画虎類狗【がこるいく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
画虎類狗

【読み方】
がこるいく

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
才能のない者が、すぐれているものの真似をしても、見苦しい結果にしかならないということのたとえ。虎の絵を描いても、犬にしか見えないということから。「虎を画いて狗に類す」とも読む。

【語源・由来】
「後漢書」馬援伝より。後漢の将軍の馬援が、豪傑の杜季良の真似をしていた兄の子を手紙で戒めたという故事から。

【類義語】
・画虎成狗(がこせいく)
・刻鵠類鶩(こくこくるいぼく)
・描虎類狗(びょうこるいく)


画虎類狗(がこるいく)の使い方

健太
ああー。もう空手をやめようかな。
ともこ
どうしたの?あんなに頑張っていたじゃないの。
健太
才能がないのに、これ以上がんばっても一位をとることはできないんだ。
ともこ
画虎類狗よ。全国で一位をとろうとしているから無理が生じるのよ。まずは地区大会一位を目指しましょうよ。まだまだこれからよ。

画虎類狗(がこるいく)の例文

  1. 画虎類狗、見栄を張って知ったかぶりをして、無能ぶりが露呈し、恥をかきました。
  2. 画虎類狗、彼は、ともこちゃんを意識して同じような話し方をしているけれども、彼女ほど知識がないから無様です。
  3. 画虎類狗、この絵は、偉大な画家の絵を真似をして描いたことが分かるから、余計に見苦しい絵です。
  4. 画虎類狗、優秀なともこちゃんの真似をしても、良い結果にはならないと思うよ。
  5. 画虎類狗、有名な選手の真似をしたプレーをしても、そもそも体のつくりが違うんだから、自分の拙さを知らしめるだけだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事