海底撈月【かいていろうげつ】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】
海底撈月

【読み方】
かいていろうげつ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
無駄なことをするたとえ。
実現不可能なことに労力を費やし、無駄骨を折ることのたとえ。

【語源由来】
「撈月」は水中から月をすくい上げることの意味で、「海底に月を撈(すく)う」とも読みます。
海に映った月を見て本物の月と思い込み、海底から月をすくい取ろうとするというたとえです。

補足 麻雀で海底撈月(ハイテイラオユエ)という役があります。

【類義語】
猿猴取月(えんこうしゅげつ)
海中撈月(かいちゅうろうげつ)
海底撈針(かいていろうしん)
水中捉月(すいちゅうそくげつ)
水中撈月(すいちゅうろうげつ)

【英語訳】
totally useless (fruitless) effort
wasting time on an impossible task
haitei winning hand
winning on the last tile drawn from the wall


海底撈月(かいていろうげつ)の使い方

ともこ
今度のサッカー部の対戦相手があの全国優勝したチームだって!
健太
うん、聞いたよ。絶対に勝てないね。
ともこ
応援どうしようか?
健太
応援に行っても海底撈月となるかもしれないね。

海底撈月(かいていろうげつ)の例文

  1. 行っても無駄だよ。海底撈月だ。
  2. 海底撈月となる覚悟があるかどうか。
  3. 何のための練習だ、絶対に勝てない。それは海底撈月となるでしょう。
  4. もう倒産はさけられない、友人からお金を借りても海底撈月だ。
  5. あんなに美人がお前の恋人になんかならない、それは海底撈月といえる。

まとめ

海底撈月(かいていろうげつ)は「無駄なことをするたとえ、実現不可能なことに労力を費やし無駄骨を折ること」の意味です。
海に映った月を見て本物の月と思い込み、海底から月をすくい取ろうとするというたとえです。
「撈月」は水中から月をすくい上げることの意味で、「海底に月を撈(すく)う」とも読みます。
なお、参考ですが、麻雀の役で海底撈月(ハイテイラオユエ)というものがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事