韓海蘇潮【かんかいそちょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
韓海蘇潮

【読み方】
かんかいそちょう

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
中国の唐の詩人の韓愈と北宋の詩人の蘇軾の文体のこと。

【語源・由来】
「経史管窺」李耆卿「文章精義」より。韓愈が書いた文章は海のように広々としていて、蘇軾の書いた文章は、海水の満ち引きのように力強い起伏があるという二人の文体を批評した言葉から。

【スポンサーリンク】

韓海蘇潮(かんかいそちょう)の使い方

健太
さっき先生に、ともこちゃんと僕の作文は、韓海蘇潮だって言われたんだ。
ともこ
へえ。先生はうまい表現を使ったわね。
健太
そうだよね。ともこちゃんは奥行きのある文章を書くからね。
ともこ
健太くんは、空手を習っているからなのか、力強い文章を書くわよね。まさに韓海蘇潮よね。

韓海蘇潮(かんかいそちょう)の例文

  1. 今を時めく作家であるこの二人の文章は、韓海蘇潮で、文体は異なるけれども、どちらも素晴らしい。
  2. 最終選考に残った二人は、韓海蘇潮、どちらも捨てがたい良さがあって困る。
  3. 韓海蘇潮、ともこちゃんは、どちらの文章が好みなの?
  4. この本は、韓海蘇潮、二人の偉大な名文家の良い特徴をすべて併せ持ったような作品です。
  5. 韓海蘇潮、韓愈の文章は広大な海のようにおおらかで、北宋の蘇軾の文章は、海の潮のように起伏が激しく動的であるなんて、この言葉を作った人は、きっとうまいこと言ったとほくそえんだに違いない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事