閨閤之臣【けいこうのしん】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
閨閤之臣

【読み方】
けいこうのしん

【意味】
近侍の臣。主君の近くにつかえる臣。

「閨閤」は、寝所。ねや。

閨閤之臣(けいこうのしん)の使い方

ともこ
森蘭丸は、織田信長の閨閤之臣よね。
健太
そうだね。18歳の時に本能寺で亡くなるまで、織田信長に忠誠を誓っていたんだよ。
ともこ
18歳だなんて、まだまだこれからって時にもったいないわね。
健太
知己に富んでいて、優秀だったらしいから、本能寺の変がなかったら大きく歴史は変わっていただろうね。

閨閤之臣(けいこうのしん)の例文

  1. 専務の閤之臣だった健太くんは、専務の失脚とともに出世の道が立たれた。
  2. ともこちゃんは有名政治家の閨閤之臣、次は政治家の推薦で、ともこちゃん本人が出馬するともっぱらの噂だよ。
  3. 課長の閨閤之臣である健太くんは、仕事そっちのけでごますりばかりしている。
  4. 健太くんは、ともこちゃんの閨閤之臣のように付き従っているが、弱みでも握られているんだろうか。
  5. いつか出世するために、閨閤之臣として、サポートに徹し、じっと我慢している。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事