花鳥月露【かちょうげつろ】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
花鳥月露

【読み方】
かちょうげつろ

【意味】
自然に起こる美しい景色を例える言葉。

【語源・由来】
花鳥月露という四時熟語は読んで字の如く、花、鳥、月夜に露がおりると言う意味である。

【英語訳】
the beauties of nature

英語例文
本当に美しい花鳥月露に出会った時、人は言葉を忘れる。
You do not need a word when you met the beauties of nature.
【スポンサーリンク】

花鳥月露(かちょうげつろ)の使い方

健太
今年の夏休みは久しぶりに田舎のおばあちゃんの家に行くよ!すごく楽しみなんだー。ずっと都会で仕事してたから息抜きしたくて!
ともこ
すっごくいいと思うわ!私も行きたい!行ってもいいでしょ?
健太
もちろんいいよ!だってともこちゃん行ったことないよね?ともこちゃんにあの田舎の綺麗な景色を見せてあげたいんだ!
ともこ
ありがとう!今からすっごく楽しみだわ!花鳥月露の美しい風景の中に囲まれて生活できるなんて夢みたい!早く行きたいよ。いつにするの?

花鳥月露(かちょうげつろ)の例文

  1. 花鳥月露の本当に美しいものを見た時人は言葉を忘れて、ただそこに立ち尽くし、見惚れることしかできない。
  2. 人間のできることは限られている、例えば、こんな花鳥月露、こんなに美しいものを我々人間は作り出すことができない。これこそが雄大な自然の力である。
  3. どんなに人工的に作り上げたダイヤモンドや、ジュエリーなんかよりも自然が作り出す、花鳥月露には敵わない。また金額をつけることなんて絶対に無理だろう。
  4. 定年退職したら、私は田舎で暮らすと決めている。何もなくても田舎には花鳥月露の美しい風景に囲まれて暮らすことができる。これ以上に贅沢なことが他にあるだろうか。
  5. どんなに絵が上手でも、写真を上手に撮ることができても、やはり自然にはかなわない。花鳥月露よりさらに美しいものなんて私には考えられない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事