勧百諷一【かんぴゃくふういつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
勧百諷一

【読み方】
かんぴゃくふういつ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
役に立ったり利益になることがあまりなく、悪影響を与えたり損害になったりすることのほうが多いこと。言葉や文章についていう言葉。「百を勧めて一を諷す」とも読む。

【語源・由来】
「漢書」司馬相如伝・賛より。元は百の贅沢を勧めて、一の節約をするということを遠回しに諫めた言葉。


勧百諷一(かんぴゃくふういつ)の使い方

健太
クレヨンしんちゃんの発する言葉は、勧百諷一と言われているよね。
ともこ
そうね。子供たちが真似をするから見せたくない番組ナンバーワンになったこともあったわね。
健太
そんなにむきになって心配するほどのことかな?
ともこ
家庭での教育がしっかりしていれば、子供は、言葉の善悪を自分で判断できるようになると思うわ。

勧百諷一(かんぴゃくふういつ)の例文

  1. タバコとお酒は、勧百諷一の代表のように言われています。
  2. テレビゲームは、勧百諷一だから絶対買わないってお母さんが言っているんだ。
  3. この工事は、生態系を破壊するだけで、勧百諷一です。
  4. 健太くんの真似をしても勧百諷一、ともこちゃんの真似をしたほうが良いです。
  5. 子供同士のけんかに親が口を出しても勧百諷一です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事