶんよちょう)

何度も聞きすぎて飽きること。耳にたこができる。


婉娩聴従(えんべんちょうじゅう)

言葉や態度など身の振り方がしとやかで優しく、年長や目上の人に逆らわず従うこと。


衍曼流爛(えんまんりゅうらん)

広く散らばってはびこることを表す。多く悪などがはびこることにいう。悪人が多く世の中全体に蔓延ること。


轅門二竜(えんもんにりょう)

古代中国、唐の武将『烏承玭』と『烏承恩』を指す言葉。二人は戦場で活躍して功績を上げて、このように評された。


厭離穢土(えんりえど)

仏教のことばで、けがれた現世を嫌って離れること。


円顱方趾(えんろほうし)

人間のこと。


桜花爛漫(おうからんまん)

桜の花が満開で鮮やかに咲き乱れている様子。桜の花がいっぱいにみごとに咲き乱れているさま。


枉駕来臨(おうがらいりん)

乗り物の進路を変えてまで、わざわざお立ち寄りいただき恐縮ですという意の言葉。


横行闊歩(おうこうかっぽ)

威張って自分勝手に歩き回ること。また、ほしいままに振る舞うこと。


横行跋扈(おうこうばっこ)

威張ってわがまま勝手に振る舞うこと。ほしいままに行動し、我が物顔に振る舞うこと。


往事渺茫(おうじびょうぼう)

過去のことはぼうっとして、夢のように記憶が薄れてしまった。昔のことを振り返っていうことば。


往事茫茫(おうじぼうぼう)

過去を振り返ってみても、記憶がはっきりせずとりとめのないさま。


枉尺直尋(おうせきちょくじん)

大きなことを成功させるためには、小さな犠牲はやむを得ないということ。


枉法徇私(おうほうじゅんし)

法を悪用して、私利私欲にはしること。自分の利益のために法を変えること。また、正しいきまりを曲げて、わがまま勝手に振る舞うこと。


王楊盧駱(おうようろらく)

初唐の四人の詩の大家。「王勃」「楊炯」「盧照鄰」「駱賓王」。いずれも唐代初期の人で近体詩の確立に貢献した詩の巨匠。


甕裡醯鶏(おうりけいけい)

世の中を知らないつまらぬ卑小な者という意味の例え。


恩讎分明(おんしゅうぶんめい)

恩を受けたものには恩で報い、あだをうけたものにはあだで報いること。また、それをはっきりさせること。


厭離穢土(おんりえど)

仏教のことばで、けがれた現世を嫌って離れること。

【スポンサーリンク】

「か行」漢検1級の四字熟語一覧

誨淫誨盗(かいいんかいとう)

悪事を人に教えること。財物を納めた倉庫の戸締りを怠ったり、女性がなまめかしい格好をしてあでやかな化粧をしたりすることは、盗賊に盗みを教え、異性にみだらなことをせよと言っているようなものだということ。災いをまねかないように用心せよという戒め。 「誨」は、教える。


海闊天空(かいかつてんくう)

海や空がきわまりなく広がっていること。ここから転じて気性がさっぱりしていて度量が大きく、何のわだかまりもないたとえ。また、言葉や発想などが限りなく広がるたとえ。


海市蜃楼(かいししんろう)

蜃気楼のこと。転じて非現実な考えや根拠のないこと。


膾炙人口(かいしゃじんこう)

広く世間の評判となり、もてはやされていること。「膾」はなますで、生の肉を細かく刻んだもの。「炙」はあぶり肉のこと。どちらも誰の口にもあって好まれることからいう。


喙長三尺(かいちょうさんじゃく)

しゃべることがきわめて達者なこと。


海底撈月(かいていろうげつ)

無駄なことをするたとえ。実現不可能なことに労力を費やし、無駄骨を折ることのたとえ。


開天闢地(かいてんへきち)

天地の始まりのこと。これまでの歴史に無いような大きな出来事のこと。


誨盗誨淫(かいとうかいいん)

財物を納めた倉庫の戸締りを怠ったり、女性がなまめかしい格好をしてあでやかな化粧をしたりすることは、盗賊に盗みを教え、異性にみだらなことをせよと言っているようなものだということ。災いをまねかないように用心せよという戒め。「誨」は、教える。


槐門棘路(かいもんきょくろ)

政界の最高幹部のこと。


傀儡政権(かいらいせいけん)

形式的には独立している国家において、その政府が自国民の利害と願望に従ってではなく、むしろ他の特定の強国の意思に従って行動する場合、その政権を一般に傀儡政権と呼ぶ。とくに典型的なのは、軍事占領や植民地支配などの帝国主義的政策をとろうとする強国が、その地域の住民の中の協力者に政権を作らせ、それを政府として押しつける場合であり、これは独立性の外観を保つことによって国際世論やその地域の住民の感情に対してカムフラージュ効果をねらうものである。


偕老同穴(かいろうどうけつ)

夫婦の仲がよいことのたとえ。仲のむつまじい夫婦の関係を結ぶこと。


薤露蒿里(かいろこうり)

人生は儚いということ。


柯会之盟(かかいのめい)

約束したことを成し遂げ、信義を守り抜いて信頼を得ること。


蝸角之争(かかくのあらそい)

つまらない、ささいなことで争うこと。また、力のない者同士が争うこと。


呵呵大笑(かかたいしょう)

大声をあげて笑うこと。


夏癸殷辛(かきいんしん)

夏王朝の桀王と殷王朝の紂王。ともに古代の暴君。


蝸牛角上(かぎゅうかくじょう)

どうでもいいような、つまらないことで争うことのたとえ。


鶴立企佇(かくりつきちょ)

待ち遠しく思うこと。待ち望むこと。首を長くして待つ。


家鶏野雉(かけいやち)

ありふれた古いものを遠ざけて、珍しく新しいものを大切にすること。「雉」はきじ。家で飼っている鶏を嫌って、野性のきじを好むこと。


歌功頌徳(かこうしょうとく)

人の手柄や徳をほめたたえて歌うこと。「歌功」は功績をたたえて歌うこと。「頌徳」は人徳の高さをほめたたえる意。「功を歌い徳を頌う」とも読む。


華胥之夢(かしょのゆめ)

昼寝のこと。また、よい夢のこと。


軻親断機(かしんだんき)

中途で志をすててはいけないという教え。「軻」は孟子(孟軻)のこと。「軻親」は孟子の母親のこと。「断機」は織り布を断ち切ること。


花鳥諷詠(かちょうふうえい)

四季の移り変わりによる自然界や人間界のあらゆる現象を、そのまま客観的にうたうべきであるとする俳句理念。高浜虚子が提唱し、ホトトギス派の基本理念となった。「花鳥」は自然のたとえ。「諷詠」は詩歌をうたい作ること。


隔靴掻痒(かっかそうよう)

靴を隔てて痒(かゆ)いところをかくように、痒いところになかなか手が届かず、イライラする、はがゆくもどかしい思いをすること。自分の思うようにいかずに、じれったいこと。物事の核心に触れられず、もどかしいこと。


渇驥奔泉(かっきほんせん)

勢いが激しいこと。また、書の筆勢が力強いこと。「驥」は一日に千里を走るという駿馬のこと。「奔」は勢いよく走る意。のどが渇いた駿馬が、泉に向かって勢いよく走り寄るという意味から。「渇駿、泉に奔る」とも読む。


恪勤精励(かっきんせいれい)

全力を尽くし仕事や勉学に励んで、怠らないこと。精力を傾けて集中して事にあたること。


闊達自在(かったつじざい)

心が広く、物事にこだわらず、思いのままに行動するさま。


豁達大度(かったつたいど)

心が広くて情け深く、度量の大きいこと。


豁然大悟(かつぜんたいご)

疑い迷っていたことが、からっと開け解けて真理を悟ること。「豁然」は、からっと開けるさま。「大悟」は大いに悟る、真理を悟ること。「豁然」は仏教用法のとき「かつねん」とも読む。「大」は「だい」とも読む。


刮目相待(かつもくそうたい)

人や物事の成長や進歩を待ち望むこと。また、今までとは違った目で相手を見ること。「刮目」は、目を見開いてよく見ること。「相待」は、相手を待ちかまえること。目を見開いてよく見ながら待ちかまえるという意から。「刮目して相待つ」とも読む。


華亭鶴唳(かていかくれい)

過去の栄華を懐かしく思い、現状を嘆くさま。「華亭」は地名。「鶴唳」は鶴の鳴き声のこと。


禍福倚伏(かふくいふく)

福の中に禍が潜み、禍の中に福が潜むように、災いと幸せは順繰りにおとずれるものだということ。「禍福」は災いと幸い。「倚伏」は禍が福のもとになったり、福が禍のもとになったり、禍福が互いに因果的に生じること。「倚」は寄り添う、また、ちなむ、原因となる意。「伏」は潜む意。


苛斂誅求(かれんちゅうきゅう)

税金などを情け容赦なく取り立てること。また、そのようなむごい政治のこと。


夏鑪冬扇(かろとうせん)

時期が合っていないために、役に立たないもののこと。または、役に立たない意見や才能のたとえ。または、今は不要でも適切な時期が来れば役に立つようになること。君主からの愛情や信用を失ったもの、恋人に捨てられた女性などを指す場合もある。


檻猿籠鳥(かんえんろうちょう)

自由を奪われて自分の思い通りに生きることが出来ない境遇のたとえ。


干戈倥偬(かんかこうそう)

戦いで忙しいこと。「干戈」は盾と矛、転じて、戦い・戦争のこと。「倥偬」は忙しい・あわただしい意。


鰥寡孤独(かんかこどく)

身寄りもなく寂しい暮らし。また、そのような暮らしをしている人のこと。老いて身寄りのない人たち。寄るべのない困った人。


轗軻不遇(かんかふぐう)

世に受け入れられず行き悩むさま。事が思い通りにいかず行き悩み、ふさわしい地位や境遇に恵まれないさま。


侃侃諤諤(かんかんがくがく)

遠慮せず、正しいと思うことを主張して議論すること。また議論のさかんなことをいう。ひるまず述べて盛んに議論をするさま。はばかることなく直言するさま。


関関雎鳩(かんかんしょきゅう)

夫婦仲が良くむつまじいこと。仲むつまじいことの例えとして使われる。


歓喜抃舞(かんきべんぶ)

大喜びするたとえ。喜びきわまって手を打って舞う意。「抃舞」は手を打って喜び舞うこと。


管窺蠡測(かんきれいそく)

非常に見識が狭いこと。「管窺」は管を通して天を見ること。「蠡測」はほら貝(一説にひさご)で海の水を測ることで、きわめて狭い見識で大事を測ることのたとえ。


関雎之化(かんしょのか)

夫婦仲がよく、家庭がうまく治まることのたとえ。


韓信匍匐(かんしんほふく)

大望ある者は目前の恥を耐え忍ぶということ。将来の大きな目的のために、一時の屈辱にも恥を忍び、一時の苦労にも耐え忍ぶことのたとえ。


甘井先竭(かんせいせんけつ)

才能がある者ほど、その才能が早く衰えやすいことのたとえ。また、才能を見せびらかす者は、他の者よりも先に災難に遭うということのたとえ。


干戚羽旄(かんせきうぼう)

武の舞と文の舞のこと。夏の禹王が始めた舞楽。「干戚」はたてとまさかりを持って舞う、武の舞のこと。「羽旄」は雉の羽と旄牛の尾で作った飾りを持って舞う、文の舞の意。


邯鄲之歩(かんたんのほ)

本来の自分を忘れて、やたらと他人の真似をしたため、両方ともうまくいかなくなってしまうことのたとえ。


邯鄲之夢(かんたんのゆめ)

人の世界での繁栄は儚いということのたとえ。 または、人の人生が儚いことのたとえ。


寒煖饑飽(かんだんきほう)

寒さ、暖かさ、飢え、満腹といった日常生活の苦しみや楽しみのこと。苦楽と同意。「寒煖」は寒さと暖かさ。「饑飽」は飢えることと満腹になること。貧乏と裕福。「煖」は「暖」とも書く。


奸知術数(かんちじゅっすう)

悪知恵や悪だくみのこと。


旱天慈雨(かんてんじう)

非常に困ったときに、もたらされる救いの手のたとえ。長い間待ち望んでいた物事が実現することのたとえ。


撼天動地(かんてんどうち)

活動がめざましいこと、人々を驚かすほどの大きな出来事のたとえ。また、音声がきわめて大きいことのたとえ。「撼」は、揺り動かす。天地を揺り動かすという意から。


甘棠之愛(かんとうのあい)

人民の善政を行う人に対する思慕の情が深いこと。「甘棠」はからなし、こりんごの木。


環堵蕭然(かんとしょうぜん)

家が非常に狭く、みすぼらしくさびしいさま。「環堵」は小さく狭い家のこと。四方それぞれ一堵の家の意。「環」は四周・周囲。「堵」は一丈(約二・二五メートル)とも五丈とも四十尺ともいい諸説ある。「蕭然」はみすぼらしくさびしいさま。物さびしく荒れ果てたさま。


艱難辛苦(かんなんしんく)

非常な困難にあって苦しみ悩むこと。「艱」「難」はともにつらい、苦しい、悩むの意。「辛苦」はつらく苦しいこと。つらい目にあって悩むこと。


奸佞邪智(かんねいじゃち)

心がねじくれていて、ずるがしこく、人にこびへつらうこと。また、そういう人。


銜尾相随(かんびそうずい)

車や動物などが切れ目なく連なって進むこと。「銜」は口にくわえる意で、「銜尾」は前を行く馬の尾をあとの馬がくわえること。「相随」はつきしたがって進む意。「銜尾相随う」とも読む。


勧百諷一(かんぴゃくふういつ)

益よりも害の多いこと。百の華美を勧めて一の節約を遠回しにいさめる意で、無用のことばかり多くて、役に立つことが少ない意。「百を勧めて一を諷す」とも読む。


管鮑之交(かんぽうのまじわり)

互いによく理解し合っていて、利害を超えた信頼の厚い友情のこと。きわめて親密な交際のこと。「管」は春秋時代、斉の名宰相の管仲。「鮑」は鮑叔牙が。単に鮑叔ともいう。管仲と若いときから仲がよく、仲を斉の桓公に推挙した。「交」は「こう」とも読む。


蓋瓦級甎(がいがきゅうせん)

屋根の瓦と階段の敷き瓦のこと。「蓋」はおおうこと。「級」は階段・きざはし、甎は敷き瓦の意。


睚眥之怨(がいさいのうらみ)

ほんのわずかなうらみ。「睚」「眥」はともににらむ意。ほんのちょっとにらまれる程度のうらみの意。


亥豕之譌(がいしのか)

文字の書き誤りのこと。「譌」は誤りの意。「亥」と「豕」とが、字形が似ているので書き誤りやすいことから。


磑風舂雨(がいふうしょうう)

羽蟻の群れなどが石臼を回すようにぐるぐると回って飛ぶときには風が吹き、杵で臼をつくように、上に下にと飛ぶときには雨になるという言い伝え。物事の兆し、前兆などの例えとして使われる。


諤諤之臣(がくがくのしん)

正しいと思うことを直言する人のこと。


画脂鏤氷(がしろうひょう)

中身がないのに、表面を飾っても無駄というたとえ。また、努力しても効果がないということ。無用なところに力を用いること。


画竜点睛(がりょうてんせい)

