恪勤精励【かっきんせいれい】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
恪勤精励

【読み方】
かっきんせいれい

日本漢字能力検定
1級

【意味】
全力を尽くして仕事や勉学に励むこと。「恪勤」は真剣に物事を行うこと。「精励」は全力で物事を行うこと。

【類義語】
・勤倹力行(きんけんりっこう)
・精励恪勤(せいれいかっきん)
・精励勤勉(せいれいきんべん)
・奮励努力(ふんれいどりょく)


恪勤精励(かっきんせいれい)の使い方

健太
ともこちゃん。どうして僕の成績は上がらないのかな?
ともこ
一日や二日勉強しただけでは、成績は上がらないわよ。恪勤精励しないといけないわ。
健太
恪勤精励かあ。空手と一緒だね。毎日、全力で向き合う必要があるんだね。
ともこ
そうよ。空手も恪勤精励、勉強も恪勤精励、何をするにしても全力で頑張らないといけないのよ。

恪勤精励(かっきんせいれい)の例文

  1. この仕事が性に合っているようで、彼は、毎日、恪勤精励しています。
  2. 彼は、恪勤精励の人柄なので、この仕事を任せても大丈夫だと思います。
  3. 父は、退職の日まで、手を抜かずに恪勤精励しました。
  4. ともこちゃんの恪勤精励ぶりは賞賛に値します。
  5. 恪勤精励して成績を大幅にアップさせました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事