苛政猛虎【かせいもうこ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
苛政猛虎

【読み方】
かせいもうこ

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
悪政は人を食べる虎よりも人々を苦しめるということ。人々を苦しめる政治を戒める言葉。「苛政」は人々を苦しめるひどい政治。

【語源・由来】
「礼記」檀弓・下より。中国の思想家の孔子が道端で泣いている女性に出会い、その理由を聞くと姑と夫、息子が虎に殺されたといい、孔子がなぜこの地を離れないのかと聞くと、悪政がしかれていないからと答えたという故事から。「苛政は虎よりも猛し」とも読む。


苛政猛虎(かせいもうこ)の使い方

健太
これ以上、消費税が上がったら、我が家の食卓からおかずが消えてしまうよ。
ともこ
私の家もよ。庶民のことを考えない政治は苛政猛虎よね。
健太
そうだよ。だいたい、政治家はお金持ちばかりがなっているじゃないか。庶民の気持ちなんてわからないんだよ。
ともこ
記憶にございませんが口癖の人達にこれ以上搾取されたくないわ。

苛政猛虎(かせいもうこ)の例文

  1. 隣の市は、水道代や住民税が高いので、苛政猛虎だから不便でもこちらの市に住んでいます。
  2. 犯罪件数はこちらの方が多いのですが、苛政猛虎、低レベルな政治家がいる国よりましです。
  3. ここは雪が多いし、熊が出るけれども、苛政猛虎、悪政の都会より、子育て世代にやさしい町を選びました。
  4. 苛政猛虎、政治家の私利私欲を肥やすために私たちが働くならば、平和なこの国から去らねばいけない日が来るかもしれない。
  5. 苛政猛虎、誠実な政治が行われていないこの国では、今後の人口減は避けられないでしょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事