物事を完成するために、最後に加える大切な仕上げのたとえ。また、物事の最も肝要なところのたとえ。文章や話などで肝心なところに手を入れて、全体をいっそう引き立てるたとえ。


銜哀致誠(がんあいちせい)

哀切な気持ちと誠の心をささげて死者を弔うこと。「銜」は心に抱く意で、「銜哀」は哀しみを抱くこと、「致誠」は真心をささげる意。人の死を悼む時に用いる語。「哀を銜み誠を致す」とも読む。


含英咀華(がんえいしょか)

文章のすぐれた部分をよく味わって、心の中に蓄積すること。また、詩文に妙味があることのたとえ。「含英」は美しいものを含み味わうこと。「咀華」は華の美しさを噛みしめ味わうこと。「英を含み花を咀う」とも読む。


頷下之珠(がんかのしゅ)

めったに手に入れることができない貴重なもののこと。「頷下」はあごの下。「珠」は宝石の意。黒い竜のあごの下にあるという玉のことで、命がけで求めなければ得られない貴重なもののたとえ。


眼光炯炯(がんこうけいけい)

目がきらきらと鋭く光るさま。物事のすべてを見抜いているような、人を圧倒する目のこと。


顔厚忸怩(がんこうじくじ)

あつかましく恥知らずな者の顔にも、さすがに深く恥じているようすが表れること。非常に恥じ入ることを謙遜した言い回し。顔にもありありと恥じ入る色が出るという意味。自分の恥じ入ることを謙遜して言ったものが、転じて文字通り、恥知らずのあつかましい者でさえ恥じ入るという意味で用いられることもある。


頑廉懦立(がんれんだりつ)

高潔な人格に感化されて、よい方向に向かうこと。「頑」は欲が深いこと。「廉」は心にけがれがないこと。欲が深いものも改心して清廉な人となり、意気地がないものも奮起して志を立てる意。


既往不咎(きおうふきゅう)

「既往は咎(とが)めず」と読み下す。「既往」は、過ぎ去ったとき、過去という意味。過去のことをとやかくとがめだてするよりも、将来をつつしむことが大切であるという戒めの言葉。


鬼瞰之禍(きかんのわざわい)

良いことはえてして水を差すような邪魔が入りやすいということ。または、富み栄えているときに付け上がっていると、周りから妬まれて災いを受けることのたとえ。「瞰」は隙を狙う、もしくは窺うという意味。


騏驥過隙(ききかげき)

わずかな時間。一瞬の出来事。「騏驥」は一日で千里を走りきるといわれる駿馬のこと。「過隙」は戸の隙間の向こう側をかけぬける意。


熙熙壌壌(ききじょうじょう)

たくさんの人々がせわしなく行き来する様子。大勢の人が賑やかに行き交うさま。やわらぎ楽しむさま。


危言覈論(きげんかくろん)

自分の身の危険を顧みずに、正しいと思うことを主張し、激しく議論すること。「危言」は自身の身が危険な状況になることを気にかけずに、自分の考えをはっきりと言うこと。「覈論」は激しく論じること。


跂行喙息(きこうかいそく)

動物のこと。特に、虫や鳥のたぐいをさすことば。「跂行」は虫などがはうことや足で歩くこと。「喙息」は口で息をするものということから。


鬼哭啾啾(きこくしゅうしゅう)

悲惨な死に方をした者の浮かばれない亡霊の泣き声が、恨めしげに響くさま。転じてものすごい気配が漂い迫りくるさま。「鬼哭」は亡霊が声を上げて泣き悲しむこと。「啾啾」は弱弱しく鳴く様子のこと。


旗幟鮮明(きしせんめい)

主義主張や態度などがはっきりしているたとえ。立場や主張がはっきりしていること。自分の主義や持論、立場がはっきりとしていること。


杞人天憂(きじんてんゆう)

無用の心配をすること。取り越し苦労のこと。「杞人」は古代中国の周の時代にあった紀という国の人。「天憂」は天のことを心配すること。「杞憂」という言葉は、この言葉を略したもの。「杞人、天を憂う」とも読む。


羈紲之僕(きせつのぼく)

主君の車馬を御する従者。随行者。


鞠躬尽瘁(きっきゅうじんすい)

全力をあげて任務を遂行する、一身を捧げて使命達成に尽くすこと。「鞠躬」は身を低くしてかしこまること。「尽瘁」は自分のことをかえりみずに、全力をつくすこと。


驥服塩車(きふくえんしゃ)

優れた人物がつまらぬ仕事をさせらていることである。「驥、塩車に服す」とも読む。


九棘三槐(きゅうきょくさんかい)

三公九卿。政界の最高幹部のこと。「九棘」は中国の九郷の別称。「三槐」は中国の三公の別称。


鳩居鵲巣(きゅうきょじゃくそう)

努力しないで、要領よく他人の成功や地位を横取りするたとえ。また、人の家に仮住まいするたとえ。


躬行実践(きゅうこうじっせん)

理論や信条などを、自身の力で実際に踏み行うこと。


泣斬馬謖(きゅうざんばしょく)

大きな目的のためには信頼している部下でも、私情を捨てて、厳正な処分をすること。規律を保つためには、優秀な者であってもやむを得ず処罰しなければならないことのたとえ。「馬謖」は中国の三国時代の人の名前。「泣いて馬謖を斬る」とも読み、この形で使うことが多い言葉。


宮車晏駕(きゅうしゃあんが)

天子の崩御。「宮車」は天子の車。「晏駕」は夜になって霊柩車が墓に向かって出発すること。


窮途之哭(きゅうとのこく)

貧しくて、生活に困窮した悲しみのこと。「窮途」は行き止まりの道という意味から、苦しい状況のこと。「哭」は悲しんで声を上げて泣くこと。


朽木糞牆(きゅうぼくふんしょう)

怠け者のたとえ。手の施しようのないものや、役に立たない無用なもののたとえ。また、腐った木には彫刻できないし、腐りくずれた土塀は上塗りができないように、怠け者は教育しがたいことのたとえ。「朽木は雕るべからず、糞土の牆は檣はぬるべからず」を略した言葉。


矯枉過直(きょうおうかちょく)

物事を正そうとして、やりすぎのあまりかえって新たに好ましくない事態をもたらしてしまうこと。「枉れるを矯めて直きに過ぐ」とも読む。


跫音空谷(きょうおんくうこく)

人のいない場所での寂しい生活の中で予想外の訪問や便りのたとえ。 または、孤立した状態での自分の意見に賛同する人を得た時に用いる言葉。


兢兢業業(きょうきょうぎょうぎょう)

恐れ慎んで物事を行う様子。物事を行うときには、用心深く行うべきであるという教えをいう。


恐懼感激(きょうくかんげき)

ありがたさに恐れ謹み、深く感じ入って心が奮い立つこと。「恐懼」は恐れ慎むこと。恐れ敬う相手から厚意を受けた時などに使う言葉。


薑桂之性(きょうけいのせい)

年老いてますます剛直なことのたとえ。また、特有の性質は簡単には変わらないたとえ。「薑」はしょうが。「桂」は肉桂(にっき)。ともに古くなってもその辛さを失わず、辛さを増すことからいう。


狂言綺語(きょうげんきご)

道理に合わない言葉や、巧みに表面だけを飾った言葉。転じて、虚構や文飾の多い小説・物語・戯曲などを卑しめていう語。「狂言」は道理に外れた言葉。「綺語」はうまく飾った言葉。


恐惶謹言(きょうこうきんげん)

恐れかしこまり、つつしんで申し上げる意。相手に敬意を表するために手紙の末尾に用いる語。「恐惶」は恐れかしこまること。「敬具」「敬白」などと同様に用いる。


匡衡壁鑿(きょうこうへきさく)

貧しい生活をしながら勉学に励みがんばること。苦学すること。


驕奢淫逸(きょうしゃいんいつ)

思うままにぜいたくをし、人の道にはずれたみだらな行いをすること。また、そのさま。主に酒色についていうことば。


拱手傍観(きょうしゅぼうかん)

何もせずに脇で眺めていること。「拱手」は手をこまぬくの意味。


驚心動魄(きょうしんどうはく)

心の底から深い感動を呼び起こすこと。深く感動することをいう。


協心戮力(きょうしんりくりょく)

全員の力を結集し、一致協力して任務に当たること。「戮」には合わせる、一つにする意があり、「戮力」は力を合わせること。「協心」は心を乱さず、調和をはかること。


驕兵必敗(きょうへいひっぱい)

思い上がった軍隊は必ず敗れるということ。


嚮壁虚造(きょうへききょぞう)

根拠もないのに、むやみにありもしない物、または情況を作り出すこと。


狂瀾怒濤(きょうらんどとう)

物事がひどく乱れていること。


曲水流觴(きょくすいりゅうしょう)

屈曲した小川の流れに杯を浮かべ、それが自分の前を流れ過ぎてしまわないうちに詩歌を作り、杯の酒を飲むという風雅な遊び。もと陰暦三月三日(また、上巳の日)に行われた風習。


曲突徙薪(きょくとつししん)

災いが起こるのを未然に防ぐことのたとえ。煙突を曲げ薪をかたわらに移して、火事になることを防ぐ意から。


虚静恬淡(きょせいてんたん)

心静かでわだかまりがなく、さっぱりしているさま。もと道家の修養法の語。


虚無縹渺(きょむひょうびょう)

何物もない空間が、無辺際に広がっている様子の形容。 「縹渺」は広々としている様。 遠くはるかに見えるさま。


毀誉褒貶(きよほうへん)

褒めたり悪口を言ったりすること。さまざまな世評。「毀」と「貶」は、そしること、「誉」と「褒」は、ほめること。


騎驢覓驢(きろべきろ)

身近にあるものを、わざわざ他に求めるおろかさのこと。


金甌無欠(きんおうむけつ)

物事が完全で欠点がないたとえ。特に、外国からの侵略を受けたことがなく、安泰で堅固な国家や天子の位のたとえ。黄金の瓶に少しも欠け損じたところがない意から。


金塊珠礫(きんかいしゅれき)

並外れて贅沢の限りをつくすたとえ。金を土くれと同じくみなし真珠などの宝玉を小石のように無価値にみなす意。


槿花一朝(きんかいっちょう)

人の世のはかないことのたとえ。


巾幗之贈(きんかくのぞう)

めめしい考えや行為をはずかしめること。


緊褌一番(きんこんいちばん)

心を引き締めて物事に当たること。難しいことや大勝負の前の心構えをいう言葉。「褌を締めてかかる」と同じ意味。
「緊褌」はふんどしを引き締めること。「一番」は重要な場面のこと。


琴瑟相和(きんしつそうわ)

人と人の仲、特に夫婦の仲がむつまじいことのたとえ。


擒縦自在(きんしょうじざい)

自分の思うとおりに人を扱うこと。とらえることも放す事も思うがままに自由自在にあやつること。


禽獣夷狄(きんじゅういてき)

中国周辺にいる異民族を卑しんでいう語。


疑雲猜霧(ぎうんさいむ)

周囲の人の疑ったりねたんだりする気持ちが、雲や霧がかかったように晴れないさま。


巍然屹立(ぎぜんきつりつ)

人や物などが、他よりも抜きん出て優れているさま。「巍然」は山がとても大きく高い様子。「屹立」は一際高く立っていること。「巍然として屹立す」とも読む。


牛溲馬勃(ぎゅうしゅうばぼつ)

つまらないものや、役に立たない無用なもののたとえ。


仰観俯察(ぎょうかんふさつ)

地面を覗き見て植生や地理を知り、空を仰ぎ見て天文や気象を勉強すること。


澆季溷濁(ぎょうきこんだく)

道徳や人情が軽薄になり、風俗の乱れた世の中。「澆季」は道徳や人情などが乱れた、時代が終わる寸前のこと。「溷濁」は濁るや、汚れるということ。


澆季末世(ぎょうきまっせ)

人々の心が荒れ、道徳が薄れた世の中。


仰天不愧(ぎょうてんふき)

心にやましいことがなければ、天に対して恥じることはないということ。


玉石混淆(ぎょくせきこんこう)

優れたものと、劣ったものが混じっていること。


玉石同匱(ぎょくせきどうき)

よいものと悪いもの、賢者と愚者が同じように扱われて区別がつかないたとえ。玉と石が同じ箱の中で交じり合う意。


玉蟾金兎(ぎょくせんきんと)

月の別名。


玉兎銀蟾(ぎょくとぎんせん)

月のこと。「玉兎」は月にすむといううさぎ。「銀蟾」は月にすむというひきがえる。それぞれ転じて、月の意。


魚爛土崩(ぎょらんどほう)

国家や物事が内側から壊れてなくなること。


空谷跫音(くうこくのきょうおん)

孤独な暮らしをしているとき、思いがけず知人が訪れたり、珍しい便りをもらうなどの喜びのたとえ。


苦心惨憺(くしんさんたん)

心をくだいて非常な苦労を重ね、工夫を凝らすこと。


狗吠緇衣(くはいしい)

いつも着ている服装を変えると怪しまれてしまうこと。


狗尾続貂(くびぞくちょう)

劣った者がすぐれた者のあとを続けるたとえ。
すぐれた者に粗悪な者が続くたとえ。


区聞陬見(くぶんすうけん)

学問や見識がきわめて狭く、かたよっていること。


君恩海壑(くんおんかいがく)

君主の恩は、海や谷のように深ありがたいものであるということ。


葷酒山門(くんしゅさんもん)

修行のじゃまになるので、臭いものや酒を寺院に持ち込んだりそのような物を飲食した者は寺院の中に入ってはいけないということ。


群蟻附羶(ぐんぎふせん)

利益のあるところに人が群がり集まることを卑しむこと。
「群蟻、羶に附く」とも訓読する。


経営惨憺(けいえいさんたん)

心をくだき、悩ましてあれこれ考え計画すること。もと、唐の画家の曹覇が絵の構図をあれこれ苦心して考えたことをいう。「惨憺」は心を悩ますこと。「経営」はあれこれ考えて営む意。


軽裘肥馬(けいきゅうひば)

非常に富貴なさま。また、富貴な人の外出のときの装い。転じて、富貴の人。軽くて美しい皮ごろもと肥えた立派な馬の意から。「裘」は皮ごろものこと。「軽裘」は軽くて高価な皮ごろも。略して「軽肥」ともいう。また「肥馬軽裘」ともいう。


荊棘叢裏(けいきょくそうり)

乱臣や悪臣のたとえ。


荊棘銅駝(けいきょくどうだ)

国の滅亡を嘆くことのたとえ。宮殿が破壊され尽くし、銅製のらくだがいばらの中にうち捨てられているのを嘆く意。「銅駝の荊棘中に在るを歎く」の略。「荊棘」はいばらの意で、乱れた状態のたとえ。「駝」はらくだ。


桂玉之艱(けいぎょくのかん)

よそから物価の高い都会に来て、生活難に悩みながら暮らすことのたとえ。また、都会に出てきて苦学することのたとえ。


荊釵布裙(けいさいふくん)

粗末な服装のたとえ。女性のつつましさにいう。「荊釵」はいばらのかんむり、「布裙」は布のもすその意。


鶏尸牛従(けいしぎゅうしょう)

大きな集団や組織の末端にいるより、小さくてもよいから長となって重んじられるほうがよいということ。


瓊枝玉葉(けいしぎょくよう)

天皇や天子の一族・子孫のたとえ。また、高貴な家の子弟のこと。 「瓊」は、光りかがやく玉。「枝」と「葉」は、木の枝、木の葉のこと。転じて、子孫のたとえ。


瓊枝栴檀(けいしせんだん)

