繋風捕影【けいふうほえい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
繋風捕影

「係風捕影」とも書く。

【読み方】
けいふうほえい

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
雲をつかむようなとりとめなくあてにならないたとえ。風をつなぎとめ、影をつかまえる意で、とてもできないことをいう。

【語源・由来】
「漢書」郊祀伝・下より。「風を繋ぎ影を捕らう」とも読む。

【類義語】
・繋影捕風(けいえいほふう)
・捕風捉影(ほふうそくえい)


繋風捕影(けいふうほえい)の使い方

健太
誰か、僕に100万円貸してくれたら1000万円にして返すのになあ。
ともこ
またそんな繋風捕影なことを言って。みんなに信用してもらえなくなるわよ。
健太
僕の頭の中では、簡単に1000万円になるんだけどなあ・・・。
ともこ
頭の中ではね!実際にやろうと思ったら大変だし、失敗すると思うわよ、

繋風捕影(けいふうほえい)の例文

  1. 政治家の言う事は、繋風捕影で信用できないです。
  2. 彼は、理想を語るだけで実現への努力をしないから、彼の言う事は繋風捕影なんですよね。
  3. 原発ゼロ、消費税ゼロを公約にしているが、実現不可能、繋風捕影です。
  4. 健太くんの考えた案は、机上の空論、繋風捕影なので却下しました。
  5. コロンブスの繋風捕影のような話を信じて、航海の資金援助をしたスペイン王女は勇気があると思います。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事