高牙大纛【こうがだいとう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
高牙大纛

【読み方】
こうがだいとう

日本漢字能力検定
1級

【意味】
高い地位のしるしや、軍の本陣しるしのこと。

【語源・由来】
欧陽脩「相州昼錦堂記」より。「高牙」は象牙の飾りのついた旗で、主に本陣に立てる旗、「大纛」は牛の尾などの飾りをさおにつるした大きな旗で、地位の高い人の車につけたり、軍の本陣に立てる旗のこと。


高牙大纛(こうがだいとう)の使い方

健太
武田信玄の高牙大纛は「風林火山」だよね。
ともこ
ええ。有名よね。
健太
徳川家康にも旗印があったのかな?
ともこ
「厭離穢土(おんりえど)、欣求浄土(ごんぐじょうど)」よ。私利私欲のための戦いで穢れた土を厭い離れて、永遠に平和な浄土を願い求めて、それを成す。長く続いた江戸時代の理由はここにあるのかもしれないわね。

高牙大纛(こうがだいとう)の例文

  1. 永楽通宝の高牙大纛が見えた、織田軍がすぐそばまで来ているぞ。
  2. あの遠くからでもよく見える金色の派手な高牙大纛は豊臣の軍勢に違いない。
  3. 戦目付という合戦の状況を見届ける役目の武士が高牙大纛を見て、それぞれの活躍ぶりを判断していました。
  4. 高牙大纛を高々と掲げ、敵を威圧しました。
  5. 石田三成の高牙大纛、大一大万大吉はインパクト大です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事