徳の高い人のたとえ。また、すばらしい詩文のたとえ。 「瓊」は、玉。「瓊枝」は、美しい玉の実がなるという木のこと。「栴檀」は、香木の一種である白檀の別名。ともに、すぐれたもののたとえ。


勁草之節(けいそうのせつ)

節操や意志が固いこと。「勁草」は強風にも屈しない強い草のこと。


傾側偃仰(けいそくえんぎょう)

世間の片隅で、世の中の流れにまかせて暮らすこと。「傾側」は、片隅にいることから転じて、世間の片隅で生きること。「偃仰」は、伏したり仰いだり、また、寝たり起きたりすることから転じて、世の流れの中で浮き沈みすること。「偃仰」は、「えんこう」とも読む。


軽佻浮薄(けいちょうふはく)

行動や考えが、軽はずみで浮ついていること。


軽妙洒脱(けいみょうしゃだつ)

会話や文章などが、軽やかで洗練されていること。また、そのさま。軽やかで洒落ていること。さわやかで、洗練されていて、俗っぽくないこと。


鶏鳴狗盗(けいめいくとう)

小さな策を弄(ろう)する人や、くだらなかったり、つまらなかったりすることしかできない人のこと。また、つまらないことでも、なにかの役に立つことがあるということ。


形容枯槁(けいようここう)

顔だちがやせ衰えて生気がないさま。やつれること。「形容」は、顔だち・容貌のこと。「枯」も「槁」も、枯れる。「枯槁」は、草木が枯れること。転じて、やせ衰えること。また、生気がないさま。


厥角稽首(けっかくけいしゅ)

相手に対して最敬礼すること。


結跏趺坐(けっかふざ)

仏教の座法の一つ。左右の足の甲を反対の足のももの上に交差し、足の裏が上を向くように組む座法。特に禅宗では座禅の正しい姿勢としている。


譎詭変幻(けっきへんげん)

さまざまに奇異なようすにかわること。


狷介孤高(けんかいここう)

自分の意志をかたく守って、人々から離れ品格を高く保っていること。俗世に超然としていること。


狷介固陋(けんかいころう)

かたくなに自分の意志を守って、人のことを受け入れないさま。また、かたくなで頑固なさま。「狷介」は自分を固く守って妥協しないさま。「固陋」は自分の狭い視野にとらわれてかたくななさま。


狷介不羈(けんかいふき)

自分の意志を固く守って、何者にも束縛されないこと。


懸崖勒馬(けんがいろくば)

危ういところではっと気づいて引き返すこと。特に、情欲に溺れて危うくなったとき、急に我に返ること。


喧喧囂囂(けんけんごうごう)

多くの人が、口やかましくさわぐこと。また、やかましく騒ぎ立てて、収拾がつかないようすのこと。


蹇蹇匪躬(けんけんひきゅう)

自分のことは後回しにして苦労を重ね、主人に尽くすこと。


拳拳服膺(けんけんふくよう)

人の教えや言葉などを、心にしっかりと留めて決して忘れないこと。両手で物を大切に捧ささげ持って胸につける意から。


乾坤一擲(けんこんいってき)

運命を賭けて、いちかばちかの大勝負をすること。


妍姿艶質(けんしえんしつ)

華やかで美しい姿。


乾端坤倪(けんたんこんげい)

天地の果てのこと。


剣抜弩張(けんばつどちょう)

情勢が緊迫して今にも戦いがはじまりそうなたとえ。また、書道で筆力がはげしくて気迫がこもっているたとえ。


肩摩轂撃(けんまこくげき)

人や車の往来が激しいこと。混雑していること。


絢爛豪華(けんらんごうか)

ぜいたくで、きらびやかであること。きらきら輝いてはでなこと。


牽攣乖隔(けんれんかいかく)

心は互いに引かれあいながら遠く隔たっていること。


黔驢之技(けんろのぎ)

自分の稚拙な腕前を自覚せずに示して恥をかくこと。また、見かけ倒しの劣った腕前・技量。


霓裳羽衣(げいしょううい)

薄絹などで作った、女性の美しくて軽やかな衣装のこと。また、舞曲の名。もと西域から伝来したものという。一説に唐の玄宗が仙人と月宮に遊び、仙女の舞を見たが、玄宗はその音調を覚えて帰り、楽士にそのとおり作らせたのがこの楽曲という。楊貴妃はこの舞を得意としたとされる。「霓裳」は虹のように美しいもすそ(スカート)の意。「霓」は虹。「羽衣」は鳥の羽で作った軽い衣。天のはごろも。天人や仙人が着て空を飛ぶという。


月下推敲(げっかすいこう)

詩や文章を作るとき、その語句や表現などを何度も練り直すこと。「推」は、押す。「敲」は、物をたたく。詩句の「推」を「敲」にするかどうか迷うの意から。「推敲」の語源となったことば。


月中蟾蜍(げっちゅうのせんじょ)

中国古代の伝説で、月にすむといわれるヒキガエルのこと。


阮簡曠達(げんかんこうたつ)

人柄が大らかなたとえ。


言行齟齬(げんこうそご)

言葉で表した内容と、その人の行動とが食い違うこと。


厳塞要徼(げんさいようきょう)

守りの堅いとりでのたとえ。


阮籍青眼(げんせきせいがん)

阮籍は俗世にこだわらない人であったが、自分の気に入った人は黒い目で迎え、世俗にとらわれた気にいらない人には白い目で応対したこと。


黄衣廩食(こういりんしょく)

黄色の衣を身に着け俸禄を受けるもの。宮中に仕える宦官のこと。


後悔噬臍(こうかいぜいせい)

後になって悔やんでも、いまさらどうしようもないこと。


篝火狐鳴(こうかこめい)

不可思議なことで民衆を惑わすこと。


効果覿面(こうかてきめん)

結果や効き目がすぐに現れること。


広厦万間(こうかばんげん)

非常に大きな家のたとえ。転じて、貧しい人々を庇護することのたとえ。


慷慨憤激(こうがいふんげき)

政治や社会など世の中の不正や自分の不運などを激しく憤り嘆くこと。


高牙大纛(こうがだいとう)

高い地位のしるし。


香気芬芬(こうきふんぷん)

よいにおいが一面に香ること。


敲金撃石(こうきんげきせき)

金を敲き石を撃つ」とも読み、詩や文章の音の響きやリズムが美しいことのたとえ。


皓月千里(こうげつせんり)

白く輝く月が千里のかなたまで照らしている様子。


槁項黄馘(こうこうこうかく)

痩せて細くなった首すじと、酷くやつれた顔。


恍恍惚惚(こうこうこつこつ)

うっとりしているさま。ぼうっとして我を忘れているさま。


膏肓之疾(こうこうのしつ)

不治の病、難病のこと。または、物事に夢中になりすぎて、やめられないこと。


行尸走肉(こうしそうにく)

才能や学問もなく、何の役にも立たない無能な人のたとえ。


高車駟馬(こうしゃしば)

身高位高官の地位にある人が乗るりっぱな車のこと。または、高貴な人のこと。


鉤章棘句(こうしょうきょくく)

ものすごく読みにくい文章のこと。または、奇怪で難しい文章のこと。


苟且偸安(こうしょとうあん)

将来のことを考えず、物事をなおざりにして一時の安楽をむさぼること。


嚆矢濫觴(こうしらんしょう)

物事のはじまり、おこり。


曠日弥久(こうじつびきゅう)

長い期間なにもせずに、無駄な日々を過ごすこと。または、むだに時間を過ごして事を長引かせること。


曠世之感(こうせいのかん)

世に類例がないような感じのこと。


曠世之才(こうせいのさい)

この世に比類のないすぐれた才能。


曠世不羈(こうせいふき)

長くてなずけることができないこと。または、長い期間拘束することができないという意味。


荒瘠斥鹵(こうせきせきろ)

土地が荒れ痩せていること。


恍然大悟(こうぜんたいご)

思い定まらないでいるときに、一瞬のひらめきから悟りを得ること。


高談闊歩(こうだんかっぽ)

自由に議論して、大股に歩くこと。気ままなさま。


狡兎三窟(こうとさんくつ)

身を守るのに用心深いこと。また、困難をさけるのにたくみであること。


狡兎良狗(こうとりょうく)

戦ってきた敵国が滅びると、戦闘に功績のあった家臣が有害無用として殺されることのたとえ。転じて、役に立つときはさんざん利用され、不要になると見捨てられることのたとえ。


黄髪垂髫(こうはつすいちょう)

老人と子どものこと。


洪範九疇(こうはんきゅうちゅう)

模範となる大切な政治道徳のこと。


敲氷求火(こうひょうきゅうか)

方法を誤ったり見当違いのことをしても、目的は達せられないたとえ。見当違いの無理な望みを持つこと。


好評嘖嘖(こうひょうさくさく)

非常に評判のよいさま。


光風霽月(こうふうせいげつ)

心が清らかでわだかまりがなく、爽快であること。


咬文嚼字(こうぶんしゃくじ)

文字使いなど表面的な技巧にばかりこだわって、文章の内容や意味をおろそかにすること。また、ぐずぐず言う。いろいろ言う。 知識をひけらかすような話し方や文章を弄するばかりで実際の役に立たない知識人を揶揄する語としても用いる。


光芒一閃(こうぼういっせん)

事態が急激に瞬間的に変化すること。


槁木死灰(こうぼくしかい)

衰えて生気がないさま。また、意欲に乏しいさま。無為自然の境地にあること。


孔翊絶書(こうよくぜっしょ)

政治に私情をさしはさまないたとえ。


洽覧深識(こうらんしんしき)

見聞が広く、知識が深く豊富であること。


黄粱一炊(こうりょういっすい)

一生が夢幻のようにはかないことのたとえ。


膏粱子弟(こうりょうしてい)

裕福な家に生まれた者のたとえ。


蛟竜毒蛇(こうりょうどくだ)

不気味で恐ろしいもののたとえ。


亢竜有悔(こうりょうゆうかい)

きわめて高い地位にあるもの、栄達をきわめた者は、失敗をするおそれがあることを戒める言葉。


高楼大廈(こうろうたいか)

大きな建物のこと。豪壮な建物のこと。


孤影悄然(こえいしょうぜん)

ひとりっぼちでしょんぼりしている様子。


胡漢陵轢(こかんりょうれき)

北方(西方)の異民族と漢民族がたがいにおかし争うこと。


狐裘羔袖(こきゅうこうしゅう)

全体は立派だが細部に問題があること。「狐裘にして羔袖す」とも読む。


狐裘蒙戎(こきゅうもうじゅう)

富貴の人の行いがおさまらず国家が乱れることのたとえ。


狐疑逡巡(こぎしゅんじゅん)

疑ったり、ためらったりして、なかなか決断がつかずにぐずぐずしていること。
優柔不断なこと。


枯魚銜索(こぎょかんさく)

人の命ははかなく短いものであるから、親が生きているうちに孝行をしなさいということ。


哭岐泣練(こくききゅうれん)

人は習慣や心がけ次第で、善人にも悪人にもなるということ。


轂撃肩摩(こくげきけんま)

人や車の往来が激しいこと。混雑していること。


黒貂之裘(こくちょうのきゅう)

非常に高価なもののたとえ。


黒白混淆(こくびゃくこんこう)

よいことと悪いことの区別をわきまえないこと。


国歩艱難(こくほかんなん)

国勢が振るわず、国家の運命が危ういこと。


虎視眈眈(こしたんたん)

すきがあればつけこもうと、じっと機会をねらうこと。


虎嘯風生(こしょうふうしょう)

すぐれた能力を持つ人が機会を得て奮起すること。「虎嘯いて風生ず」とも読む。


古人糟魄(こじんのそうはく)

言葉や文章では、聖人・賢人の本質を伝えることは不可能だということ。


鼓舌揺脣(こぜつようしん)

盛んにしゃべりたてること。


滑稽洒脱(こっけいしゃだつ)

機知に富んだ言動や知恵で、洗練されていること。知力に富み、巧みにおもしろく言いこなして、俗気がなくあかぬけしていてさっぱりとしているさま。


涸轍鮒魚(こてつのふぎょ)

危険が目の前に迫っている状況。または、そのような状況の人のこと。


孤独矜寡(こどくかんか)

四種の苦しみでうったえるところのない人。


虚融澹泊(こゆうたんぱく)

悟りの境地にいたること。


孤陋寡聞(ころうかぶん)

学問が偏っていて狭く、見識が少ないこと。


渾金璞玉(こんきんはくぎょく)

人の素質がすぐれていて飾りけのないたとえ。


渾渾沌沌(こんこんとんとん)

入り乱れて明らかでないさま。


根深柢固(こんしんていこ)

物事の基礎をしっかり固めること。


渾然一体(こんぜんいったい)

別々のものが、とけあって区別がつかないこと。


昏定晨省(こんていしんせい)

親に孝行をつくすこと。


蒟蒻問答(こんにゃくもんどう)

まとはずれで、とんちんかんな質問や返事のこと。


魂飛魄散(こんひはくさん)

おおいに驚き恐れること。


渾崙呑棗(こんろんどんそう)

人の教えのただ鵜呑みにするだけでは、その真理を会得することはできないということ。


豪華絢爛(ごうかけんらん)

ぜいたくで華やかで、きらびやかで美しいさま。


合歓綢繆(ごうかんちゅうびゅう)

男女が親しく愛し合うさま。


剛毅木訥(ごうきぼくとつ)

意思が強く、飾り気がなく無口なこと。また、そのさま。


豪放磊落(ごうほうらいらく)

心が広く、小さいことにはこだわらないこと。また、そのさま。


毫末之利(ごうまつのり)

ほんのわずかな利益のこと。


毫毛斧柯(ごうもうふか)

わざわいは小さいうちに取り除くべきだということ。


毫釐千里(ごうりせんり)

最初を慎むべきことをいう言葉。


五蘊皆空(ごうんかいくう)

仏教で、人間界の存在や現象は、一切空であるということ。


呉牛喘月(ごぎゅうぜんげつ)

過度におびえることのたとえ。
また、疑いの心があると、なんでもないことにも恐れたり、疑ったりしてしまうことのたとえ。


五行相剋(ごぎょうそうこく)

水・火・金・木・土の五つの根元要素が互いに力を減じ合い、水は火に、火は金に、金は木に、木は土に、土は水に勝つという考え方。五行の徳を歴代の王朝にあてはめて変遷の順を理論づけた学説の一つ。


極楽蜻蛉(ごくらくとんぼ)

事の重大さをまったく考えない気楽なのんき者のこと。そのような人を軽くあざけっていう語。


五臓六腑(ごぞうろっぷ)

人間の全ての内臓のこと、体の中すべて、または腹の中、心の中のこと。


寤寐思服(ごびしふく)

寝ても冷めても忘れないこと。また、人を思う情が切ないこと。

「さ行」漢検1級の四字熟語一覧

斎戒沐浴(さいかいもくよく)

神仏に祈ったり、神聖な仕事をする前に、飲食や行動を慎んで、水を浴びて心身を清めること。


才気煥発(さいきかんぱつ)

すぐれた才能が外にあふれ出ること。またそのさま。


灑灑落落(さいさいらくらく)

性格や言動がさっぱりしていて、物事にこだわらないさま。


妻子眷族(さいしけんぞく)

妻と子、家族と血縁関係にある親族のこと。


載籍浩瀚(さいせきこうかん)

