豁達大度【かったつたいど】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
豁達大度

【読み方】
かったつたいど

日本漢字能力検定
1級

【意味】
心が広く、小さなことにこだわらないこと。または、隠し事などなく、ありのままの性格で、包容力があること。「豁達」と「大度」はどちらも心が広いということ。

【類義語】
・寛仁大度(かんじんたいど)


豁達大度(かったつたいど)の使い方

健太
ともこちゃん。ごめんなさい。借りた本を汚してしまったんだ。あんまりおもしろくてジュースを吹きだしてしまったんだよ。
ともこ
おもしろかった?それなら良かったわ。あの本の良さを知っている人が増えたんだから。
健太
ともこちゃん。豁達大度だね。優しすぎるよ。
ともこ
そんなに気にしないで。

豁達大度(かったつたいど)の例文

  1. 父は豁達大度で、声を荒げる姿を見たことがありません。
  2. 母は豁達大度で、壁に落書きをしても、ニコニコしていました。
  3. 健太くんは、豁達大度で裏表がないので、多くの人に慕われています。
  4. 祖母は、法に触れることをしない限りは、いつも豁達大度で僕のことを見守ってくれていました。
  5. ともこちゃんは豁達大度なので、疑心暗鬼に陥ることなく友人関係を続けることができます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事