斗折蛇行【とせつだこう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
斗折蛇行

【読み方】
とせつだこう

「とせつじゃこう」とも読む。

【意味】
川や道が曲がりくねっていて長く続いている様子。

【語源・由来】
柳宗元「至小邱西小石潭記」より。「斗折」の「斗」は星座の北斗七星のことで、北斗七星のように折れ曲がっている様子。「蛇行」は蛇がくねって移動するように、曲がりくねっている様子。

【類義語】
・羊腸小径(ようちょうしょうけい)

【スポンサーリンク】

斗折蛇行(とせつだこう)の使い方

健太
ともこちゃん。この道はやけに斗折蛇行だね。
ともこ
今、バスが山を登っている途中だからしばらくは斗折蛇行が続くと思うわ。
健太
・・・ともこちゃん。吐きそうだ。
ともこ
それは大変。運転手さーん。止まってくださーい。

斗折蛇行(とせつだこう)の例文

  1. 山道は、斗折蛇行にしないと急こう配な道になってしまいます。
  2. その川は、斗折蛇行して下流の平野に流れてきているので、多くの村がその川の恩恵にあずかっています。
  3. 斗折蛇行していた道を区画整理でまっすぐにしました。
  4. 日本は山が多く狭い国土のため、斗折蛇行している川は少ないです。
  5. 斗折蛇行した苦しい山道の先には絶景が待っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事