数えきれないほどの書物があること。書籍に埋もれんばかりのさま。


灑掃応対(さいそうおうたい)

日常生活に必要な仕事や作法のこと。ふきそうじをすることと、応対すること。


彩鳳随鴉(さいほうずいあ)

自分より劣る人に嫁がされること。また、それに不満を持つこと。転じて、夫人が夫をぞんざいに遇すること。


菜圃麦隴(さいほばくろう)

水をたたえずに、野菜や穀類を栽培する農耕地、すなわち畑のこと。


豺狼当路(さいろうとうろ)

悪い者たちが、わが物顔で、のさばっているさま。また、暴虐で、悪徳な人間が、重要な地位にあって権力を握っていること。


鑿歯尺牘(さくしせきとく)

晋の習鑿歯は、手紙で議論するのにすぐれていた。


鑿壁偸光(さくへきとうこう)

苦学することのたとえ。壁に穴をあけて隣家の光をぬすんで学ぶという意味。


左顧右眄(さこうべん)

周りを気にして、なかなか決断を下さないこと。他人の様子をうかがって、決断をためらうこと。左を見たり右を見たりする意から。もとは、ゆったりと得意で余裕のある様子をいった語。


瑣砕細膩(ささいさいじ)

情のこまやかなこと。


左眄右顧(さべんうこ)

右を見たり左を見たりして、周りの様子を窺うだけですぐに結論を出すことができないこと。


三槐九棘(さんかいきゅうきょく)

三公九卿。政界の最高幹部のこと。


三跪九叩(さんききゅうこう)

清朝の敬礼法。 三度ひざまずき、九度頭を地につけて拝礼することをいう。


三釁三浴(さんきんさんよく)

何度もからだに香を塗ってよい香りをつけ、何度もからだを洗い清めること。人を待つときなど相手を大切に思う情をいう。


三薫三沐(さんくんさんもく)

相手を大切に思う心をあらわす語。


三豕渉河(さんししょうか)

文字の誤り。文字を誤って読んだり書いたりすること。


三世一爨(さんせいいっさん)

親、子、孫の三世代の家族が一つ屋根の下に住まうこと。


惨憺経営(さんたんけいえい)


三面六臂(さんめんろっぴ)

三つの顔と六つの腕をもつ意から、一人で何人分かの働きをすること。また、一人で多方面にわたって活躍すること。


在邇求遠(ざいじきゅうえん)

人として進むべき正しい道は自分自身の中に求めるべきなのに、哀れにも人は遠いところにそれを求めようとするという意味。


斬釘截鉄(ざんていせってつ)

くぎや鉄を断ち切る。毅然として決断力があるたとえ。


讒諂面諛(ざんてんめんゆ)

人の悪口を言ってこびへつらうこと。


残杯冷炙(ざんぱいれいしゃ)

ひどい待遇や冷たい扱いをされること。恥辱や屈辱を受けるたとえ。貧しい食事や食べ残しで接待されるような屈辱を受けること。


讒謗罵詈(ざんぼうばり)

ありとあらゆる悪口をいうこと。


尸位素餐(しいそさん)

ある地位にありながら職責を果たさず、無駄に禄をもらっていること。また、その人。


侈衣美食(しいびしょく)

豪華な衣装やおいしい食事のことで、ぜいたくな暮らしのこと。衣類や食べ物に、ぜいの限りを尽くすこと。


駟介旁旁(しかいほうほう)


止渇飲鴆(しかついんちん)


四衢八街(しくはちがい)

大きな通りが四方八方に通じた大きな町。交通などの便がよく、にぎわう町の形容。


舐糠及米(しこうきゅうまい)

被害がだんだん拡大すること。


豕交獣畜(しこうじゅうちく)

豚なみにあしらい、獣なみに養う。礼をもって人を待遇せず、獣や家畜と同じようにとりあつかうこと。


師曠之聡(しこうのそう)

耳が鋭敏なことのたとえ。師曠のように耳がさといという意味。


獅子搏兎(ししはくと)

容易だと思われることでも、全力をあげて努めるべきだということ。手抜き・妥協・手加減をせず何事にも全力を尽くすこと。


舐痔得車(しじとくしゃ)

卑しい行為をしてまで大きな利益を得る行為を揶揄する場合に用いる。


詩人蛻骨(しじんぜいこつ)

銘茶をたたえる言葉。また、銘茶のこと。


死生契闊(しせいけっかつ)

生死を共にすることを約束し、共に苦労し努力すること。
仲の良い友人同士が「生きるも死ぬも一緒だ」と約束を交わして、共に苦労したり励んだりすること。


咫尺之書(しせきのしょ)

ごく短い手紙のこと。簡単な書状。


紫髯緑眼(しぜんりょくがん)

西洋人。また、西洋人の顔の形容。赤茶色のほおひげと青い目という意味。わが国ではオランダ人などを紅毛人、紅毛碧眼などといった。


七嘴八舌(しちしはちぜつ)

意見の多いこと。またあちこちから意見の出ること。七つのくちばしと八つの舌という意味。


七種菜羹(しちしゅのさいこう)

七種の野菜の汁物。または、七草がゆ。陰暦一月七日にこれを食べる。


七縦七擒(しちしょうしちきん)

敵を捕らえたり逃がしたりして味方にすること。


史籀大篆(しちゅうだいてん)

史籀が大篆という書体を作った。


失魂落魄(しっこんらくはく)

ひどく驚き、あわてふためく。また、精神が不安定で奇怪な行動をすること。


叱咤激励(しったげきれい)

大声で激しく叱ったり励ましたりして、奮い立たせる事。鼓舞すること。
力づける。


疾風勁草(しっぷうけいそう)

苦境に立ったとき、はじめてその人物の真価がわかるというたとえ。


櫛風沐雨(しっぷうもくう)

非常に苦労することのたとえ。風雨にもめげずよく働くこと。


疾言遽色(しつげんきょしょく)

落ち着きがないこと。早口でしゃべり、あわてた顔つきをすること。


舐犢之愛(しとくのあい)

親が子をむやみに愛すること。


子墨兎毫(しぼくとごう)

文人。詩文をつくる人。


徙木之信(しぼくのしん)

約束を実行するたとえ。とくに政府は法の権威と信用を人民に示すべきであるということ。


揣摩臆測(しまおくそく)

根拠もないのに、自分だけで勝手に推測すること。
自分だけの判断で物事の状態や他人の心中などを推量すること。
明確な根拠もなく、自分だけの想像で、物事の状況や人の事情・気持ちなどを、あれこれ推し量ること。


鴟目虎吻(しもくこふん)

残忍で凶暴な人相のたとえ。


車胤聚蛍(しゃいんしゅうけい)

苦学のたとえ。


奢侈淫佚(しゃしいんいつ)

度をこしたぜいたくをし、不道徳な楽しみにふけること。


奢侈文弱(しゃしぶんじゃく)

おごり、ぜいたくをつくし、文事ばかりにふけって、おとなしく、気が弱いこと。


洒洒落落(しゃしゃらくらく)

さっぱりとして物事にとらわれないさま。人の性格や態度などについていう。


社稷之臣(しゃしょくのしん)

国家の重臣。


社稷之守(しゃしょくのまもり)

国家の守りとなる臣。


醜悪奸邪(しゅうあくかんじゃ)

非常にみにくくよこしまなこと。また、そういう人。


拾遺補闕(しゅういほけつ)

見逃している過失をみつけて、それを正し補うこと。


衆賢茅茹(しゅうけんぼうじょ)

多くの賢人が協力しあうこと。


秋毫之末(しゅうごうのすえ)

ほんの少し。ごく小さい微細なものをいう。


聚散十春(しゅうさんじっしゅん)

別離のあとまたたくまに歳月が経過したということ。


袖手傍観(しゅうしゅぼうかん)

何もしないでそばで見ていること。ただ傍らで見ているだけで成り行きにまかせるという意味。また、思案にくれるさま。


秋風冽冽(しゅうふうれつれつ)

寒々と吹く秋風のように、厳しく冷たいこと。


聚蚊成雷(しゅうぶんせいらい)

小さなものも、たくさん集まると大きな力になるということ。また、多くの人が口をそろえて言いたてて、害悪を生じること。


酒甕飯嚢(しゅおうはんのう)

無知無能の人。


夙夜夢寐(しゅくやむび)

朝早くから夜おそくまで。また、寝てもさめても、終日絶えずということ。


朱脣皓歯(しゅしんこうし)

美人の形容。


珠襦玉匣(しゅじゅぎょっこう)

美しいもののたとえ。黄金の糸で珠玉を縫い合わせて作った短衣と玉を飾りつけた美しい箱の意味。昔、帝王や諸侯など高貴な人の死を送るのに用いた。


朱墨爛然(しゅぼくらんぜん)

学問や研究に専念することのたとえ。


春寒料峭(しゅんかんりょうしょう)

春になっても寒さが残り、春風が肌にうすら寒く感じられるさま。「料峭」の「料」はなでる、触れる、「峭」はきびしいという意味。


春風駘蕩(しゅんぷうたいとう)

春の景色ののどかな様子のこと。春の風がそよそよと気持ちよく吹く様子のこと。
また、温和でのんびりとした人柄のこと。


笙磬同音(しょうけいどうおん)

人が心を合わせて仲良くするたとえ。各楽器の音が調和するという意味。


商山四皓(しょうざんのしこう)

商山に隠れた四人の老人。


銷鑠縮栗(しょうしゃくしゅくりつ)

意気が阻喪して縮み上がっておそれること。


漿酒霍肉(しょうしゅかくにく)

非常にぜいたくなことのたとえ。酒を水のように肉を豆の葉のようにみるという意味。


瀟湘八景(しょうしょうはっけい)

瀟湘地方の八つの景勝。山市晴嵐・漁村夕照・遠浦帰帆・瀟湘夜雨・煙寺晩鐘・洞庭秋月・平沙落雁・江天暮雪をいう。北宋の宋迪 (そうてき) がこれを描き、画題によく用いられる。日本の近江八景・金沢八景はこれに倣ったもの。


牀上施牀(しょうじょうししょう)

無意味な重複、新味のないこと、独創性のないことのたとえ。


焦頭爛額(しょうとうらんがく)

事前の予防を考えた者を賞さず、末端の些末なものを重視するたとえ。根本を忘れ、些末なことを重視するたとえ。また、処理に手こずりせっぱつまって苦労することのたとえ。火災を消すために頭の毛を焦がし、額にやけどをおった者が賞される意から。


嘯風弄月(しょうふうろうげつ)

自然の風景に親しみ、風流を好んで楽しむこと。


生滅滅已(しょうめつめつい)

生と滅、生きることと死ぬことがなくなって、ともに存しないこと。生滅無常の現世を離れて生死を超越した涅槃に入ること。


逍遥自在(しょうようじざい)

俗事をはなれて気ままに楽しむこと。


逍遥法外(しょうようほうがい)

法律を犯した者が罰を受けないで自由に生活していること。


蜀犬吠日(しょくけんはいじつ)

無知な人は、当たり前の事柄にも、怪しんで恐れること。また、見識もなく劣った者が、他人の言動をむやみに批判すること。


嗇夫利口(しょくふりこう)

身分は低いが、口が達者な男のこと。


緇林杏壇(しりんきょうだん)

学問所、講堂のこと。


砥礪切磋(しれいせっさ)

学問に励み、品性を養って、大成することを目指すこと。


眥裂髪指(しれつはっし)

激しくいきどおるさま。まなじりが裂け髪が天をつくという意味。


四六駢儷(しろくべんれい)

四字句と六字句の対句を多く用いた修辞的な文体。四六駢儷文のこと。


神韻縹渺(しんいんひょうびょう)

芸術作品のもつたいそう奥深くすぐれた趣のこと。


心悸亢進(しんきこうしん)

心臓の鼓動が高まり、どきどきと激しく打つこと。運動の後や感情の動きにより、動悸が高まること。


晨去暮来(しんきょぼらい)

朝方に去って夕暮れにもどる。


心広体胖(しんこうたいはん)

心が広く穏やかであれば、外見上の体もゆったりと落ち着いて見えるということ。


深根固柢(しんこんこてい)

物事の基礎をしっかり固めること。


脣歯輔車(しんしほしゃ)

お互いに助け合う密接な関係。


斟酌折衷(しんしゃくせっちゅう)

事情をくみとってほどよくはからい、その中をとること。


浸潤之譖(しんじゅんのそしり)

水が次第に物にしみこむように、中傷の言葉が徐々に深く信じられるようになること。


晨星落落(しんせいらくらく)

しだいに仲のよい友人がいなくなること。また、友人が年とともにだんだん死んでいなくなること。


振臂一呼(しんぴいっこ)

つとめてみずから奮起するたとえ。


神仏混淆(しんぶつこんこう)

神道と仏教をうまく融合し調和させること。


脣亡歯寒(しんぼうしかん)

密接な関係にあるものの一方が滅びると片方も危うくなること。


瞋目張胆(しんもくちょうたん)

大いに勇気をうちふるうさま。


晨夜兼道(しんやけんどう)

昼夜の区別なく急行すること。仕事を急いで行うこと。


蜃楼海市(しんろうかいし)

現実性に乏しい考えや理論。また、根拠がなくありもしないこと。


舳艫千里(じくろせんり)

多数の舟がはるか彼方まで連なること。


自己韜晦(じことうかい)

自分の本心や学識、地位などを隠して知られないようにすること。節操を知り、自分をひけらかさないこと。


実践躬行(じっせんきゅうこう)

自分自身の力で実際にすすんで行動してみること。


日月逾邁(じつげつゆまい)

月日がどんどん過ぎていくこと。また、年老いて死期が近くなること。


鵲巣鳩居(じゃくそうきゅうきょ)


鵲巣鳩占(じゃくそうきゅうせん)

他人の地位や成功を横取りすること。または、嫁いできた女性が夫の家をわが家とすることのたとえ。巣作りが得意な鵲の巣に鳩が住み着くという意味。


邪智奸佞(じゃちかんねい)

性格がねじれていて悪知恵がはたらくこと。


獣聚鳥散(じゅうしゅうちょうさん)

統率や規律のとれていない集まりのたとえ。けもののように集まり、鳥のように散り行くという意味。


戎馬倥偬(じゅうばこうそう)

戦場にあって忙しく軍務を行うこと。


朮羹艾酒(じゅっこうがいしゅ)

朮でつくった羹(吸い物)とよもぎがはいった酒のこと。


蓴羹鱸膾(じゅんこうろかい)

故郷を懐かしく思う情。


自由闊達(じゆうかったつ)

心が広くて小さな物事にこだわらず、のびのびしているさま。何事にも束縛されることなく、自らの意志を遂行できる様子。度量が大きく、頼りがいのあるさま。


常山蛇勢(じょうざんのだせい)

統一がとれていて、欠陥やすきがまったくないこと。どこをとっても整然として、うまく組み立てられている文章や態勢のこと。また、先陣・後陣と右陣・左陣のどれもが互いに呼応して戦う陣法のこと。


畳牀架屋(じょうしょうかおく)

重複して、無駄なことをすること。床の上に床を張り、屋根の上にさらに屋根を作るという意味。また、真似ばかりしていることもいう。


躡足附耳(じょうそくふじ)

注意するときに、相手を傷つけないような配慮が大切であるということ。


攘臂疾言(じょうひしつげん)

うでまくりをして、はやくちに話すこと。得意げな様子。


常備不懈(じょうびふかい)

