堅苦卓絶【けんくたくぜつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
堅苦卓絶

【読み方】
けんくたくぜつ

【意味】
苦しみに耐え抜く根性があること。人並み以上に、抜きん出て忍耐心に富むこと。

【語源・由来】
「卓絶」は、圧倒的にすぐれていること。 比肩するもののないほどに立派であること。


堅苦卓絶(けんくたくぜつ)の使い方

ともこ
健太くん。空手の大会で優勝おめでとう。
健太
ありがとう。早起きしての朝練、土日も遊ばずに練習と、毎日がんばった結果が出て良かったよ。
ともこ
健太くんは堅苦卓絶よね。先生に怒鳴られながらもへこたれないで、他の生徒のように涙を流すこともなく、耐えてがんばったんだものね。
健太
次はオリンピックでメダルを目指すぞ!

堅苦卓絶(けんくたくぜつ)の例文

  1. 昔の日本人は、堅苦卓絶な人が多かったけれども、今はあまり見かけないね。
  2. あの厳しい指導についていくことができるなんて、君は堅苦卓絶だなあ。
  3. 健太くんは堅苦卓絶な選手だったので、先生に殴られても、体罰ではなく指導だと思っていました。
  4. オリンピック出場を目指す彼は、堅苦卓絶で、弱音を吐かずにストイックに厳しい練習をこなしています。
  5. 堅苦卓絶じゃないとこの部活は長続きしませんよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事