活計歓楽【かっけいかんらく】の意味と使い方の例文(類義語・対義語)

【四字熟語】
活計歓楽

【読み方】
かっけいかんらく

日本漢字能力検定
4級

【意味】
好き勝手に楽しみながら、贅沢な生活をすること。「活計」は贅沢をすること。

【類義語】
・贅沢三昧(ぜいたくざんまい)

【対義語】
・質素倹約(しっそけんやく)

【スポンサーリンク】

活計歓楽(かっけいかんらく)の使い方

健太
先月、おじいちゃんが定年退職したんだよ。
ともこ
へえ。今は何をやっているの?
健太
退職金を使って活計歓楽の毎日だよ。
ともこ
今まで、何十年もがんばって働いてきたものね。できるだけ余生を楽しんでほしいわね。

活計歓楽(かっけいかんらく)の例文

  1. 資産家の息子である彼は、働きもしないで活計歓楽しているのでうらやましい限りです。
  2. 活計歓楽が当たり前だと思っている彼女は、飢えて苦しんでいる人に、パンが無ければケーキを食べればいいのにと言ったそうです。
  3. 彼女は、活計歓楽しすぎて、親から受け継いだ財産を使い果たしてしまいました。
  4. 活計歓楽の生活をしている彼は、一目ぼれした100億円の絵を迷うことなく現金払いで買ったそうです。
  5. 値段を見ないで好きなものを好きなだけ買い物するような、活計歓楽をしてみたいものです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事