常日頃から怠らず備えておくこと。


持粱歯肥(じりょうしひ)

ご馳走を食べること。また、ご馳走を食べられる身分になること。上等な食物を盛った器を手に持ち肥えた肉を食べるという意味。


人権蹂躙(じんけんじゅうりん)

国家が国民の基本的人権を侵害すること。また、強い立場の者が弱い立場の者の人権を侵犯すること。「蹂躙」は踏みにじること。


人口膾炙(じんこうかいしゃ)

広く世間の評判となり、もてはやされること。


人口稠密(じんこうちゅうみつ)

人や家がびっしりとすきまなく集まっていること。


人心洶洶(じんしんきょうきょう)

世界の人々の心が騒ぎ動揺すること。


人心収攬(じんしんしゅうらん)

多くの人の気持ちをうまくつかんでまとめること。また、人々の信頼を得ること。


塵飯塗羹(じんぱんとこう)

実際になんの役にも立たないもの、とるに足りないもののこと。


吹影鏤塵(すいえいろうじん)

無駄な努力。やりがいのないことのたとえ。また、とりとめがない、つかみどころがないことのたとえ。


酔眼朦朧(すいがんもうろう)

酒に酔って物がはっきり見えないさま。


垂拱之化(すいきょうのか)

天子の徳化によって自然と天下が平穏に収まること。天子の徳によって人民がおのずと教化されて、天子が何をしなくても自然と世の中が治められているようす。


炊金饌玉(すいきんせんぎょく)

たいへんなご馳走。豪華このうえない食事のこと。また、他者の歓待を感謝していう語。


垂涎三尺(すいぜんさんじゃく)

うらやんで、物を非常に欲しがることのたとえ。たいそう欲しがって、手にいれたいという願い。


翠帳紅閨(すいちょうこうけい)

高貴な女性の寝室のこと。身分の高い家に生まれて大切に育てられた令嬢の生活のたとえとして使われる。


垂髫戴白(すいちょうたいはく)

幼子と老人。


水天髣髴(すいてんほうふつ)

遠い海上の水と空とがひと続きになって、見分けがつきにくいさま。


彗氾画塗(すいはんがと)

きわめて容易なことのたとえ。


酔歩蹣跚(すいほまんさん)

酒に酔ってふらふら歩くさま。


垂名竹帛(すいめいちくはく)

名前が歴史に残るような功績のこと。


吹毛求疵(すいもうきゅうし)

やたらと人のあらさがしをすること。人の欠点をなじっているうちに自分の欠点が暴露されてしまうこと。


鄒衍降霜(すうえんこうそう)

鄒衍が天に訴えて夏に霜を降らせた。


鄒魯遺風(すうろいふう)

孟子と孔子の教えのこと。


寸草春暉(すんそうしゅんき)

両親からの恩や愛情は大きく、それに子がほんのわずかさえ報いることがむずかしいことのたとえ。


随鴉彩鳳(ずいあさいほう)

自分より劣る人に嫁がされること。また、それに不満を持つこと。転じて、婦人が夫をぞんざいに遇すること。


隋珠和璧(ずいしゅかへき)

この世にまたとない貴重な宝物。この世の至宝ともいうべき宝玉。


青鞋布韈(せいあいふべつ)

旅行のときの服装のこと。


臍下丹田(せいかたんでん)

へその三寸下あたりのところ。


星火燎原(せいかりょうげん)

最初は小さな力でも、放って置くと手がつけられなくなること。反乱や一揆が広がって防ぎきれなくなること。星の光のように小さな火でも、燃え広がると原野を焼き尽くすという意味。 「星火」は、星の光のようなかすかな火。「燎」は、たえまなく燃える。また、燃え広がる。「燎原」は、原野を焼き尽くすこと。


旌旗巻舒(せいきけんじょ)

戦いが続くことのたとえ。


生気溌溂(せいきはつらつ)

生き生きとして、動作や表情に元気のあふれている様子。「生気」は生き生きとした様子。「溌溂」は魚の元気よくはねるさまから、動作や表情に元気のあふれているさま。「溂」は「剌」とも書く。


誠惶誠恐(せいこうせいきょう)

まことに恐れかしこまること。臣下が天子に自分の意見を奉るときに用いる。「惶」は恐れかしこまる意。「惶」「恐」それぞれに「誠」を重ねて、丁寧に強調した言葉。「誠に惶れ誠に恐る」と訓読する。


井渫不食(せいせつふしょく)

賢者が登用されないままでいることのたとえ。


悽愴流涕(せいそうりゅうてい)

悼み悲しんで涙を流す。


青天霹靂(せいてんのへきれき)

まったく予期しなかった突然の出来事。急に受けた衝撃や打撃。快晴の空に不意に轟いた雷の音という意味。 「青天」は、青空のこと。「霹靂」は、びりびりと鳴る雷鳴のこと。


声名狼藉(せいめいろうぜき)

評判を落として、それが回復しないこと。どうにもならないほど悪名がとどろいていること。


精励恪勤(せいれいかっきん)

力の限りを尽くして学業や仕事に励むこと。「精励」は力を尽くして努めること、「恪」はつつしむ意で、「恪勤」はまじめに一生懸命勤めること。「恪勤精励」ともいう。


積悪余殃(せきあくのよおう)

悪事をかさねた報いが子孫にまで及ぶこと。「積悪」は数々の悪い行い、悪事の積み重ね。「余殃」は祖先の悪事の報いとして子孫にまで残るわざわい。


跖狗吠尭(せきくはいぎょう)

人はそれぞれ自分の仕える主人に忠を尽くすもので、善悪をわきまえて尽くすわけではないということ。


尺沢之鯢(せきたくのげい)

見聞の狭いたとえ。


折花攀柳(せっかはんりゅう)

遊女の働く花柳街で、彼女たちと遊ぶこと。「折花」は花を手折ること、「攀柳」は柳の枝を引く意。昔、遊び女のいた花柳街には多くの柳が植えられていたことから、これを柳巷花街といい、そこで遊ぶ意に用いられた語。


折檻諫言(せっかんかんげん)

仕えている主君に対して、臣下が、厳しく諫いさめること。


切磋琢磨(せっさたくま)

学問・道徳に、励みに励むこと。また、仲間同士互いに励まし合って向上すること。


切歯扼腕(せっしやくわん)

非常に怒り、悔しがること、悔しさに怒り狂うこと。憤慨し非常に残念がること。困難に直面したときに、窮状を打開したくても、何らかの理由で手が出せないようすをいう。


雪魄氷姿(せっぱくひょうし)

雪のように清らかな魂魄と氷のような姿。梅の形容。また、高潔な人のたとえ。


雪萼霜葩(せつがくそうは)

梅のこと。


窃玉偸香(せつぎょくとうこう)

こっそり女に手を出して女色にふけること。


截断衆流(せつだんしゅる)

俗世間の雑念妄想をたちきること。修行者が煩悩をたちきること。


千巌万壑(せんがんばんがく)

岩山と渓谷の景観。また、それがけわしくつづくことの形容。


千金一擲(せんきんいってき)

豪快な振る舞い、思い切りのよいことのたとえ。惜しげもなくひとときに大金を使うという意味。


千鈞一髪(せんきんいっぱつ)

非常に危険なこと、きわめて無理なことのたとえ。


千金弊帚(せんきんへいそう)

身のほどを知らないで思いあがるたとえ。


饌玉炊金(せんぎょくすいきん)

たいへんなご馳走。豪華このうえない食事のこと。また、他社の歓待を感謝していう語。


千荊万棘(せんけいばんきょく)

非常に多くの困難があること。困難なことのたとえ。


鮮血淋漓(せんけつりんり)

血がしたたり落ちるさま。


洗垢索瘢(せんこうさくはん)

他人の欠点や誤りをどこまでも追及してほじくりかえすたとえ。


僭賞濫刑(せんしょうらんけい)

適性を欠いた賞罰。


浅斟低唱(せんしんていしょう)

少々酒を飲んで小声で歌を口ずさむこと。


先従隗始(せんじゅうかいし)

言い出した者から始めよという意味。また、物事を手近なところから始めることのたとえ。物事を始めるには、他人まかせにしないで、まず自分が率先して始めることが重要であるということ。


千仞之谿(せんじんのたに)

非常に深い谷。


泉石膏肓(せんせきこうこう)

自然や山水の中で暮らしたいという気持ちが非常に強いこと。


戦戦兢兢(せんせんきょうきょう)

恐れてびくびくしている様子。何かに恐れて気をつけ慎む様子。


翦草除根(せんそうじょこん)

災いを根こそぎ除きさること。問題を根本から解決するたとえ。


吮疽之仁(せんそのじん)

大将が部下を手あつくいたわること。


千朶万朶(せんだばんだ)

多くの花がついた枝。花が非常に多く咲き乱れていることの形容。


扇枕温衾(せんちんおんきん)

親孝行なことのたとえ。


旋転囲繞(せんてんいじょう)

相手を取り囲むこと。ぐるぐる回って取り囲むこと。


瞻望咨嗟(せんぼうしさ)

遠くのぞみ見てその素晴らしさにため息を吐く。高貴の人などを敬慕してうらやむこと。


千里無烟(せんりむえん)

民衆の生活が窮乏をきわめていること。


賤斂貴発(せんれんきはつ)

価格が安いときに買い入れて、物価が高騰した時に安く売りだす物価安定策のこと。


噬指棄薪(ぜいしきしん)

母と子の気持ちが通じあうこと。


贅沢三昧(ぜいたくざんまい)

したい放題に贅沢すること。思う存分にぜいたくするさま。
ぜいたくにふける。


前倨後恭(ぜんきょこうきょう)

それまでの態度をがらりと変えて、相手にへつらうこと。


草偃風従(そうえんふうじゅう)

人民は天子の徳によって教化され、自然とつき従うようになるということ。


滄海桑田(そうかいそうでん)

世の変転のはなはだしいたとえ。


滄海遺珠(そうかいのいしゅ)

世に埋もれた有能な人材のたとえ。


滄海一粟(そうかいのいちぞく)

比較にならないほど小さいもののたとえ。また、広大な宇宙で人間の存在は小さくてはかないものであることのたとえ。


走尸行肉(そうしこうにく)

生きていてもなにも役立たない者をけなしていう言葉。


簇酒斂衣(そうしゅれんい)

貧しい生活のたとえ。


蚤寝晏起(そうしんあんき)

夜はやく寝て、朝おそく起きる。赤子や幼児のさま。


痩身矮躯(そうしんわいく)

やせていて小さい。やせて背が低い。


宋襄之仁(そうじょうのじん)

無用の情けをかけること。


漱石枕流(そうせきちんりゅう)

自分の失敗を認めずに、へりくつを並べて言い逃れをすること。負け惜しみの強いこと。


滄桑之変(そうそうのへん)

世の中の変化が激しいこと。


桑田滄海(そうでんそうかい)

世の中の移り変わりの激しいことのたとえ。


桑土綢繆(そうどちゅうびゅう)

災難を事前に防ぐため準備をすること。


曾母投杼(そうぼとうちょ)

誤ったうわさも多くの人が口にしているうちに誰でも信じるようになるたとえ。


草満囹圄(そうまんれいご)

善政で国が良く治まっていること。


草莽之臣(そうもうのしん)

『孟子』「万章・下」より。官職に就かない民間人。在野の人。「草莽」は草むら・田舎。転じて在野・民間をいう。


蒼蠅驥尾(そうようきび)

凡人が賢人のおかげで功績をあげることのたとえ。


草廬三顧(そうろさんこ)

礼を尽くして有能な人材を招くこと。また、目上の人がある人物を特別に信任・優遇すること。


足音跫然(そくおんきょうぜん)

足音のひびくさま。転じて、得難い来客。また、得難い人物に遭遇するたとえ。


束皙竹簡(そくせきちくかん)

束皙は古墳などから出土した竹簡を解読して博学を称された。


束帛加璧(そくはくかへき)

一束の帛の上に璧(たま)をのせる。昔、最高の礼物。


束髪封帛(そくはつふうはく)

妻が堅く貞操を守ること。


麤枝大葉(そしたいよう)

細かい規則にとらわれず大らかに書いた文章。また、ごく大まかなこと。


率先躬行(そっせんきゅうこう)

人がするまえに自分から進んで実行すること。


樽俎折衝(そんそせっしょう)

なごやかに交渉すること。武力を用いず飲食をともにしながらかけひきをする外交交渉のこと。


孫楚漱石(そんそそうせき)

強情で負け惜しみの強いこと。また、うまくこじつけていい逃れをすること。


尊王攘夷(そんのうじょうい)

日本で江戸末期、尊王論と攘夷論とが結びついた政治思想。朱子学の系統を引く水戸学などに現れ、下級武士を中心に全国に広まり、王政復古・倒幕思想に結びついていった。


造言蜚語(ぞうげんひご)

根拠のないでたらめなうわさ。


造次顛沛(ぞうじてんぱい)

あわただしいとき。とっさのとき。また、わずかの時間。


俗臭芬芬(ぞくしゅうふんぷん)

非情に俗っぽくて、気品にかけること。


鏃礪括羽(ぞくれいかつう)

学識を磨いて、世に役立つ人材になること。

「た行」漢検1級の四字熟語一覧

大海撈針(たいかいろうしん)

ほとんど実現不可能なこと。


大廈高楼(たいかこうろう)

高い建物と大きな家。大きくて立派な家。


大廈棟梁(たいかのとうりょう)

国の重要な任務をになう人材のたとえ。


大衾長枕(たいきんちょうちん)

兄弟の仲むつまじいこと。また交情が親密なこと。大きな夜着と長いまくら。寝具。


大桀小桀(たいけつしょうけつ)

悪い為政者。残虐な暴君のことをいう。


太羹玄酒(たいこうげんしゅ)

規則のみにしばられた淡白で面白味のない文章のたとえ。守ることばかりの面白味のない文章のたとえ。「太羹」と「玄酒」。


対牀風雪(たいしょうふうせつ)

風雨の夜に友二人が寝台に寝、またはこしかけにすわって語りあかすこと。「牀」は寝台・こしかけ・ゆかのこと。


対牀夜雨(たいしょうやう)

蘇軾の詩より。夜、雨の音を聞きながら寝台を並べて、兄と弟が仲よく寝ることから。「牀」はねどこ・寝台のこと。「対牀」は寝台をならべる、連ねること。


頽堕委靡(たいだいび)

身体や気力などが、しだいにくずれおとろえること。


黛蓄膏渟(たいちくこうてい)

水面が非情に静かなさま。まゆずみをたくわえ、あぶらをたたえたような静かな水面という意味。


大貉小貉(たいばくしょうばく)

文化程度の低い野蛮人のような為政者のこと。


帯礪之誓(たいれいのちかい)


対驢撫琴(たいろぶきん)

愚かな者に物の道理を説いても役に立たないたとえ。


濯纓濯足(たくえいたくそく)

世のなりゆきに応じて進退すること。また、善行すれば尊ばれ、悪行をすれば卑しまれるということ。また世俗を超越すること。


多銭善賈(たせんぜんこ)

資材や条件が整っていれば成功しやすいということ。


箪食壺漿(たんしこしょう)

食べ物・飲み物を用意し、軍隊を歓迎すること。また広く、歓迎することをいう。「箪」は竹でできたわりご。「漿」は酒以外の飲み物。食べ物を竹の器に入れ、飲み物を壺に入れて歓迎すること。


貪夫徇財(たんぷじゅんざい)

欲深い者は、金のためなら何でもするということ。


探驪獲珠(たんりかくしゅ)

驪竜の顎の下を探って珠玉を手に入れる。転じて、危険を冒して大きな利益を得るたとえ。また、要領を得た素晴らしい文章を作ることのたとえとしても用いる。


湛盧之剣(たんろのけん)

静かに澄みきった黒い剣。


濁流滾滾(だくりゅうこんこん)

濁った水が盛んに流れるさま。


煖衣飽食(だんいほうしょく)


断鶴続鳧(だんかくぞくふ)

生まれつきの自然のあり方に手を加え損なうこと。


弾丸黒痣(だんがんこくし)

きわめて狭い土地のたとえ。


断薺画粥(だんせいかくしゅく)

貧乏に耐えて勉学に励むこと。


談天雕竜(だんてんちょうりょう)

弁論や文章の内容が広大かつ深遠で、また巧みなこと。転じて、広大ではあっても実用には役立たない無駄な議論や行為。
「談天」は、天を論ずること。「雕竜」は、竜を彫るようにみごとに文章を飾ること。「天を談じて竜を雕る」と読み下す。


断爛朝報(だんらんちょうほう)

きれぎれになって、続き具合のわからない朝廷の記録のこと。また、『春秋』をそしっていう語。


遅疑逡巡(ちぎしゅんじゅん)

いつまでも疑い迷って、決断せずにためらうこと。
「遅疑」はいつまでも疑って決心できないこと。「逡巡」はためらう、しりごみする、ぐずぐずすること。


池魚之殃(ちぎょのわざわい)


竹帛之功(ちくはくのこう)

歴史に名を残すような功績や手柄のこと。


竹苞松茂(ちくほうしょうも)

新築家屋の落成を祝う語。


蟄居屏息(ちっきょへいそく)

江戸時代、公家・武士に科した刑の一つ。家にこもって外出せず、息を殺して、おそれつつしむこと。


魑魅魍魎(ちみもうりょう)

様々な化け物。転じて、悪いことをたくらむ人物の例え。


中権後勁(ちゅうけんこうけい)

戦略・陳容ともに整っていること。


昼耕夜誦(ちゅうこうやしょう)

貧乏な生活のなかで勉学に励むこと。


誅心之法(ちゅうしんのほう)

実際の行為として現れなくても、心の中が正しくなければ、それを処罰する筆法。


疇昔之夜(ちゅうせきのよ)

昨夜。ゆうべ。


躊躇逡巡(ちゅうちょしゅんじゅん)

ためらって進まないこと。


綢繆未雨(ちゅうびゅうみう)

前もって準備をしてわざわいを防ぐこと。


仲連蹈海(ちゅうれんとうかい)

節操が清く高いたとえ。


黜陟幽明(ちゅっちょくゆうめい)

正しい基準に従って人材を評価すること。


超軼絶塵(ちょういつぜつじん)

非常に軽やかに速く走ること。


張王李趙(ちょうおうりちょう)

これといって取り柄のない平凡な人のこと。


重熙累洽(ちょうきるいこう)

光明を重ねて広く恩恵が行きわたること。代々の天子が賢明で、太平が長く続くこと。


長頸烏喙(ちょうけいうかい)

首が長く口がとがっていること。


朝憲紊乱(ちょうけんびんらん)

国家のおきてが乱れること。


懲羹吹膾(ちょうこうすいかい)


長江天塹(ちょうこうてんざん)

長江は天然の塹壕だということ。


朝耕暮耘(ちょうこうぼうん)

農耕に励むこと。


彫心鏤骨(ちょうしんるこつ)

身を削るような苦労をすること。苦心して詩文をつくること。


朝齏暮塩(ちょうせいぼえん)

極貧のたとえ。


冢中枯骨(ちょうちゅうここつ)

無能でとりえのない人のたとえ。


彫虫篆刻(ちょうちゅうてんこく)

取るに足りない小細工。虫の形や複雑な篆書の字を細かく刻みつけるように、文章を作るのに字句を美しく飾りたてること。


冢中枯骨(ちょうちゅうのここつ)

無能でとりえのない人のたとえ。


喋喋喃喃(ちょうちょうなんなん)

小声で親しげに話しあうさま。男女がむつまじげに語りあうさま。


糶糴斂散(ちょうてきれんさん)

豊作の年には政府が米を買い上げ、それを凶作の年に安く売ること。


嘲風哢月(ちょうふうろうげつ)

風や月を題材にして詩歌を作ること。


雕文刻鏤(ちょうぶんこくる)

文章中の字や句を美しく飾ること。模様を彫刻し、金銀をちりばめること。


跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)

悪人などがはびこり、我がもの顔に振る舞うこと。
世間から疎まれるような人たちが好き勝手に振舞い、横暴な態度をとること。


直往邁進(ちょくおうまいしん)

ただ一すじに突き進む。ためらわずに突き進むこと。


直截簡明(ちょくせつかんめい)

くどくどしくなくきっぱりしていること。また、そのさま。文章や人の性質などを評していう。


佇思停機(ちょしていき)

しばらくの間その場に立ち止まって、あれこれ思いなやみ、こころのはたらきをやめてしまうこと。


樗櫟散木(ちょれきさんぼく)

役に立たない人やもの。自己の謙称。


樗櫟之材(ちょれきのざい)

役に立たない人やもの。自己の謙称。


枕戈待旦(ちんかたいたん)

戦いの備えをおこたらないこと。


陳蔡之厄(ちんさいのやく)

旅の途中で災難にあうたとえ。


枕流漱石(ちんりゅうそうせき)

強情で負け惜しみの強いこと。また、うまくこじつけて言い逃れをすること。


墜茵落溷(ついいんらくこん)

人には運不運があるということ。


低徊趣味(ていかいしゅみ)

世俗を離れて、余裕ある心で自然や芸術にひたる態度。


棣鄂之情(ていがくのじょう)

兄弟が仲良くむつまじくする情。


渟膏湛碧(ていこうたんぺき)

水があぶらのように深く静かによどんで深緑色にたたえているさま。


低唱浅斟(ていしょうせんしん)

少々酒を飲んで小声で歌を口ずさむこと。


鼎鐺玉石(ていそうぎょくせき)

非常な贅沢をするたとえ。


廷諍面折(ていそうめんせつ)

面と向かって臆することなく争論すること。


剃頭辮髪(ていとうべんぱつ)

中国の周辺民族で行われた髪型。


擲果満車(てきかまんしゃ)

非常に人気があり評判がいいことのたとえ。また、非常な美少年のたとえ。


適楚北轅(てきそほくえん)

志と行動とが相反するたとえ。


鉄中錚錚(てっちゅうのそうそう)

凡人の中では少しすぐれているもののたとえ。金や銀に比べて価値の劣る鉄でも少し響きの美しいものという意味。


跌蕩放言(てっとうほうげん)

まわりの人をまったく気にしないでしゃべりちらすこと。ほしいままに放言すること。


轍乱旗靡(てつらんきび)

軍隊などが敗走する形容。


天威咫尺(てんいしせき)

天子の威光が眼前にあること。天子に近づき恐れ多いこと。


天宇地廬(てんうちろ)

天と地。天地。この世。


天顔咫尺(てんがんしせき)

天子(君主)のおそばに侍ること。


天空海闊(てんくうかいかつ)

心が広々としていて度量が大きく、なんのわだかまりもないこと。
また、言葉や発想などが限りなく広がることのたとえ。


天真爛漫(てんしんらんまん)

飾ることなく自然のままの姿があふれ出ている様子のこと。
明るく純真で無邪気なこと。


点睛開眼(てんせいかいがん)

物事の最も大切なところ。物事を完成するための最後の大切な仕上げ。


霑体塗足(てんたいとそく)

苦労して労働すること。


恬淡寡欲(てんたんかよく)

あっさりして欲の少ないこと。人の性格にいう。


椽大之筆(てんだいのふで)

重厚で堂々としたりっぱな文章。


天地開闢(てんちかいびゃく)

天地のはじまり。世界のはじまり。天地創造。


輾転反側(てんてんはんそく)

何度も寝返りをうつこと。


天罰覿面(てんばつてきめん)

悪事を働くと、その報いとしてすぐさま天が罰を下すこと。


顛沛流浪(てんぱいるろう)

つまずき倒れながらさまよい歩くこと。


典謨訓誥(てんぼくんこう)

聖人の教え。経典のこと。


天歩艱難(てんぽかんなん)

天の運行に支障が生じること。
転じて、時運に恵まれずに非常に苦労すること。


天門開闔(てんもんかいこう)

天の造化の門が開き閉じる。開くと万物が生成し、閉じると消滅することから、万物の生滅変化をいう。


泥首銜玉(でいしゅかんぎょく)

頭を土につけ、口に玉をふくむこと。謝罪降伏するときの儀式のこと。


蕩佚簡易(とういつかんい)

のんびりして自由なこと。寛大でやさしいこと。また、ほしいままでしまりのないこと。


桃花癸水(とうかきすい)

女性の月経をいう。つきのもの。つきのさわり。


韜光晦迹(とうこうかいせき)

高い境地に達した人が俗世を避けて人里はなれたところに居るという意味。


騰蛟起鳳(とうこうきほう)

才能が特別すぐれていること。


韜光晦迹(とうこうまいせき)

高い境地に達した人が俗世を避けて人里はなれたところに居るという意味。


桃弧棘矢(とうこきょくし)

災いをとりのぞくこと。


党錮之禍(とうこのわざわい)

政党や党派をつくることからおこるわざわい。


倒載干戈(とうさいかんか)

戦いがすんで平和になったことの形容。


桃傷李仆(とうしょうりふ)

兄弟が互いに争い、反目することのたとえ。


蹈常襲故(とうじょうしゅうこ)

今までのやり方を受け継いでそのとおりにしてゆくこと。


蹈節死義(とうせつしぎ)

節操を守り、正義のために命を捨てること。


冬扇夏鑪(とうせんかろ)

無用なもの。役に立たないもののたとえ。夏の火鉢と冬の扇のことで、時期はずれの無用なもの、役に立たない人物やもののたとえ。君主の信用や寵愛を失った者、また、恋人にすてられた女性という意味でも用いる。


頭童歯豁(とうどうしかつ)

年寄りの様子。老人のこと。または、年老いていくこと。


螳臂当車(とうひとうしゃ)

微弱な者が自分の力をかえりみず強者に立ち向かうたとえ。


橦末之伎(とうまつのぎ)

かるわざ。


桃李成蹊(とうりせいけい)

徳がある人のもとにはだまっていても自然に人が集まってくるということ。


螳螂之斧(とうろうのおの)

微弱な者が自分の力をかえりみずに強者に立ち向かうたとえ。


兎起鶻落(ときこつらく)

野うさぎが巣穴から素早く走り出したり、はやぶさが急降下して獲物を捕らえたりする様子。転じて、書画や文章の勢いがあることのたとえ。


兎起鳧挙(ときふきょ)

すばやいことのたとえ。


蠹居棊処(ときょきしょ)

いたるところに悪人がいることのたとえ。


得魚忘筌(とくぎょぼうせん)

魚を捕ってしまうと、その道具の筌のことなど忘れてしまうということ。転じて、目的を達すると、それまでに役立ったもの、手段を忘れてしまうことのたとえ。


得隴望蜀(とくろうぼうしょく)

人間の欲望には限りがないということ。


斗斛之禄(とこくのろく)

わずかな俸禄。


屠所之羊(としょのひつじ)

刻々と死に迫る人の命のはかなさ。また、悲しみにうち沈むたとえ。


咄嗟叱咤(とっさしった)

わめき叫びながら大声でしかること。


訥言敏行(とつげんびんこう)

人格者はたとえ口は重くても、実行は正しく敏速でありたいということ。


咄咄怪事(とつとつかいじ)

驚くほど意外で怪しい出来事。また、非常に都合が悪くよくないこと。


突怒偃蹇(とつどえんけん)

岩石がごつごつと突き出た様子を人が怒った姿、またおごり高ぶるさまにたとえたもの。


屠毒筆墨(とどくのひつぼく)

人を害しそこなう書物。


屠羊之肆(とようのし)

羊を殺してその肉を売る店のこと。


斗量帚掃(とりょうそうそう)

自分のことを謙遜していう語。また、人や者があり余るほどあること。


屠竜之技(とりょうのぎ)

学んでも実際には役立たない技術。


敦煌五竜(とんこうごりょう)

晋代に敦煌の人で太学(朝廷の大学)で名声のあった五人の称。索靖、索紒、索永、氾衷、張甝。


道揆法守(どうきほうしゅ)

道理をもって物事をはかり定め、法度をみずから守る。


同衾共枕(どうきんきょうちん)

同じしとねに枕を同じくして寝ること。主として男女が布団を同じくして睦まじく寝ることをいう。


恫疑虚喝(どうぎきょかつ)

心中ではびくびくしながら相手をおどすこと。


銅牆鉄壁(どうしょうてっぺき)

守りの堅固なことのたとえ。


同心戮力(どうしんりくりょく)

心を一つにして力を合わせ一致協力すること。


銅駝荊棘(どうだけいきょく)

国の滅亡を嘆くことのたとえ。


同袍同沢(どうほうどうたく)

苦労をともにする親密な友。また、戦友のこと。


瞠目結舌(どうもくけつぜつ)

驚いて呆然とすること。


独学孤陋(どくがくころう)

師匠や学問上の友もなく一人で学ぶと、見聞が狭くひとりよがりでかたくなになる。


独立不羈(どくりつふき)

他からの力に頼らず、他人に影響されず、他から束縛されずに行動すること。


独立不撓(どくりつふとう)

他人に頼らず自立して活動し、困難にあってもへこたれないこと。


弩張剣抜(どちょうけんばつ)

情勢が緊迫して今にも戦いがはじまりそうなたとえ。また、書道で筆力がはげしくて気迫がこもっているたとえ。


駑馬十駕(どばじゅうが)

才能のない者でも、たえず努力すれば才能のある人に肩を並べることができるということ。駑馬が十日間車をひいて走ること。


土崩魚爛(どほうぎょらん)

国や物事が崩れ壊れること。


呑刀刮腸(どんとうかっちょう)

心を入れ替えて善になることのたとえ。

「な行」漢検1級の四字熟語一覧

南轅北轍(なんえんほくてつ)

志と行動が相反するたとえ。

南橘北枳(なんきつほくき)

人も住む環境によって、よくも悪くもなること。


南洽北暢(なんこうほくちょう)

天子の威光と恩恵が四方八方に広くゆきわたること。


南蛮鴃舌(なんばんげきぜつ)

うるさいだけで意味のわからない言葉。


南蛮北狄(なんばんほくてき)

古く中国人が南方や北方の異民族をさげすんで称したもの。


肉山脯林(にくざんほりん)

ぜいたくな宴会のこと。


肉袒牽羊(にくたんけんよう)

降伏して相手に服従し、臣僕となることを請願すること。肌を脱ぎ、上半身裸になって羊をひく意。


肉袒負荊(にくたんふけい)

思うままに処罰せよと謝罪する作法のこと。真心からの謝罪のたとえ。


日昃之労(にっしょくのろう)

昼食も食べずに昼過ぎまで苦労して働くこと。


涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)

涅槃は苦しみのない安穏な理想郷であるということ。


拈華微笑(ねんげみしょう)

言葉によらず、心から心へ伝えること。


年災月殃(ねんさいげつおう)

最も不幸な日のこと。

「は行」漢検1級の四字熟語一覧


佩韋佩弦(はいいはいげん)

自分の性格を改めて修養しようと戒めのための物を身につけること。


悖出悖入(はいしゅつはいにゅう)

道理に反した法令を出せば人民の恨みの声となってはね返ってくる。


悖徳没倫(はいとくぼつりん)

人としての道をはずれた行いのこと。


悖入悖出(はいにゅうはいしゅつ)

道理にそむいた手段で得た財貨は、道理にそむいた方法で出ていく。道理にはずれたことをすれば道理にもとった報いを受けること。


杯盤狼藉(はいばんろうぜき)

酒宴が終わったあと、杯や皿が散らかっているさま。


破戒無慙(はかいむざん)

戒律を破っても少しも恥じないこと。


波詭雲譎(はきうんけつ)

文章が自在で非常に巧妙なこと。


博引旁証(はくいんぼうしょう)

事物を説明するのに、多くの証拠を広い範囲から引き、証拠をあげて説明すること。


璞玉渾金(はくぎょくこんきん)

人の素質がすぐれていて飾りけのないたとえ。


白玉微瑕(はくぎょくのびか)

りっぱな人あるいは物にわずかな欠点があるたとえ。


博識洽聞(はくしきこうぶん)

見聞が広く物事をよく知っていること。


白荼赤火(はくとせきか)

一面に軍を展開すること。


白髪青袗(はくはつせいしん)

晩年に官を得ること。また、無位の者のこと。


白璧微瑕(はくへきのびか)

りっぱな人あるいは物に、わずかな欠点があるたとえ。


伯兪泣杖(はくゆきゅうじょう)

親が年老いたことを知り、嘆き悲しむこと。


八面玲瓏(はちめんれいろう)

四方八方どこから見ても透き通っていて、美しく曇りのないさま。また、心に曇りやわだかまりがなく、清らかに澄みきっているさま。また、だれとでも円満、巧妙に付き合うことができるさま。またその人。


八面六臂(はちめんろっぴ)

いろいろな方面できわだった活躍をすること。また、一人で何人分もの活躍をすること。もとは仏像などで八つの顔と六本の腕をもっていること。


撥雲見日(はつうんけんじつ)

気がかりなことがなくなって希望がもてるようになること。


撥乱反正(はつらんはんせい)

乱れた世を治めて、もとの正常な世にもどすこと。


跛鼈千里(はべつもせんり)

努力を惜しまなければ、能力の劣るものでも成功するというたとえ。


爬羅剔抉(はらてきけつ)

隠れた人材を見つけ出して用いること。また、人の秘密や欠点をあばき出すこと。


波瀾曲折(はらんきょくせつ)

非常に込み入った事情。または非常に込み入った変化。


波瀾万丈(はらんばんじょう)

波の起伏のはげしいように、変化のはげしいようす。
変化がはげしく、劇的であること。


跛立箕坐(はりゅうきざ)

無作法なさま。


攀轅臥轍(はんえんがてつ)

立派な人の留任を希望して引き留めること。


半饑半渇(はんきはんかつ)

食料や飲み物が十分でない。


班女辞輦(はんじょじれん)

班倢伃は車に一緒に乗るのを断った。


繁文縟礼(はんぶんじょくれい)

形式や手続きが複雑で面倒なこと。


攀竜附驥(はんりょうふき)

すぐれた人物に仕えることによって、自分も出世すること。


攀竜附鳳(はんりょうふほう)

臣下が英明な君主につき従って功績を立てることのたとえ。


倍日并行(ばいじつへいこう)

昼夜をわかたず急いで行くこと。


馬鹿慇懃(ばかいんぎん)

度を越してていねいなこと。また、慇懃無礼なこと。


漠漠濛濛(ばくばくもうもう)

ぼんやりしていてよく分からないさま。


跋扈跳梁(ばっこちょうりょう)

悪者などがはびこり、勝手気ままに振る舞うこと。


跋山渉水(ばつざんしょうすい)

多くの困難を経て、長い旅をすること。


罵詈讒謗(ばりざんぼう)

ありとあらゆる悪口をいうこと。


罵詈雑言(ばりぞうごん)

きたない言葉で、悪口を並べ立ててののしること。また、その言葉。


蛮夷戎狄(ばんいじゅうてき)

中国の周辺部の異民族の総称。


盤根錯節(ばんこんさくせつ)

事情が複雑で問題解決が困難なこと。


万寿無疆(ばんじゅむきょう)

いつまでも長生きをすること。


万物殷富(ばんぶついんぷ)

国が栄えて万物が盛んで豊かなこと。


万目睚眥(ばんもくがいさい)

多くの人に睨まれること。


悲歌慷慨(ひかこうがい)

悲しげに歌い、世を憤り嘆くこと。社会の乱れや自分の不運などを、憤り嘆くこと。壮烈な気概のたとえ。


卑躬屈節(ひきゅうくっせつ)

主義主張を変えてまで、人におもねりこびへつらうこと。


匪躬之節(ひきゅうのせつ)

自分の利害はかえりみないで、忠節を尽くすこと。


披荊斬棘(ひけいざんきょく)

困難を克服し前進すること。


比肩随踵(ひけんずいしょう)

次々に続いて絶え間のないさま。多くの人があとからあとへと続くさま。


悲傷憔悴(ひしょうしょうすい)

非常に悲しんで憂いやつれること。


飛絮漂花(ひじょひょうか)

女性が苦しい境遇にいて、あてもなく辛苦するさま。特に遊女などに身を落としてあてどもなく辛苦する女性のたとえ。


悲壮淋漓(ひそうりんり)

悲しく哀れな中にも意気のあること。悲しみのうちにも痛ましいほどの勇ましさのあること。


筆削褒貶(ひっさくほうへん)

批評の態度が公正できびしい「春秋筆法」を表す語。


筆力扛鼎(ひつりょくこうてい)

文章の筆力が非常に強いこと。


篳路藍縷(ひつろらんる)

たいへん苦労をして働くこと。貧しく身分の低い身から出発し、困難を乗り越えて事業をはじめること。柴で作った粗末な車とぼろの着物のこと。


非難囂囂(ひなんごうごう)

過失やあやまち、欠点などをとりあげて、責め立て、とがめる声が大きくてやかましいさま。髀肉之嘆(ひにくのたん)


被髪纓冠(ひはつえいかん)

非常に急いで行動すること。


被髪左衽(ひはつさじん)

野蛮な風俗のこと。


被髪佯狂(ひはつようきょう)

髪をふり乱して狂人のまねをすること。


肥馬軽裘(ひばけいきゅう)

たいそう富貴なさま。また、富貴な人の外出のよそおい。


悲憤慷慨(ひふんこうがい)

運命や社会の不正などを憤って、悲しみ嘆くこと。


百姓一揆(ひゃくしょういっき)

江戸時代に、農民が結束して起こした暴動。農村の疲弊や厳しい税の取り立てから逃れようとして起こした。「土一揆」ともいう。


百折不撓(ひゃくせつふとう)

何度失敗して挫折感を味わっても、くじけずに立ち上がること。どんな困難にも臆せず、初めの意志を貫くこと。


百様玲瓏(ひゃくようれいろう)

様々の美しさ。


百花繚乱(ひゃっかりょうらん)

いろいろの花が咲き乱れること。転じて、秀でた人物が多く出て、すぐれた立派な業績が一時期にたくさん現れること。「百花」は種々の多くの花、いろいろな花の意。「繚乱」は花などがたくさん咲き乱れている様子。いろいろな花が、はなやかに美しく咲き乱れることから。


百孔千瘡(ひゃっこうせんそう)

短所や欠点がたくさんあること。また、穴や傷だらけで破壊の状態がすさまじいこと。


氷甌雪椀(ひょうおうせつわん)

清らかで上品な文具のこと。また、それを用いて詩文を写すこと。


飄忽震蕩(ひょうこつしんとう)

すばやくゆり動かすこと。


氷姿雪魄(ひょうしせっぱく)

雪のように清らかな魂魄と氷のような姿。梅の形容。また、高潔な人のたとえ。


剽疾軽悍(ひょうしつけいかん)

すばしこくて強いこと。


飛揚跋扈(ひようばっこ)

強くてわがままに振る舞うたとえ。また、臣下がのさばり君主をしのぐたとえ。


疲労困憊(ひろうこんぱい)

疲れきってしまうこと。「困憊」はすっかり疲れきること。疲れて弱りきること。


牝鶏之晨(ひんけいのしん)

妻女が権力を握って、勢力をふるうこと。


牝牡驪黄(ひんぼりこう)

物事は外見にとらわれず、その本質を見抜くことが大切であるということ。


媚眼秋波(びがんしゅうは)

美人のなまめかしい媚びる目つきこと。


尾大不掉(びだいふとう)

上に立つ者の力が弱く、下にいる者の力が強すぎて制御不能になること。下の者を自由に操れないこと。


病入膏肓(びょうにゅうこうこう)

趣味や道楽に熱中したり、弊害などが手のつけられないほどになったりすることのたとえ。重病で治療が難しい状態のこと。


馮異大樹(ふういたいじゅ)

謙虚でおごりたかぶらない人のたとえ。


風雨凄凄(ふううせいせい)

風が吹き雨が降って、寒く冷たいさま。


風雨対牀(ふううたいしょう)

兄弟が会うこと。


風鬟雨鬢(ふうかんうびん)

風にくじけずり雨に洗われる。風雨にさらされ苦労して勤労すること。


風岸孤峭(ふうがんこしょう)

いかめしくて厳しく、角立って人と融和しないために孤独なこと。


風紀紊乱(ふうきびんらん)

社会風俗や規律が乱れること。特に男女間の交遊についていう。


風光明媚(ふうこうめいび)

自然の景色が清らかで澄んでいて美しいこと。
「風光」は自然の景色、風景。「明媚」は景色が清らかで澄んでいて美しい様子。


風櫛雨沐(ふうしつうもく)

雨風にさらされて、苦労をすることのたとえ。


風声鶴唳(ふうせいかくれい)

怖じ気づいていて、ささいなことにも恐れおののくことのたとえ。


浮雲翳日(ふうんえいじつ)

悪人が政権を握って世の中が暗くなることのたとえ。また、邪悪な家臣が君主の英明をおおい善政が行われないこと。


巫雲蜀雨(ふうんしょくう)

遠く離れ離れになっている夫婦がお互いを思い合っていることのたとえ。


浮家泛宅(ふかはんたく)

船の中に住まうこと。漂泊して暮らすことから、転じて、放浪する隠者の生活。


不羈之才(ふきのさい)

何事にも拘束されないのびのびした才能。学才がすぐれていることをいう。非凡の才。


不羈奔放(ふきほんぽう)

なにものにもとらわれることなく、自分の思うままに振る舞うこと。


俯仰之間(ふぎょうのかん)

ほんのわずかな間のこと。


伏寇在側(ふくこうざいそく)

身辺の注意を怠らず、言動も慎むべきだということ。


不屈不撓(ふくつふとう)

決してくじけないこと。


俯察仰観(ふさつぎょうかん)

仰いで天文を見、うつむいて地理を知ること。


巫山雲雨(ふざんうんう)

男女の情交をいう。


巫山之夢(ふざんのゆめ)

男女の情交をいう。


俛首帖耳(ふしゅちょうじ)

人にこびへつらう卑しい態度のこと。


膚受之愬(ふじゅのうったえ)

身にさしせまった痛切な訴えのこと。


鳧趨雀躍(ふすうじゃくやく)

喜んで小躍りするさま。


附贅懸疣(ふぜいけんゆう)

無用なもののこと。


不撓不屈(ふとうふくつ)

どんな苦労や困難にもくじけないさま。


布韈青鞋(ふべつせいあい)

旅行のときの服装のこと。


榑木之地(ふぼくのち)

東方にある太陽が昇る地のこと。また、日本の異称。


蜉蝣一期(ふゆうのいちご)

人生の短くはかないことのたとえ。


不埒千万(ふらちせんばん)

このうえなくふとどきなこと。非常にけしからぬさま。


刎頸之交(ふんけいのまじわり)

首を切られても悔いないほど、固い友情で結ばれた交際。心を許し合った非常に親密な交際。


物論囂囂(ぶつろんごうごう)

世間のうわさが騒がしいこと。


蚊子咬牛(ぶんしこうぎゅう)

痛くもかゆくもないこと。また、自分の実力をわきまえずに行動すること。


文恬武嬉(ぶんてんぶき)

天下太平なこと。


敝衣蓬髪(へいいほうはつ)

ぼろぼろで、きたないいでたち。なりふりにかまわぬこと。


兵戈槍攘(へいかそうじょう)

武器が乱れ動くこと。兵乱の形容。


秉燭夜遊(へいしょくやゆう)

人生ははかなく短いので、せめて夜も灯をともして遊び、生涯を楽しもうという意味。


萍水相逢(へいすいそうほう)

人と人とが偶然に知り合いになること。


弊帚千金(へいそうせんきん)

身のほどを知らないで思いあがるたとえ。


瓶墜簪折(へいついしんせつ)

男女が離れて二度と会い得ないたとえ。


兵馬倥偬(へいばこうそう)

戦乱であわただしいさま。


壁立千仞(へきりつせんじん)

断崖が壁のように千仞も高く切り立ちそびえていること。また仏教の語として「へきりゅうせんじん」と読み、仏法の真理が高遠なことのたとえ。


霹靂一声(へきれきいっせい)

突然かみなりがとどろくこと。また、突然大声でどなること。


霹靂閃電(へきれきせんでん)

すばやいことのたとえ。


偏袒扼腕(へんたんやくわん)

激しく怒ったり悔しがったりするさま。また、感情を激しく高ぶらせるようす。


胼胝之労(へんちのろう)

たいへんな骨折り。


偏旁冠脚(へんぼうかんきゃく)

漢字を構成する部首の総称。


汨羅之鬼(べきらのき)

水死した人のこと。


弁才無礙(べんざいむげ)

弁舌の才能があり、よどみなく話すこと。


駢四儷六(べんしれいろく)

四字句と六字句の対句を多く用いた修辞的な文体。四六駢儷文のこと。


鞭辟近裏(べんぺききんり)

外物にとらわれることなく身に切実なことと考えること。また、はげましによって物事の道理に近づくこと。また、文字や言葉を厳密に考えて書いた文章。


駢拇枝指(べんぼしし)

無用なもののたとえ。


逢掖之衣(ほうえきのい)

袖の大きい着物のこと。


鳳凰于飛(ほうおううひ)

夫婦の仲がむつまじいこと。または、賢者が多く集まること。


鳳凰銜書(ほうおうがんしょ)

天子の遣わした使者が勅書をたずさえていること。


法界悋気(ほうかいりんき)

自分とは無関係な人に嫉妬したり、ねたんだりすること。また、他人の恋愛をねたむこと。


抱関撃柝(ほうかんげきたく)

低い役職の人のこと。


泛駕之馬(ほうがのうま)

常道に従わない英雄のたとえ。


判官贔屓(ほうがんびいき)

弱者や薄幸の者に同情し、味方したり応援したりすること。また、その気持ち。


方趾円顱(ほうしえんろ)

丸い頭と四角い足。人類のこと。


封豕長蛇(ほうしちょうだ)

貪欲で残酷な人や国のたとえ。大きな豚と長い蛇の意。


飽食煖衣(ほうしょくだんい)

物質的になんの不足もない満ち足りた生活。暖かい衣服を着て、腹いっぱいに食べられる生活。


宝鈿玉釵(ほうでんぎょくさい)

美しいもののたとえ。珠玉や金銀で飾った美しいかんざしやこうがいのこと。


放蕩不羈(ほうとうふき)

何事にも束縛されず、自由気ままに振る舞うこと。


放辟邪侈(ほうへきじゃし)

わがまま勝手な悪い行為のこと。


蜂目豺声(ほうもくさいせい)

凶悪で冷酷な人のこと。


鳳友鸞交(ほうゆうらんこう)

男女間の情事、交接のたとえ。


北轅適楚(ほくえんてきそ)

志と行動とが相反するたとえ。


北轍南轅(ほくてつなんえん)

志と行動が相反するたとえ。


輔車脣歯(ほしゃしんし)

お互いに助け合う密接な関係。


匍匐膝行(ほふくしっこう)

膝を床につき、すり足で前に移動すること。立ち上がらないで身を動かすさま。非常におそれつつしむさま。高貴な人の前に出るときのしぐさ。


賁育之勇(ほんいくのゆう)

非常に気力が盛んで強いこと。


本地垂迹(ほんちすいじゃく)

仏や菩薩が人々を救う一つの手段として、神の姿を借りて現れること。またそのように仏教と神道を結びつけた考え方。


奔放不羈(ほんぽうふき)

なにものにもとらわれることなく、自分の思うままに振る舞うこと。


冒雨剪韭(ぼううせんきゅう)

友人の来訪を喜んでもてなすこと。


茅屋采椽(ぼうおくさいてん)

質素な家のこと。


暴虎馮河(ぼうこひょうが)

自分の力量をかえりみず、血気にはやり無鉄砲で無謀なことをすることのたとえ。


望蜀之嘆(ぼうしょくのたん)

人間の欲望には限りがないということ。


亡脣寒歯(ぼうしんかんし)

密接な関係にあるものの一方が滅びると片方も危うくなること。


旁時掣肘(ぼうじせいちゅう)

他人の仕事にわきから口を出してじゃまをすること。


茫然自失(ぼうぜんじしつ)

あっけにとられたり、あきれ果てたりして、我を忘れること。気が抜けてぼんやりとしてしまうこと。


茅堵蕭然(ぼうとしょうぜん)

かやの垣根で囲まれた田舎屋がもの寂しい様子。


尨眉皓髪(ぼうびこうはつ)

白毛がまじったまゆと白い髪。老人のこと


墨痕淋漓(ぼっこんりんり)

墨で表現したものが生き生きしているさま。墨の跡がみずみずしいさま。

「ま行」漢検1級の四字熟語一覧


麻姑掻痒(まこそうよう)

物事が思いのままになること。


摩頂放踵(まちょうほうしょう)

自分の身を犠牲にして、他人のために尽くすこと。


満身創痍(まんしんそうい)

からだじゅうが傷だらけの様子。また、ひどく非難されて痛めつけられること。


万目睚眥(まんもくがいさい)

多くの人に睨まれること。


満目蕭条(まんもくしょうじょう)

見渡すかぎりもの寂しいさま。


曼理皓歯(まんりこうし)

美人のこと。


無辜之民(むこのたみ)

罪なき人びと。


無根無蔕(むこんむてい)

よりどころがまったくないこと。


無慙無愧(むざんむき)

悪事を働いても、それを恥じることなく平気でいること。仏教語。


無病呻吟(むびょうしんぎん)

大したことはないのに大げさに騒ぎたてること。病気でもないのに苦しげにうめきたてる意。


霧鬢風鬟(むびんふうかん)

美しい髪のたとえ。


無辺無礙(むへんむげ)

広大で限りがなく自由で煩悩のさまたげがない。仏教の語。


毋望之禍(むぼうのわざわい)

思いがけないわざわい。


無欲恬淡(むよくてんたん)

欲がなく淡泊で、物事に執着しないさま。


無余涅槃(むよねはん)

肉体などの形の制約から解放された悟りの境地。心だけでなく肉体のわずらいからも解放された悟りの世界。


銘肌鏤骨(めいきるこつ)

心に深く刻み込んで忘れないこと。


明察秋毫(めいさつしゅうごう)

眼力の鋭いこと。細かい点も逃さず見抜く意。


明窓浄几(めいそうじょうき)

清潔で快適に勉強できる書斎。明るい窓辺に塵ひとつない清らかな机の意。転じて、書斎を意味する。


明眸皓歯(めいぼうこうし)

美女の形容。美しく澄んだ目もとと、白く美しい歯並びの意から。非業の死を遂げた楊貴妃をしのんで、唐の詩人杜甫が作った詩の語で、もとは楊貴妃の美貌を形容した語。


明朗闊達(めいろうかったつ)

明るくほがらかで、細事にこだわらないさま。


面折廷諍(めんせつていそう)

面と向かって臆することなく争論すること。


罔極之恩(もうきょくのおん)

父母の恩。


毛骨悚然(もうこつしょうぜん)

ひどく恐れおののくさま。毛髪や骨の中にまで恐れを感じるということから。


沐浴斎戒(もくよくさいかい)

神仏にお祈りする前に、飲食や行動を慎み身を洗い清めること。


沐浴抒溷(もくよくじょこん)

髪やからだを洗い清めて、けがれを取り除くこと。


門巷填隘(もんこうてんあい)

人が多く集まりくる形容。門や門前の小道に人が多く集まり、そこがふさがり狭くなる意。


悶絶躄地(もんぜつびゃくじ)

転げまわって悶え苦しむこと。

「や行」漢検1級の四字熟語一覧


夜雨対牀(やうたいしょう)

兄弟関係や友人関係が良好で、仲むつまじいことのたとえ。夜、雨の音を聞きながら、兄弟が寝台を並べて仲よく眠るという意味から。


八咫之鏡(やたのかがみ)

三種の神器の一。天照大神が岩戸に隠れたとき、石凝姥命が作ったとされる鏡。わが国の皇位継承の象徴。
三種の神器のうつのほかの二つは天叢雲剣と八尺瓊勾玉。


黝堊丹漆(ゆうあくたんしつ)

建物が古いしきたりにかなって作られていることをいう。


游雲驚竜(ゆううんきょうりょう)

空にながれ行く雲と空翔ける竜。能書(すぐれた筆跡)の形容。


勇往邁進(ゆうおうまいしん)

どんな困難にもひるまず、自分の目的・目標に向かって、ひたすら前進すること。「勇往」は勇んで行くこと。「邁進」は勇敢に突き進んで行くこと。


勇気凛凛(ゆうきりんりん)

失敗や危険を恐れず気力に溢れていて、勇ましい様子。


融通無礙(ゆうずうむげ)

何かにこだわることがなく、思考や行動が自由であること。


優游涵泳(ゆうゆうかんえい)

ゆったりとした気持ちで学問や技芸の深い境地を味わう。


余韻嫋嫋(よいんじょうじょう)

音声が鳴りやんでもなお残るひびきが、細く長く続くさま。詩や文章の表現の背後に感じられる風情にもたとえる。


羊裘垂釣(ようきゅうすいちょう)

羊のかわごろもを身につけ、釣り糸をたれること。隠者の形容。「裘」はかわごろも、「釣」は釣り針の意。


羊很狼貪(ようこんろうどん)

命令に従わずに道理に背き、狼のように欲深いこと。


妖姿媚態(ようしびたい)

いかにもなまめかしく美しい姿。また、そのような女性が人を惑わすような、笑いこびるしぐさをすることにもいう。


揺頭擺尾(ようとうはいび)

人に気に入られるようにこびへつらうさま。


瑶林瓊樹(ようりんけいじゅ)

人品が卑しくなく高潔で、人並みはずれていること。玉の木や林。


薏苡明珠(よくいめいしゅ)

無実の嫌疑をかけられること。


翼覆嫗煦(よくふうく)

翼で包み抱き温める。転じて、いつくしむこと、愛撫すること。親が子を、為政者が人民を、男が女をいつくしむ。


余裕綽綽(よゆうしゃくしゃく)

ゆったりと落ち着いているさま。「余裕」はあせらずゆったりとしていること。ゆとりのあること。

「ら行」漢検1級の四字熟語一覧


雷陳膠漆(らいちんこうしつ)

友情が深く堅いこと。


雷霆万鈞(らいていばんきん)

威勢がきわめて大きく防ぎとめることのできないたとえ。雷鳴のとどろきがきわめて大きく重い。


磊磊落落(らいらいらくらく)

心が広くて、小さなことにこだわらないさま。


落英繽紛(らくえいひんぷん)

散る花びらが乱れ舞うさま。


落穽下石(らくせいかせき)

人の危難につけ込んでさらに痛めつけることをいう。


落落晨星(らくらくしんせい)

しだいに仲のよい友人がいなくなること。また、友人が年とともにだんだん死んでいなくなること。


落花狼藉(らっかろうぜき)

花がばらばらに散ること。転じて、物が乱雑に散らばっていること。
花を乱暴に散らすこと。転じて、女性や子供に乱暴をはたらくこと。


爛額焦頭(らんがくしょうとう)

根本を忘れ些末なことを重視すること。また、物事を非常に苦労してすること。


蘭薫桂馥(らんくんけいふく)

蘭や桂が香りたつ。子孫が繁栄することのたとえ。


蘭摧玉折(らんさいぎょくせつ)

賢人や美人などの死をいう。蘭の花が砕け散り玉が折れ割れる意。すぐれた人として終わりまでまっとうして死ぬことにもいう。


鸞翔鳳集(らんしょうほうしゅう)

すぐれた才能をもった人が集まり来るたとえ。


乱暴狼藉(らんぼうろうぜき)

荒々しいおこないをして秩序を乱すこと。


六韜三略(りくとうさんりゃく)

中国の有名な兵法書である『六韜』と『三略』のこと。


戮力協心(りくりょくきょうしん)

物事を一致協力して行うこと。


戮力同心(りくりょくどうしん)

心を一つにして力を合わせ一致協力すること。


流汗淋漓(りゅうかんりんり)

流れる汗がしたたり落ちる様子。


流金鑠石(りゅうきんしゃくせき)

厳しい暑さのたとえ。


流言蜚語(りゅうげんひご)

口づてに伝わる、根拠のない情報。


流觴曲水(りゅうしょうきょくすい)

曲折した水の流れに杯を浮かべ、それが自分の前を流れ過ぎないうちに詩を作り、杯の酒を飲むという風雅な遊びのこと。


梁冀跋扈(りょうきばっこ)

後漢の梁冀は朝廷でおごり高ぶり「跋扈将軍」と呼ばれた。


竜吟虎嘯(りょうぎんこしょう)

同じ考えや心をもった者は、相手の言動に気持ちが通じ合い、互いに相応じ合うということ。また、人の歌声や笛・琴の音などが、あたかも竜やとらのさけび声が天空にとどろき渡るように響くことをいう。


竜虎相搏(りょうこそうはく)

力の伯仲した二人の強豪が勝負する。


竜舟鷁首(りょうしゅうげきしゅ)

風流を楽しむ船のこと。


凌霄之志(りょうしょうのこころざし)

俗世間を遠く超越したいと願う高尚なこころざし。また志気盛んに大いに飛躍しようとするこころざし。


竜驤虎視(りょうじょうこし)

竜やとらのように意気が盛んで、権力をもち世の中を威圧すること。


竜攘虎搏(りょうじょうこはく)

互角の力をもった強い者同士が激しく戦うこと。力の伯仲した英雄・強豪などが、あたかも竜ととらとがぶつかって戦うように勝負すること。


竜驤麟振(りょうじょうりんしん)

首を高く上げて竜のように上り、麒麟が勢いよく振るい立つように、威力や勢力が盛んなたとえ。一説に勢力・仁徳ともに備わるたとえ。


竜頭鷁首(りょうとうげきしゅ)

天子や貴人の乗る船。また、立派な船。竜の彫り物や鷁の頭を船首・船側につけた船。風流を楽しむ船。


遼東之豕(りょうとうのいのこ)

世間知らずで、自分だけ得意になっていること。


竜蟠虎踞(りょうばんこきょ)

竜や、とらのように抜きんでた能力をもった者がある地域にとどまって、そこでその能力を存分に発揮すること。


霖雨蒼生(りんうそうせい)

恵みを与えること。また、民を苦しみから救う人のこと。


麟角鳳嘴(りんかくほうし)

非常にまれにしか存在しないもののたとえ。


輪奐一新(りんかんいっしん)

建物が新しくなり、壮大で美麗なことの形容。


琳琅珠玉(りんろうしゅぎょく)

大変優れた人物や美しい詩文の喩え。


琳琅満目(りんろうまんもく)

美しいもの、すばらしいものが満ち溢れていることのたとえ。


鏤塵吹影(るじんすいえい)

無駄な努力。やりがいのないことのたとえ。また、とりとめがない。影を吹いたり、細かなちりに刻みほろうとする意。


縷縷綿綿(るるめんめん)

話が長くて、くどくどしいさま。また、中身のない話が、延々と繰り返されるさま。


零絹尺楮(れいけんせきちょ)

書画の小片・絹や紙のきれはし。


鴒原之情(れいげんのじょう)

兄弟の深い情愛のこと。


藜杖韋帯(れいじょういたい)

あかざの杖となめし皮の帯。質素なことの形容。


烈士徇名(れっしじゅんめい)

道理のとおった正しい行いをする人は名誉のために命をかける。利益や地位などで動かされることなく道理を押し通して名誉を守るということ。


聯袂辞職(れんべいじしょく)

大ぜいが行動を共にして、一斉に職を辞すること。


連璧賁臨(れんぺきひりん)

二人の来客が同時に来るのをいう。


老驥伏櫪(ろうきふくれき)

人が年老いてもなお大きな志をいだくことのたとえ。


螻蟻潰堤(ろうぎかいてい)

ほんの些細なことが、大きな事件や事故の原因となること。


螻蟻之誠(ろうぎのせい)

螻や蟻のような小さな生物の誠意。転じて、自分の誠意の謙譲語。


鏤塵吹影(ろうじんすいえい)

無駄な努力。やりがいのないことのたとえ。また、とりとめがない。影を吹いたり、細かなちりに刻みほろうとする意。


籠鳥檻猿(ろうちょうかんえん)

自由を奪われ自分の思いどおりに生きることのできない境遇のたとえ。


魯魚亥豕(ろぎょがいし)

文字の書き誤り。「魯」と「魚」、「亥」と「豕」の字とが、それぞれ字画が似ていて間違えやすいということ。


盧生之夢(ろせいのゆめ)

人の世の栄華のはかないことのたとえ。


驢鳴犬吠(ろめいけんばい)

拙劣でつまらない文章や聞くに値しない話のたとえ。ろばが鳴き犬が吠える、またその声。ありふれていて聞くに値しない意。

「わ行」漢検1級の四字熟語一覧


矮子看戯(わいしかんぎ)

見識のないことのたとえ。観劇のとき背の低い人が高い人のうしろで芝居を見ること。よく見えないことから、前人の批評や意見を聞き、よく考えずそれに同調すること。


和気藹藹(わきあいあい)

安らかでやわらかい気分が満ち溢れている様子。「和気」は和やかな気分やのどかな気分のこと。「藹藹」は静かで落ち着いている気分のこと。


和羹塩梅(わこうあんばい)

主君の施政を助けて天下をうまく治める大臣、宰相のこと。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索